« アクスム | トップページ | ワルビアル♀(黒軍) »

2011年11月 8日 (火)

オモ川下流域

うおぉぉぉおお…。。
ね、眠い…。。




なんかあまり書く事がない。
色々ある訳ですけどね、うん。

…あ、歓送迎会があって、そこでハッピーターンのハッピーパウダー250%をくすねてきたwww
後、2次会は華麗にスルーで。






続きから世界遺産!



世界遺産!
カナダ!
ナハニ国立公園!!

カナディアンロッキーの北の果て。
ロッキー山脈とアラスカの間に位置しております。
雄大な滝がすげぇ!!
カナダ人が秘境と呼ぶ地域だって。


バイソン?がいたな…。
あの白いヤツらはなんだ。


ほう、水上飛行機が交通手段…。
ラムキャニオン、というらしい。
地球上の8大峡谷の一つ!
グランドキャニオン、ラムキャニオン、オルチア渓谷…後、何処だ。
ツアンポー渓谷もそうか?


目指す川、国立公園のほぼ中央を流れるサウスナハニ川へ。
着水〜。
滝の上は凄い穏やかな流れ。
こういう所じゃないと着水できないのね。

んで、ヴァージニア滝。
落差はナイアガラの2倍。
巨岩が真ん中に突き立ってる景観がなんともワイルド。
…おっ、アンモナイトの化石だ。
地殻変動で隆起した渓谷なのだそうだ。

滝の下から川下り開始!
川下りのボートはカヌーとゴムボート!
自然を守る為、モーター付きボートは禁止。


最初の峡谷はカラフルな岸壁。
様々な地層からなっているようだ。
石灰岩の大地だから、針の山みたいな岩の景観が。

何かが川を流れてるwww
ブラックベアというクマだったらしい。
ベアカントリー。
まぁ、アラスカ含め、あの辺ってクマの王国だよねw


次の峡谷へ。
全長40kmもあるのか…。
川の流れが複雑そう。

ここの最大の見せ場は垂直に立つ断崖。
その名も「ザ・ゲート」。
巨大な観音扉みたいな岩である。
その真ん中にあるのが説教台と呼ばれる岩。
岩の上にローブを着た司祭に見える岩が…。
全て自然です!!


こりゃあ、世界8大峡谷になるわな。
1978年に登録…。。
この年は、世界遺産が初めて登録を始めた年なんだとか。
最初に登録された12件のうち、自然遺産は4件だそうだ。
んで、その4件が…

エクアドル、ガラパゴス諸島!
固有生物達の宝庫、進化論の地。

アメリカ、イエローストーン国立公園!
ダイナミックな間欠泉やカラフルな温泉等がある地。

エチオピア、シミエン国立公園!
アフリカの天井、断崖絶壁の地。ゲラダヒヒはここにしか棲んでいない。

そして、ナハニ国立公園。


濁った川の水を飲料水、料理用にもするのかぁ…。
ふむ、クマは食べ物の匂いを嗅ぎつけてくるから、テントから離れた所にキッチンを設けるんだね。

一瞬だけの夕焼け、そして夕闇、綺麗です…。。
雄大な断崖と、繊細な空…いやぁ、良いねぇ。


ふむ、ここは氷河に覆われたことがない地なんだな。
西側にある山脈が氷河の侵入を食い止めていたのだとか。
最後の氷河期、コルディエラ氷床とローレンタイド氷床の間に挟まれる位置にあったのに。
海風は山脈に当たる度に水分が失われて行って、乾燥した風になる。
んで、ナハニ西側の山脈が乾燥した風に僅かに残った水分を奪うから、殆ど雪が降らなかったんだって。
東側のは遠すぎたのか、ナハニに届かなかったようだ。
人類はこのナハニの原野を通って北米大陸、南米大陸へと広がっていった…らしい。


針葉樹林の中に石灰棚が。
ラビット ケトル トゥファ マウンド、という名前。
なんかボコボコ言ってる。熱いのかな。
寒冷地では珍しいものらしい。
凄い不思議な模様をしてる…。


地層の筋がよく分かる断崖だなぁ。
そう思えば、針葉樹林。

んで、次なる峡谷へ。
葬式山脈と呼ばれる山が。
死体の谷、首なし山脈…面白い地名だな。

ある兄弟が金鉱探しにこの山脈に行ったら、2年後に首なしの状態で発見された…。
書き置きには素晴らしい金鉱を見つけた、と。
それでゴールドラッシュに湧いたんだって。
でも、採れるのは硫黄混じりの鉄ばかり。
しかも、押し寄せた多くの人々が亡くなった、だそうだ。
ゴールドラッシュは幻…寧ろ罠な気さえしてくる。

朽ちた船はその名残。
愛すべき女性を見つけた人もいたのかぁ。
先住民の女性だそうだ。


ってことで、先住民族。
ヘラジカの革が庭先に干されてる。
ブーツ等の日用品を作るんだって。
ヘラジカの体重は800kg以上。
ヘラジカの肉の燻製は冬を越す為の保存食な訳ですね。

ジンディって木の根っ子は万能薬が先祖代々伝わる大切なものなんだって。
ナハニの湿地帯に生える幻の木なのか…。
先住民にとって、聖地なんだろうなぁ、その木の生える場所。


それにしても、雄大な光景だよなぁ…。
綺麗…。
今ではカヌー愛好家の聖地にもなっているこのナハニ。
カヌー愛好家はちゃんと自然の事も考えているんだろうな…。


そして、最後の、そして最も深い峡谷。
最も垂直に切り立っている峡谷でもあるらしい。
標高1600mwww
高いねぇ〜。。

で、その頂の近くに洞窟が。
凄い…!
氷の鍾乳石!
透き通っていて、光を受けるとキラキラ。

洞窟の最奥には、白骨化した動物の死体が累々と転がる。
一番古いものは2000年前の動物の骨…!
迷い込んで、そこで息絶えた動物達なのだそうで。


そして、川下りも終点。
川沿いの温泉で疲れを癒すwww
おぉ、ホントに川沿いwww

上空から見ても素晴らしいよな、峡谷って…。


最後は朝靄?立ち込める湖?川?
そしてヴァージニア滝。


次回はフランス、レユニオン島の火山峰!

|

« アクスム | トップページ | ワルビアル♀(黒軍) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オモ川下流域:

« アクスム | トップページ | ワルビアル♀(黒軍) »