« アルプス周辺の先史時代の湖上住居遺跡群 | トップページ | カルパティア山脈のブナ原生林とドイツのブナ古林群 »

2011年7月11日 (月)

ブコヴィナとダルマティアの大都市住宅

2011年の世界遺産シリーズ!
今回は、ウクライナの世界遺産!






今日も良い天気でしたなぁ〜。
今日は一日引き籠もってましたが。






ポケモン黒。
シロナさんの水着姿…だと…あの人、何歳だよwww

あなたもポケモンに乗らず水着になればいいのに
だそうだ。
み、見たい…!!(←

IceIce2
なんのこっちゃない。






続きからコメント返信、世界遺産、F1イギリスGP!



コメント返信!
蒼蟲さん:まぁ、これからが夏本番ですしwww
あー、暑いなぁ。。
汗ダラダラ。


作れるらしいですw
しかし、業務用と書いてあったりして、どっかのお店で普通に使われてそうですw
…あぁ、そういや、抹茶系のお菓子が好きだと仰っていましたね!
どういう所が好きなんです?


おろしあんまり食べないんですか?
あまり好きじゃないんですか??
ポン酢をかけても溶けない、しっかりとしたおろしでしたw
美味しかった〜。
…え?
ちょっとしたイタズラですよwww
面白かったwww


因みに、Sapphireのトロピウスは秘伝用ではありません。念の為。
まぁ、そらをとぶはゴルーグがやるからなぁ。
ふむ…順調に(?)進んでいるようですな。
勝てる気がしないよ、3Vとかそれ以上とか…。。
確かに、第6世代入ってそうですねwww


コメント、ありがとうございました〜!






世界遺産!
スペイン!
ラス メドゥラス!!

交通の十字路、レオンが玄関口だそうですよ。
紀元前1世紀にローマ帝国が築いた城壁が残っております。
金を守る為だったのか…。


さて、今回の舞台は…赤茶けた岩達。
奇岩の森です!
中には、高さ100mあるものも…。

膨大な金が眠っていた土地、ラス メドゥラス。


岩の周囲には栗の木が群生しております。
それと、人工的な感じの石の山がそこかしこにあったりとか。
なんつっても、あの奇岩の光景が凄いね!
あぁいう光景は…何故かこう…そそられるんだ。


で、岩には大小様々な穴が空いているようです。
ローマ人が掘ったとされる跡とか楔とかが穴の内部に残ってまして。
掘った跡とか、まるで引っ掻き傷だなぁ。

1日8時間もかけて採掘して、取れる量は僅かとか…。
…あらま、砂金だったのか。。
そりゃあ、中々採れないだろうなぁ。。


でも、ローマ人が来る前から金装飾が作られてたらしい。
凄い沢山あるじゃん、金装飾。
で、そういう噂が広まって、ローマ皇帝の耳にも…。
んで、挙兵した訳ね。


石の橋、水道橋。
フランスの水道橋の世界遺産。…んー、控え忘れたから何だったか…。。
ポン・デュ・ガールじゃなかった気がする。。
それと、スペインのセゴビア旧市街と水道橋
この2つが紹介されておりまして。
水道橋出来た事によって、疫病も減ったんだ…。
そんな水道橋技術をラス メドゥラスの金採掘に生かしたらしいよ。


段々日に当たってくラス メドゥラス、なんだか幻想的。
ラス メドゥラスは1500万年前、河川の土砂が堆積してできたものらしい。
大きな石のある層に金が混ざってるようで。
でも、1tあたり3g…。


さて、ぽっかり開いた大きな穴。
ルイナ モンティウムって方法で開いた穴なんだって。
ルイナ モンティウム、ラテン語で「山崩し」。
なんか響きが恰好良いwww
水の力で岩を押し流す方法のようだ。

山の頂付近に水路跡が。
ただの道にしか見えないけどね。
土地の傾斜を利用して山頂に水を頂に貯めて…水を通す穴を貯水池の地下に予め沢山掘っといて、貯水池が一杯になったら、一気に解放!
水を張り巡らされた穴に一気に流し込む!
その勢いで人工的に土砂崩れを起こす!!
で、水と一緒に流れてくるから、よく知られてる砂金を取る方法でもって回収、と。

これで金の回収率が大幅アップしたらしい。
ふむ、ローマ帝国の金貨に使われたのか。
ホントに、ラス メドゥラスの金が無かったらここまで出来なかっただろうね!


