« オルホン渓谷の文化的景観 | トップページ | ウム・アル=ラサス »

2011年10月 3日 (月)

モンゴル=アルタイ山脈の岩絵群

モンゴルの世界遺産シリーズ終わり!






今日から金曜まで、早番な訳です。
…起きたのが5時10分頃。
微妙に時間が押してて…っつーか、電車乗り損ねた。。

まぁ、間に合いはしたんですが、ね…。。
早朝から走る事になろうとは。。





そういや、先日、バイクの後ろにロリ…って程ロリじゃないけど、小さい女の子が乗ってた。
ヘルメットはしてたけど、あれって、大丈夫なのかなぁ??





今日はきゃベさんことりょくちゃさんとポケモンバトル!

とびひざ外した時の絶望感と言ったら…。
まぁ、ぼうふうとかアクアジェットが飛んでこなくてビックリしつつ。
後、いたずらごころじゃなかったのね。

いやぁ、くさとみずが出てきた時はどうしようかと思ったよ…。
だって、こっちのメンツ、見事にくさとみずに弱いんだもん…。。


今回のバトルビデオ。
72-38980-60828


ついでに、過去のバトルビデオでも。

同じ研究室の友人との初バトル(ローテーション)
14-81672-76360

同僚・赤松(←HN)さんとの3VS6(シングル)
61-84306-91233

Twitterで知り合った人とのバトル(シングル)
36-19507-50232

同僚(赤松さん、Kさん、Tさん)とのマルチバトル
12-94846-79551

同僚(Sさん)とのシングルフルバトル
54-24022-92069

同僚(Kさん、Tさん、Nさん)とのマルチバトル(ゴツメスワンナ×2、第1次マッギョ大戦)
47-14905-87850






QMA。
今日はダメだったわぁ。

そしていつの間にか73位くらいまで落ちてる。


Puizira
プイジラ・ダーウィニさん!!
ミッシングリンクを繋ぐ者。
川崎さんのブログで存在を知ったクチでして。
よく考えれば、今回の検定は川崎さんのサイトに出てる生物が大多数を占める筈なのにねぇ。


後、今回、初めてニジェールサウルスが正解の問題見た。
あいつの顔マジ面白い!


Warata
これこれ。

|

« オルホン渓谷の文化的景観 | トップページ | ウム・アル=ラサス »

コメント

むむ、昨日は寝込んでしまって書き込めなかった...。
と言っても別に風邪を引いたとかそう言う訳ではなく
なんと言うか心身にたまってた疲れが出たんでしょうかね。

おうう、乗り損ねましたか。
まぁ間に合ったようで何より。
気張って走りなさい!若いんだから!www

何?ロリ?www
てか普通に二人乗りはやばい気がしますが...。
なんか最近ニコニコでロリが大好きな実況主さんの動画を見てるので
なんか反応してしまう...。
...ちなみにその実況主さんは女性ですw

イッシュでとびひざと言えばコジョンドか
ズルズキンも覚えるけど雷龍さんは使ってませんな。
俺もバシャーモを使うので飛び膝はよく使うというか
多分一番よく使う技ですね、あれが来てバシャーモは本当に救われた感が。
まぁギャンブル性が強い技なので安定したかと言われるとそうでもないですが。
余裕があればHPを奇数にしておけば
2発連続で外しても自滅しませんよw

ぼうふうとアクアジェット両方持ってるポケモンいたかなぁ?
...ペリッパーはアクアジェット使えないかw
ぼうふうといたずらごころと言えばエルフーンか。
いたずらごころじゃないと言う事は
すりぬけのアタッカー型エルフーンでしょうかね?

ふーん、草と水か...。
ナットレイとか草1/4で水はサブの氷も大して効かないから
結構有効かも?
あとは相性通りにシャンデラで燃やしたり
デンチュラで痺れさせたりとそういう所じゃないですかね。

バトルビデオって何ヶ月だったか経つと
削除されてしまうんでしたっけ?
消えないうちに観ておきたい所なのですが...。

俺としては最高の「タブンネ狩り」の狩場なのですがw
最近はドームやリーグで育てることが多いので
あまり行かなくなってるなぁ...。
しかしトレーナー戦ばかりやってると
物拾いで効率よくアイテムが集まらないという落とし穴が;
しかしタブンネちゃんを倒しても1円も貰えないからなぁ。
...どうしたもんかw
ところでポケセンのお土産にもらった
キメワザポケモンキッズのタブンネちゃんがメタボ過ぎてやばいw
何そのドヤ顔w「ドヤンネ!」
シロナさんは永遠のn(ry

なんというド変態!w
へラクロスは接触技が多いというか殆どなので
変態にはうかつに触れませんねぇ。
それでも超攻撃力で押し切られるかも知れませんが。
エンペルトが出たら弱点の突き合いか。
確かに素早さと火力でエンペルトが有利かも。

ラスストのストーリーですか。
仲間同士の信頼や協力を描くところは
任天堂らしいという感じでしょうか...。
しかし最後に...まぁあれはあれで絆がますます深まったようですが。

泣き叫び、なかなか眠りから覚めず、腹の調子も悪い
...といろいろあった2日間でしたか。
おかげでちょっと考えがまとまったかな?
まぁ前にも言いましたが1匹で表現しきれなければ
沢山で表せばいいんですよね。
技などの組み合わせが悪くて弱くなってしまったら
他のポケモンでカバーすればいいこと...。
そんなにたくさん育てる余裕はないですが
将来的にはそうできたらいいなぁ。
具体的に言うと同じNNで違う種族じゃなくて
同じNNで同じ種族でもいいんじゃないかと。
性格や努力値や技が変わってくればそれは全く違うポケモンですしね。
むしろ1匹ですべて表現するってのが無理なんですよね。
他の種族でカバーするにも同じ種族のポケモンでしかできないこともありますし。
具体的にってめちゃくちゃ分り難くなってるがな!w

では失礼しますね。

投稿: 蒼蟲 | 2011年10月 4日 (火) 16時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モンゴル=アルタイ山脈の岩絵群:

« オルホン渓谷の文化的景観 | トップページ | ウム・アル=ラサス »