« サロンガ国立公園 | トップページ | モシ・オ・トゥニャ/ヴィクトリアの滝 »

2011年11月25日 (金)

オカピ野生生物保護区

コンゴ民主共和国の世界遺産シリーズ、終わり!

全部自然遺産でした。





今日は寝坊しかけに始まり、朝から機嫌悪くされるわ、局地的ポンポンペインに襲われるわ、散々な日でした。。
朝飯食べてないから、ながらになったし。
昼も飯を食いに行った他はずっと作業してたし。

今日は悪い流れのままでしたね…。。


こういう時って、大体上手くいかないものだ…。






今日はグッと気温が下がって、寒かったなぁ…。。
日差しは暖かかったのだが、空気が寒い。
日が落ちると更に寒い。


今日も夕日は綺麗だったけど、昨日の夕日の方が綺麗だったな。
空気が澄んでいたので、スカイツリーや富士山がハッキリ見えていた。
クリアな夕日に照らされる影富士とスカイツリー。
いやぁ、良かったよ。


…そういや、数日前の明けの三日月も綺麗だったなぁ。。






バレー男子、今回は行けるかと思ったけど、やっぱりダメだった…。
1セット目、追い付かれかけたけど、良い形でセットを取ったまでは良かった。
2セット目以降は途中までシーソーゲームを続けるまでは良いけど、必ずポーランドに離されるシーンが出てきてしまい、そのまま3セット連取されて逆転負け。


近いようで遠い、勝利。






続きからコメント返信、世界遺産!



コメント返信!
蒼蟲さん:多分出なさそうだったので調べませんでしたw
わざわざありがとうございますv


まぁ、何処が震源でどれくらいの強さだったのかは見てませんでしたが…。
…てか、そっちが揺れるレベルとか相当ヤバいと思いますwww
はい、寒くて起きれないです…。。


バファリンはありませんが、片頭痛なので、大概寝ればリセットされます…。
今日は違いましたが。


マッギョさん不利過ぎますwww
まぁ、練習相手ですから…。
養分吸われてカラカラwww
元から平べったいからあまり変わらないかもですねwww
多分違いますwww>オロゴンさん
〜ネ!
って口調で、ちょっとカマっぽかった…。。(←
コピペロス編があるみたいですしねぇ、配信されたら、楽にランドロス捕獲に行けるのか。
迷いクリムガンさんは洞窟に引き籠もっちゃいました。
アニポケの世界ではレアかどうか知りませんが、取り合えずシビシラスが欲しかったらしいですwww
正義のヒーロー・ア☆ギルダーとホモエd…ホドモエシティで暗躍するバニプッチ団(?)のリーダー、フリージ男との勝負だそうです。


100%バレット来るの分かっててもうかオバヒ狙いとかロマン過ぎるwww
どうしてそうなったwww
そうなのか、チームアタックなしは限定的になってしまったのか…。それはかなり難易度上がったなぁ。。
明らかにこちらが強い場合は連結させずにやった方が良いですな。>えんまく


今の所、あまり効果がありませんwww>世界遺産


顔がそっくりwww
それは酷いwww
…まぁ、ちょっと似てるかもwww
モデルになってたりして。
そして八つ当たりwww
酷いwww
色々持ってかれてる気がするなぁ。。


コメント、ありがとうございました〜!





世界遺産!
ロシア!
キジ島の木造教会!

おぉ…斧で木を削っとる…。。


オネガ湖って1600個も島があるのか。
祭りの場の事をキジと呼んでいたそうで。


…ネギ坊主?
ヨーロッパで2番目に大きい湖、オネガ湖の北部か。
細長い島なんだなぁ。
ちゃんと集落もある。50人程だけど。

鐘突きの人すげぇwww
10数個の鐘を操ってる。
リズミカルな鐘の音が響き渡る。

…あ、オネガ湖って全面凍結か。
ホバークラフト!
良いなぁwww
島も湖も見分けがつかないwww


教会は3つの建物で成る。
冬の教会、鐘楼、夏の教会。
木造であんな建物立てちゃうなんて。
なんだか、凄いカッコイイなぁ…。
夏の教会なんて36m、だっけ?

