« 蘇州古典園林 | トップページ | 天壇:北京の皇帝の廟壇 »

2011年8月 9日 (火)

頤和園、北京の皇帝の庭園

む、蒸し暑い…。。
今日は梅雨かっ!!

ってくらい蒸し暑かったれす…。。
そして気温的には猛暑日?
うぐぐぐぐ…。




ぐぐぐっ…中々にキツいとこが腫れておる。。





ゴルーグ・大岡のコアについて。
土アンドロイド計画の為に設計されたコアは、生きたままの人間を特殊な方法を用いて下処理をした後、そのまま特殊な圧縮をかけて製造される、というもの。特殊な方法で下処理を行う際に記憶も人格も完全に抹消し、新たな人格プログラムを植え付ける筈だったのだが、何故か人格のみが残ってしまっていた。しかも、その人格が変に捻り曲がったうえに新たな人格プログラムと中途半端に混ざり合ってしまった為、原形を留めていない。大岡のコアに使われた人間はチーフ級としてこの計画に参加した、結婚したばかりの研究員の奥さん。
何気に、各所の構造に欠陥があったり、コアから全身にエネルギーを供給する為のプログラムがエラーばかり吐いていたりしたが、それらも全て無視されたまま放置された。廃棄は研究所の上層部によって秘密裏に決定され、チーフ級研究員には何も知らせないまま、事を完遂させた。
その後、その研究所では「普通のアンドロイドを作ろう!」という流れになったのだが、完成したアンドロイドはまたしても自我を持っていて、しかもテンプレ通りのうっかり屋だった。





続きからコメント返信!



蒼蟲さん:ウグイス…こんなのぜったいおかしいよ\(^O^)/


害虫www
うちはシジミチョウ辺りがいつも飛んでる気がします。
後、カナブンみたいなのとかかな。
害虫は多分沢山いますwww


ロマンチックだしょう?(ドヤァ...
しかし、その後に現実に突き落とすという。
カナヅチだったらきっと沈んでる…あっ、死んだら浮くわwww
大体予測は付くのですが、特徴的な部分がイマイチ判別付かなくて…。


ふふふ…ここ最近、眠気の供給先は蒼蟲さんのようだ。。
そろそろ供給断ち切りたいんですけど、どうにかなりませんかw


はい、問題児はマッギョさんですwww
まぁ、危険人物のつもりで設定したんですけどねwww
この前もつるまい×3つばめがえし喰らっては復活し、フリーフォールを喰らっては復活し、リーフブレード×3と零距離エナジーボールを喰らって立っていたという変態っぷりを演出してきました。
ゲーム上じゃ絶対に無理っすwww
ゴルーグさんのコアは深夜に勢いでその設定打って決めましたw
普通に考えられてますよねー。
っていうか、スパペパマリなにげに黒いwww


ふむ、暗黒物質登場っすか!
必殺技でダメージ回復できるのか…。。
サブゲームが1本のゲームみたいになってますねぇ。
こりゃあやり応えありそうだ。


ふむふ…。
そうなると、電気代とかも心配になってきますねぇ…。
俺は暑さにも寒さにも弱いですw
まぁ、適度に日光に当たるのも良いかもしれませんな…。
まぁ、埃なんて汚いだけですもんねぇ…。
今は親御さんがいるからアレだけれど、将来的には自分でやらないといけなくなるんでしょうなぁ…。
それまでに、今よりも改善していると良いですね…。。
行動の幅もグッと広まるでしょうし。


コメント、ありがとうございました〜!

|

« 蘇州古典園林 | トップページ | 天壇:北京の皇帝の廟壇 »

コメント

昨日は暑かったようですね。
俺は昼中ずっと寝てたので分りませんでしたが...。
ん?虫刺されか何かでしょうか。

土でアンドロイドを作るって言うのも
なかなかユニークな計画ですねw
コアにチーフの奥さんって
彼...いや、彼女は正しくは女性なのですか?
しかし自分の奥さんをコアに使うってのも
深い事情があったんでしょうかねぇ...。
結局土で作るのは諦めたんですねw

マッギョは変態だから攻撃を受けると回復するんですよ!w
三発は無理でも一発ぐらいならリーフブレード余裕で耐えそうだなw
多分つばめがえしやフリーフォールは3発耐えると思いますw
さすがに三回舞われてたら無理ですけどw

必殺技というかゲージをジャストのタイミングで止めると。
強力な攻撃が出た後にダメージを受けていたカービィが全快します。
レベルアップでカービィが10人まで増えて
攻撃力がアップしたりカービィが全滅したらゲームオーバーという点は
本編の内容をふまえていますね。
サブゲームのエントランスもゲームのスタート画面っぽくなってますしねw
こういうお遊びはいいなぁw

うむ、今は親がいるから何とかなってますが。
いずれは自分で何もかもしなければならなくなるはず。
親はお金はあるか焦るなとは言いますが
それは人の金であっていつかはなくなるもの...
その前に俺が自分で稼げるようにならなくては...。
そうなったら少しは恩返しできるようになるといいですね。

では失礼します。

投稿: 蒼蟲 | 2011年8月 9日 (火) 16時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 頤和園、北京の皇帝の庭園:

« 蘇州古典園林 | トップページ | 天壇:北京の皇帝の廟壇 »