今の景観は山崩しされた後のもの。
いやぁ、絶妙な景観を保ってるなぁ〜。


採掘された金が集まった町、アストルガ。
陸路で運ばれてたんだって。
海路の方が早い気がするけど、色々あったんだろうな。
で、ローマ帝国は金を根こそぎ持って行ったけれど、その分色々持ち込んだ物もあるようで。
ギリシャ神話をモチーフにした、床のモザイク画とか…。


腸詰めやハムなんかの保存食も入ってきたそうですよ。
牛の塩漬け乾燥肉…塊のまま見せられると、なんだかなぁ…

…あっ、旨そう!


山崩しを200年以上もやってたのか…。
やっぱり、金、枯渇しちゃうよね。

ふむ、土砂から金を採掘した残りがあの石の山だったか。
多い時で2万人住んでたのかぁ、痩せた土地に。
で、その働き手の食料に、と栗を植えたんだって。
それが今の栗林。

…ふむ、今は村人が70人しかいないんだなぁ。
焼栗…旨そう!!

ローマ帝国が去った後、栗がなければ暮らしていけなかったかもしれないとか。
で、その栗林が奇岩群が崩れるのを防いでるんだって。
そんな役割も果たしてるんだ!
栗、GJ!

最後は穴から見た外の景観。
そして、山崩しの跡。


次回は…
モーリタニア!
サハラの4つの古い都市!






F1イギリスGP決勝!!
今回、思ったよりDRSゾーン短いなぁ。
場所は2010年から新しくできたセクションのストレートだから、あまりよく分からないけれども。

そういや、ダニエル・リチャルドが出走した事によって、オーストラリア人ドライバーがマーク・ウェバーと2人になりました。
オーストラリア人が2人一緒に走るのは34年振りだそうです。

…おっ、ルノーのチーム代表、ブーリエさんじゃないか。
吹きつけディフューザの件でルノーエンジン勢は苦戦するかもしれないらしいからねぇ。

暴れん坊マルドナドwww
なんて肩書きだよwww

あっ、アルグエルスアリのインタビューだ。
今回も2ストップで来るのかな?

そして、リチャルドも当然インタビュー。


皆インターミディエイトだ。
そうか、濡れてる部分があるからなんだね。
…だから、マルドナドの事を暴れん坊言うなwww


さて、それでは…シグナルが…ブラックアウト!!
うわっ、マッサ遅れた(´・ω・`)
バトンにかわされた!
ハミルトン、10番手から5番手へ。
シューマッハ、13番手から9番手へ。
ベッテル、ウェバーを抜いてトップ!
独走態勢に。


早くも5周目でコバライネンがガレージの中。
あー、リタイアったー…。
んで、15周目くらいにハッと順位確認したら、トゥルーリもいつの間にかリタイアしてたー…。。
ロータス、ホームグランプの一つで早々と店仕舞いっすか。。

27周目にはブエミが左リアタイヤをバースト!
ディ・レスタと当たって切られたようだ。
そんなこんなで、ブエミリタイア…。
今回は前回と違って、リタイア多いなぁ。
リタイアはまだまだあります。