教会内部、普通に寒そう…。。
3つの建物の大きさと配置は計算あってのものなのかぁ。
調和の美を追求した組み合わせ?
東側からは一直線に見える。
南側からは2つの教会が重なって、豪華な円屋根が映える。
南東からは1つの大きな建物のように。
北側からは鐘楼と夏の教会のみが見える。
遠く離れた場所からでも見える、中心だからどの角度からでも美しく見える必要があったのかぁ。
最大の特徴はロシア語でルコヴィッツァ、ネギ坊主と呼ばれる円屋根なのだそうだ。


トルコ、イスタンブール歴史地区!
ここで一番大きな建物、アヤソフィアの円屋根がネギ坊主のルーツなのだとか。
神の住まう天上界を表しているようで。

ブルガリア、リラ修道院!
円屋根の数が増え、小ぶりのものを組み合わせているようです。

ルーマニア、モルドヴァ地方の教会群!
ここではトンガリ帽子に。

ロシア、クレムリンと赤の広場!
ここまで来ると、円屋根の形がより丸く。
雪が積もるのを防ぐ為だとか。


石材なんてないから、オネガ湖の周辺の針葉樹林から木材を得て、教会を建てたんだな。
ネギ坊主が銀色に輝く。
金属光沢を持っているけれど、これも全部木造。
木の瓦、なんだって。

流石に設計が細かい。
30、40cmを斧だけで切り出すのか、凄い職人芸…。
ふむ、木材はポプラか。
湿気を吸って膨らむので、隙間も埋まるんだな。
そりゃあ、最適かも。
1つのネギ坊主におよそ1300枚の瓦が使用されているんだとか…。。
夏の教会には3万枚www
30年程で葺き替えられる…って、すっごい維持が大変だな。。
一大工事だぜ…。。

あぁ、夕日に当たる教会綺麗…。。

丸太のログハウスや!
木造教会はこのログハウスの構造をベースにしているらしい。
木に囲まれた暮らしには、必ずロシア式暖炉、ペチカが。


ってことで、郷土料理コーナー!
卵、牛乳、チーズでミルク粥…これだけで十分美味しそうwww
薄く伸ばしたライ麦の生地でミルク粥を包み、パイ状にしてペチカで焼く!
木の葉型のパイ、ピーラッカの出来上がり!
やべぇ、超美味そう!!
温かいスープとピーラッカ…うーむ、食べたい!!


1年の半分が冬、か。
流石ロシア。
北極圏に近いから、夏は白夜!
午前1時頃に夕焼けに染まり、すぐに朝焼けに。
うわぁ、なんて美しい光景…。。

今度は冬!
真っ白な白銀の世界。
吹雪の中、佇む教会。ちょっと、雪が積もってる。

へぇ、村人は島を離れちゃうんだ。
…あれ、おばあちゃんが暮らしてるぞ。
ロシア式紅茶の飲み方は砂糖を口に含んで、皿から紅茶を飲むのかw
すっげぇなぁ、ずっとここに住み続けているんだ。。
流石に吹雪の中、水を組みには行けないかw


観光客が来ない冬の間に教会を修復するのか…。
夏の教会なんて立入禁止にして、鉄骨で支えないと崩れる危険性まであるのか。
まぁ、でかいからなぁ…。
ホント、手間隙かかるなぁ…。
だけど、維持するのに相応しい歴史と、文化と、佇まいがある。

教会を立ててからまもなく300年…。
多くの大工さんの活動で守られてきたんだな。


かつてのロシアには木造教会って沢山あったのか…。
それも、いまでは僅か。
その中でも、この教会は特に素晴らしいものに違いない。
伝説の大工さんは「もう二度と作れない」って言ったらしいし。


最後は教会、南東からの眺めだろうか。
夕焼け?朝焼け?に佇む教会。東側から?


