« ティエラデントロ国立考古公園 | トップページ | コロンビアのコーヒーの文化的景観 »

2012年4月30日 (月)

マルペロ動植物保護区

「サン・アグスティン考古公園」はもう使っていたので、飛ばす。






珍しく朝まで起きてて、ポケスマ!を観た後、ちょっとだけ仮眠。
昼頃に起きて、布団干して、洗濯して、部屋の掃除機がけして…とかやってました。
天気が良かったですからね。
暖かい…つか、寧ろ暑いレベル。
このまま天気がもってくれると良いんだけれども。
…あぁ、気温はもうちょっと下がっても問題ないなw

今年も何も用意してないや、うん。






そういや、ちょっと前にココログのデザイン変更の仕方が変わりまして。
まぁ、そんなに影響ないかな…とか思っていたけど、実はめちゃくちゃ影響でまくってたのかな?

テンプレをいつものやつに戻そうと思ったら何故かそのテンプレで表示されないという…。
ブログを始めた時、一番初めに表示されていたテンプレしか表示されないので、いままで使ってた奴はデザイン変更の仕方が変わった時にデータが消えたのかどうかしたのかな…とか思ったり。

仕方なく、別のテンプレ探してたんだけど、ふと自分で作れば良いじゃん、と思い立って作り始めるのでした。
デザインの色のパラメータを自分で設定できるからね。

…しかし、色を似せるのって難しい。。
しかも、何度かブラウザが落ちて、その度に管理画面に入り直して…とかいう無駄な作業も増えて苛々。

最近Safariは重くなってきてるし、パソコンはメモリ不足気味なので仕方ないのは仕方ないんですがね。

取り敢えず、似ればいっか…と妥協しかけたけど、そこでふと思い立つのでした。
…あぁ、(見られたら)いつものやつのパラメータ見ればイイじゃないか、と。
まぁ、見事に見る事ができたので、ほぼ丸写しして事無きを得ましたがw

変わった所といえば、文字フォントくらいだな。
元のやつは明朝…って設定になってるけど、これ、どう見てもゴシックだろwww
まぁ、作り直した方はゴシックに設定してありますけど。元の奴とフォント違くなるし。


…と思ったけど、もしかして反映に時間がかかるだけかも?


…あぁ、うん、時間がかかっただけみたいw






続きからコメント返信、世界遺産!



蒼蟲さん:睡眠時間の変動って何で変わるんでしょうねぇ…。
体力的なものと、精神的なものに大別されるとは思っていますが…。
精神的なものは気持ちの緩みとかそういうのも込みで。


えぇ、サントラ購入ですよ!
一般だと滅多に出しませんからね!
…因みに、俺が一番好きな曲3曲のうち入ってたのはボス戦1だけでしたw
まぁ、「電光石火の激突」もかっこいいので、エレカたん面の曲は全部かっこいいって事でエレカたんマジヤバでちゃけパねぇです。
後、若かりし頃のパンドーラさんは見れば見る程プ○キュアとかセー○ームーンw
敵方の(←
後、若返った事によって遂に念願のビートルの免許取れるじゃないですかw
やったね!パンドーラさん!
しかし、この時のハデスさんの困りようも面白かったなぁwww


無理すんな、ゲェチスさんよぉ…www


まぁ、所謂「電波ソング」なんで、普通の人がこれで寝れるのは相当疲れてる時くらいな気がしますがww
最近はパルテナミュージックですねぇ。
やっぱり初期化爆弾の森、雷雲の庭園、ボス戦1かけて寝ます。
たまーに死神の視線とかパンドーラの罠とかパルテナ再臨とか最初の街とかも。
炎の街、神殿の廃虚/ブラピのテーマ、星賊戦も。
BGM的には謎の侵略者とかオーラムの脅威も好きだったり。


リアルに腐臭しますが、そっちじゃないwww
つか、そんなんなったら色々困るしwww
大丈夫だ、問題ない。元気があれば何でもできる!


よっぽど乱数には懲りたんですね…w
自分に合った着地点が見つかると良いですねぇ…。


コメント、ありがとうございました〜!






世界遺産!
消えたと思ってたらちゃんと残ってた回と、まだ観てなかった回の2回をば。


スウェーデン!!
ヴァルベリ無線電信局!!

20世紀初めの一大プロジェクト!
高さ127m、当時のスウェーデンで最も高い建物を6基も、一直線に並べちゃった施設です。
大西洋を越えてアメリカに届く声。


森と湖の王国、スウェーデン。
かつて、欧州で最も貧しい国だったようで…国民の4分の1がアメリカに移住していたんだそうだ。
移民は農家の次男三男が多かったようだ…まぁ、長男は家継がないとアレだしなぁ。
彼らと繋がりたい、と初めてアメリカとの通信の道を切り開いたのが、今回の施設。

…一般公開されてるのね。
真っ黒な巨大メカ。
これくらいでかくなくちゃ海外に無線を飛ばせなかったんだから、当時は…。
しかし、80年で変わっちゃうんだもんなぁ。

受信はアメリカのロングアイランドでしてるようです。
多分、ニューヨーク州かな?
言葉を一言一言テープにパッチング、それをモールス信号化して送る…。
受信側はモールス信号を解読して電報として移民の元へ。
うーん、手間がかかる。
当時の機械では電波を長い距離飛ばすのが難しいからこれ程のでかい機械群が必要になんだとか。

メイン発電機を動かすまでも幾つもの手順が必要…。
モータを安定させる為に水も大量に使うんだなぁ。
…お、発電機が動き始めたよ。
高周波交流機。
回転するディスクは毎分2100回転!