さて、今回の可夢偉は…9周目にスピン!
10番手に落ちた…。
…って、シューマッハに追突されてたのか!
可夢偉のタイヤが心配やな。
15周目くらいにシューマッハは今回の件で10秒のストップ&ゴーペナルティを課されました!
…追突にしては重いなぁ。
可夢偉、13周目にはやっちまいました。
タイヤ交換して、ピットロードに戻った時にマシン(ウィリアムズか?)が横に…。
フォースインディアのピット設備に引っかけてフロントウィング壊した…壊れたのは設備の方かも知れんけれども。
で、可夢偉もこの件で審議対象だそうで。

それにしても、可夢偉マシン、ストレートスピード伸びないなぁ。
追突された影響なのか?
ピットロードのやつでフロントウィングにダメージ受けたからか?
でも、良いとこもあったね。
マルドナドにかわされたけど、すぐにインに入って抜き返したのは素晴らしかった!
…って、21周目に可夢偉に10秒のストップ&ゴーペナルティ…。。
うーん、ピットロードのは危なかったのはそうなんだけどなぁ…。。
てか、ピットロード狭いとの意見もあるしなぁ。

…とか思ってたら、25周目に可夢偉のマシンから白煙が…!!
うーん、これは無理だ。
可夢偉、今季初リタイア。。
原因はエンジンオイル漏れだそうで。。


15周目、フェラーリ先行、後ろからマクラーレンがぴったりって構図。
2台とも。
あっ、マッサ、バトンにやられた(´・ω・`)
…アロンソもハミルトンに抜かれた。

でも、アロンソはハミルトンに迫って、24周目にかわした!
DRS&KERSによって、圧倒的なスピード差を見せた!
アロンソ対ハミルトン、熱いねぇ。

38周目、ベッテルとハミルトンがテール・トゥ・ノーズで対決!
ベッテル、ハミルトンを抜けない!
あまり抜けないサーキットらしいしねぇ。
…まぁ、ハミルトンがピット入って、出たら普通に抜かれてたけどね。

ん~…マッサ、ベッテルに普通に抜かれた。。
なんだかなぁ…。
タイヤの状況もあると思うけど、もっと出来る筈なのになぁ…。。


母国での表彰台フィニッシュが見えてきた43周目ですが、ハミルトンにガス欠になるから燃料セーブしろって指示。
後ろからウェバーきてるけど、仕方ないね。
…あ、あっという間に2秒くらいあった差を詰められて抜かれた。


今回は結構ピットが大盛り上がりでしたねぇ。

28周目にベッテル、アロンソ同時にピットイン!
ベッテル、ピットでもたついてアロンソが先行!!
アロンソ、ハミルトンよりも前でコースに戻って、一気にトップに立った!!
レッドブルは2回目のピットストップ、ベッテルとウェバー2台共ピットストップでもたついたな。
珍しい。

ディ・レスタも23周目くらいの時に入ったピットストップでだいぶ待たされたねぇ。
タイヤが用意されてないとか…母国なのについてないなぁ。
フォースインディアも地元中の地元のレースでこんな失態を演じるとは。

40周目、バトンがピットから出てすぐにストップ!
右フロントまだ締まってないまま出たようです。
締める機械壊れてたから、スペアに持ち換えようとしたらロリポップの人がタイヤ交換終わったと思って、ロリポップを上げちゃった。
ドライバーはロリポップが上がれば出ようとする生き物ですからねぇ。
給油のホースついてても出ちゃう程だし。
ともあれ、バトンがホームグランプリでリタイア。
これは悔しいだろうなぁ。
しかも、バトン1人の責任ではないからなぁ。

そんなこんなで、今回はピットがgdgdしてるけれど、その中でマッサのタイヤ交換にかかった時間は3.2秒!!
これは早い!!


34周目に名言出ました!
若干コースオフ気味のウェバーに「一人で暴れてる」www
「今日のミハエル・シューマッハは許しません」www
まぁ、間接的なのかどうか知らないけど、可夢偉のリタイアの原因かもしれないしねぇ。


さぁ、まだ終わらないのが伝統のイギリスGP!
52周のレースもいよいよ大詰めです!