次は日本の自然遺産スペシャル!
小笠原、白神山地、知床、屋久島…!

|

« サロンガ国立公園 | トップページ | モシ・オ・トゥニャ/ヴィクトリアの滝 »

コメント

それは散々でしたね...。
む、飯はしっかり食わねばなりませんよ。
飯はエネルギーになるだけでなく気力を養い
精神的にも安定させる力があるのです...。
...と言いながらも実は最近俺も食欲がないw
いや、食欲がないというより飯が美味く感じない...。
なぜだ...。
悪い流れを変えるには...寝るに限りますかね?
カービィも「あしたはあしたのかぜがふく」って言ってますしw

おお、いいものが見えたようですな。
絶景は心を癒してくれますしね。
ちょうどよかったのではw

うーむ、勝てませんでしたか。
次こそは...とも言ってられないのかなぁ。
でも確実に力は付けてきているはず。
時期が変わるとメンバーが変わったりとかもするかもしれませんが。
根強く戦えばいつかきっと勝てるはず...。

いやぁ、ちょっと検索しただけですよ。
「世界最大の熱帯原生林」って。
でもそられしい物は見つかりませんでした...。

まぁそうですな、しかし最近は遠くてもここまで届くことも
そんなに珍しくなかったですし...。
ガタッ、と揺れる程度ならばまだいいのですが。

ん、寝ても治らなかったのですか?
場合によってはお医者さんに診てもらう必要も...。
大げさかもしれませんが頭痛は怖いですからね。
いや、脅してるわけじゃないですよ?;

地面技も電気技も大して食らわないw
ならばヘドロウェーブだ!何?覚えてない?w
迷ってなくても洞窟に引き篭もってるんじゃないでしょうかねぇw
いや、でも出現場所が洞窟じゃないなw
意外とアウトドア派なのかしら。
正義のヒーローw忍者って影の職業だから悪役よりなような...w
あー、でも公式に忍者って明言されたわけじゃないか。
名前からしても某ヒーローがモデルなんでしょうな。
バニプッチ団って全然迫力ねぇw
フリージオは結構貫禄あるけどさ。

負けるとわかっていても突っ込むのが漢なのさw
どのみち真空波打ってもタスキ潰しにしかならないですしね。
しかもタスキよりオッカの実とかもってる確率の方が遥かに高い。
しかもほぼ負け戦だったのでせめて派手な技をぶっぱなしたかった...。
結果殆ど反撃できずに終わったのですがw
けっこうかしこさも見直されたようですねぇ。
全員が覚えられた「どこでもいける」は
パルキア専用の「あくういどう」に変えられましたし。
連結は便利ですが技減りの罠で解除されるのが面倒ですね。
本当に最悪の罠だ...それも不思議のダンジョンらしいと言えばらしいですが。

ゼルダは3つ目のダンジョンをクリアまで。
○○○を抜けて×××へ向かうって感じのあらすじだったから
時オカの氷の洞窟や井戸の底みたいな短いサブダンジョンで
その先にメインがあるのかと思ったら超本格的なダンジョンだったw
ボスもいたけど2つ目のダンジョンほどは苦戦しなかった。
相性の問題ですかねぇ。
この地方の敵は殆ど電撃属性で徹底的に電流プレイで攻めてくるw
ガードされただけで感電して食らうとか辛いな...。
おまけに見慣れた敵キャラも電撃をまとって登場w
何にでも「サンダー○○○」とかって名前を付ければいいわけじゃw
しかし今回はダンジョンよりもフィールドの謎解きが難しい気がしますね。
公式サイトでフィールドにもダンジョン並みの謎解きが用意されていると書いてありましたが。
マップが最初から解放されているのはいいのですが
ダンジョンと比べて一つのエリアが広いのでなかなか
長期戦になりますな。
ちなみにダンジョンのボスを撃破したらやはりギラヒム様登場w
ゼルダを守っていた謎の青年(?)はやはりあの名前だったのか...。
謎の青年を圧倒するギラヒム様...やはりこの声はフリーz((ry
しかしリンクに妨害されまたしてもゼルダを取り逃がすw
今度は全治100年じゃ済まさないらしい。
ちなみにリンクの事は「リンク君」と呼んでいたw
何気に名前を呼んだのは初めてだったかな。
まだまだストーリーが続きそうですね。

そういえば昨日久々にアルディガーさんと遭遇(?)しましたw
しかし久々だったのでどう話していいかわからず
訳の分からないことを言ってしまった...。
まぁ元気なようで何より。
きっと雷龍さんにも会いたがっているはず...。

では長くなりましたがこの辺で。

投稿: 蒼蟲 | 2011年11月26日 (土) 17時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オカピ野生生物保護区:

« サロンガ国立公園 | トップページ | モシ・オ・トゥニャ/ヴィクトリアの滝 »