送信機とアンテナの接続、なんかかっけぇwww
ようやくモールス信号で送信開始。
お疲れ様です。

アンテナが6基あるのは、互いに電波を強め合う為なんだとか。
強め合う為に一直線に配置する必要があったって訳ですね。


ある時代の産業の姿を今に残す世界遺産。
所謂産業遺産達。

まずは、インド!
インドの山岳鉄道群!
イギリス植民地時代に紅茶等を運搬する為に誕生。

ポーランド!
ヴィエリチカ岩塩坑!
総延長300kmの地下迷宮。
シャンデリアを吊り下げた優美な空間も。

ドイツ!
フェルクリンゲン製鉄所!
19世紀末、ドイツ最大の鉄生産量を誇った製鉄所。


まだまだあるよ、産業遺産。
まぁ、文化遺産自体数が多いですからねぇ。


アメリカはミネソタ州、リンドストローム。
スウェーデン移民の町なんだとか。
…市長は移民6世!
スウェーデン移民の多くはミネソタ州に集まったそうだ。
気候風土が似ていたから。


1983年製のシボレー…これまたビンテージな感じがして良いなぁw


この無線電信局はアレクサンダーソンって天才科学者のおかげらしいが…彼もアメリカ移民だったんだって。
グスタフ5世も絶賛。
ヴァルベリ無線電信局は年間300万ものメッセージを送ったらしい。
1行の通信料は5.75クローナ、12000円。月収の10分の1相当だそうで…。
いやぁ…通信料が高いけど、ニーズがあれば使われる。
…しかし、通信料安くする為に段々形式的なビジネス電報にwww


アレクサンダーソンの技術は10数年で時代遅れになったそうだ。
使われる電波も長波から短波へ。
技術の進歩ってめっちゃ早いもんな。


職員の社宅も世界遺産。
開局当時の家、今も人が住んでるのね。
近所の人が集まってお菓子を摘みながらコーヒーを飲む週間かwww
何か、団欒って感じ。
昔話にも花が咲きますな。


ヴァルベリは年に3回復活する…。
SAQというヴァルベリのコールサインを発信するんだって。
無線愛好家には一大イベントやな。
…うち1回はアレクサンダーソンの誕生日、7月か。

無線愛好家、モールス信号をスラスラ書いちゃうとかやっぱすげぇわw


最後は雪の上に立つアンテナ。
アンテナを真下から見上げる。






続いて、タンザニア!!
キリマンジャロ国立公園!!

標高5895m、アフリカ最高峰。
土地の言葉で「輝く山」!
赤道直下にありながら、山頂には一年中雪を湛える霊峰である。


7泊8日の長旅だ。
1人15kgも背負うのか。
すげぇ持ち方してる人もwww
現地の人は逞しいです。


目的は氷河の撮影。
2004年にも撮影隊は登山して氷河を撮影してるんだな。

うーむ、雲がかかったキリマンジャロも神秘的だ…。


キリマンジャロの裾野には標高3000m地点まで熱帯のジャングルが広がる。
長い毛で夜の寒さを凌ぐブルーモンキー。
固有種、スタンフェルドカメレオン。
…あ、餌ゲット。
豊かな生態系が築かれているようだ。

サバンナのど真ん中にジャングルを纏った独立峰。
外界から切り離された世界。
だから、動植物達は独自の進化を歩んできている訳ですね。
キリマンジャロホウセンカ
ツリフネソウの一種等、固有の高山植物も。
キリマンジャロに当たった雲の影響で雨が降るからジャングルが育つし。


名産のキリマンジャロコーヒーもこの水の恵み。
ドイツ人宣教師が初めてコーヒーの栽培したんだwww
今じゃ世界三大コーヒーの1つである。


標高3800m、富士山を越えましたー。
昼は30℃近く、夜は氷点下。
夏と冬が一日でやって来る、そんな感じの過酷な環境ですね。
そんな中で育つジャイアントロベリアは夜、葉を閉じて寒さを凌ぐが、日が差すと葉を広げるのである。
成長すると高さ2mにもなる高山植物。
そんなジャイアント ロベリアの蜜を吸う鳥、サンバード。
虫がいないから鳥に受粉してもらう訳だけど、甘い蜜でサンバードを引き寄せている訳ですね。
青紫色って感じの小さな花が葉(?)の奥に収まってました。

そんで、これまたでかい植物群が。
こちらはジャイアント セネシオ。
ジャイアント ロベリアもジャイアント セネシオも何回か世界遺産で紹介された気がしますね。
高さ8mにもなる、キク科の草であります。
枯れ葉で身を包み、夜の寒さに耐える。

標高4500mを越えると辺りは一変、山岳砂漠地帯へ。
強烈な寒暖差で溶岩が脆くなり、崩れ、砂になる。
そんな地帯。
遮るものもないから、風が強い。
テントを設営しようとしたら、強い風で吹っ飛ばされそうになったり。


キリマンジャロの玄関口、モシにある市場。
色々な木の実やら芋やらが沢山ありますねぇ。
昔、登山をした欧米人はコックを連れてったとかで。
登山中であってもテーブルにテーブルクロスを敷いてスプーンやナイフやフォークをセットして…
風が強い山岳砂漠では無理そうだなwww
…って、食ってるしwww
これがキリマンジャロ登山の食事風景として定着しているんだとか。

…それにしても、チキンシチュー旨そうである。


標高4600mの朝。
雲海から覗く朝日が素晴らしいな…。

キリマンジャロの歌とかあるんやな。
キリマンジャロの最難関、岩だらけの急斜面へ。


キリマンジャロの山頂は直径2kmのカルデラ。
最高地点は外輪山にあります。
名前は挙がってないけど、キリマンジャロは独立峰だけど、3つの峰がある訳で。
シラ峰、キボ峰、マウェンジ峰の3つ。
で、キリマンジャロの最高地点はキボ峰。
その外輪山が一番高い、5895mって訳ですねぇ。

因みに、キボ峰の頂上はスワヒリ語で「自由」を意味するウフル、と呼ばれています。
ウフル・ピークです。


そんな訳で、火口に到着。
火山活動は数百年前まで活発だったけど、今は噴煙が上がる程度。
いや、今も噴煙が上がる…って言った方が良いのかなw
そして、その向こうに広がる氷河地帯。
カルデラの上に鎮座する氷河である。

しかし、2004年に比べると全然量が少ない…。
2004年には厚さ30mあったものが、厚さ10数mにまで減少。
地面も丸出しです。
2020年には消滅する…とさえ言われているキリマンジャロの氷河。
塔のように孤立した氷河は消えゆくだけ。


山頂へのアタックは固い雪と斜面のコンボ。滑ったら危ないな…。
そんな訳で、無事にキリマンジャロ最高地点に到達。
山頂からの御来光や。
氷河も朝日に照らされ、キラキラ光る。
まさに、「輝く山」。
今の状況は「白く」、ではないけどw


最後は朝日に輝く氷河。
そしてジャイアント セネシオ。

|

« ティエラデントロ国立考古公園 | トップページ | コロンビアのコーヒーの文化的景観 »

コメント

ポケスマ!観ましたか、何か新情報はありましたかね?
おお...働き者ですなぁ...。

ああ、ブログ名のフォントが変わってたのはそのせいだったのか。
慣れるまでは大変でしょうけど早く馴染むといいですね。

物事には何かしらの要因があるものですからね...。
生活に支障のないレベルなら要因を探る必要はないかもしれませんけど。
理由ばかり探ってたら疲れてしまいますしね。

ボス戦1はいいですね。
ゼノシリーズの光田さんが作曲してるって聞いた時は驚いた。
エレカさんの曲あまり覚えてないやw
進めるのに夢中だったからなぁw
結局パンドーラさんはあの後浄化されてしまったのかな?
何事もなかったかのように話が進められてしまったので...w
まぁエレカさんも浄化されたけど元通りになってたし。
あの世界ではあまり気にする必要ないのかなw

実は...自分に合った育て方はもうわかってるのですが。
以前雷龍さんに戦いを挑んで...結局戦えなかったときのメンバーは
その育て方でかなりの人数を育てたので
今からそれをまたやるのは結構しんどい...。
だからいっそのことBW2が出てから再出発しようかなと。
なるべく手持ちのIDは揃えておきたいですしね。

最近はFEをとことんやりこんでおりまして。
ルフレさん(マイユニット)クロム(主人公)、リズ(クロムの妹)
が、習得できるスキル全習得、なれる職業すべてでフルカンストしました。
ちなみに前のデータと違うのでルフレさんの性別が変わってますw
ルフレ、リズはなれる職業の物理、魔法のバランスが良いので楽でしたが
クロムは物理職ばかりだったので魔法系(魔力、魔防)伸ばすの大変だったw
魔力、魔防はポケモンで言うとくこう、とくぼうみたいなものですね。
魔力に関しては物理職は死にステータスで
物理アタッカーにおける特攻と同じで全く使わないので
伸ばさなくても問題ないのですがここは拘りでw
一応サンダーソードと言う魔法剣の威力が上がるメリットがあります。
次のキャラも頑張ろう...クロムよりはるかにきつそうだけどw

では失礼しますね。

投稿: 蒼蟲 | 2012年4月30日 (月) 18時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マルペロ動植物保護区:

« ティエラデントロ国立考古公園 | トップページ | コロンビアのコーヒーの文化的景観 »