51周目くらいからベッテル対ウェバーの2位争い、ハミルトン対マッサの4位争い!
ウェバーはテール・トゥ・ノーズにこそなるけど、抜かせない!

マッサはファイナルラップの52周目、終盤でハミルトンに並んだ…!!
…あぎゃあ!!
当たってる当たってる!
ちょ!!
ハミルトンのフロントウィング壊れるくらい飛んでるから!!
で、マッサは最終コーナーでコースから押し出されて遅れた…。。
くそっ、惜しい…!!
もう少しだったのに!!
ナイスファイトだったけど、これは悔しい…!!
是非、マッサにはこの後のレースでは表彰台に上がって欲しい所。
特に、ハンガリー、イタリア、ブラジルでは。


そんなこんなで、アロンソがベッテルを16秒も引き離してチェッカー!!
アロンソ&フェラーリ、今季初優勝!
フェラーリがシルバーストンで初優勝してから丁度60年だそうで、メモリアル優勝だそうですよ!

アルグエルスアリは2ストップ作戦で3戦連続入賞。
コツコツ来ています。


優勝はフェルナンド・アロンソ/フェラーリ
2位はセバスチャン・ベッテル/レッドブル
3位はマーク・ウェバー/レッドブル
4位はルイス・ハミルトン/マクラーレン
5位はフェリペ・マッサ/フェラーリ
6位はニコ・ロズベルグ/メルセデスGP
7位はセルジオ・ペレス/ザウバー
8位はニック・ハイドフェルド/ルノー
9位はミハエル・シューマッハ/メルセデスGP
10位はハイメ・アルグエルスアリ/トロロッソ

ここまでがポイント獲得。

11位はエイドリアン・スーティル/フォースインディア
12位はヴィタリー・ペトロフ/ルノー
13位はルーベンス・バリチェロ/ウィリアムズ
14位はパストール・マルドナド/ウィリアムズ
15位はポール・ディ・レスタ/フォースインディア
16位はティモ・グロック/ヴァージン
17位はジェローム・ダンブロシオ/ヴァージン
18位はヴィタントニオ・リウッツィ/HRT
19位はダニエル・リチャルド/HRT

リタイアは…
ジェンソン・バトン/マクラーレン
セバスチャン・ブエミ/トロロッソ
小林可夢偉/ザウバー
ヤルノ・トゥルーリ/ロータス
ヘイキ・コバライネン/ロータス


フォースインディア、地元グランプリでポイント獲得ならず。

|

« アルプス周辺の先史時代の湖上住居遺跡群 | トップページ | カルパティア山脈のブナ原生林とドイツのブナ古林群 »

コメント

ダルマティアですか...ダルマッカちゃんw

梅雨も明けていよいよ夏も本番なんでしょうかねぇ。
いい天気だけどやっぱり暑い;
おまけに俺の近所一帯で変な虫が湧いてるし...。
俺はいつでも引き篭もってるぜ!w

シロナさんはきっと永遠の20d(r
タブンネちゃんは凍っちゃっても可愛いねw
すぐにブラストバーンで溶かしてあげるからねwwww

ふーむ、抹茶のどういうところが好きって聞かれると
なかなか難しいですが、牛乳とかと混ぜると
その甘みが引き立つところでしょうかねぇ。
ちょっと分り難い説明かもしれませんが;

む、これは失礼、秘伝技を使わずとも
十分に戦える強さはありますな。
しかしトロピウスを見てるとバナナが食べたくなるなぁw
以前にも言いましたが毎日食べているので...ウホッw
今日は特に進展がなかったなぁ。
というか眠いのでずっと寝てましたw
明日から本気出す!!w

では失礼します。

投稿: 蒼蟲 | 2011年7月11日 (月) 17時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブコヴィナとダルマティアの大都市住宅:

« アルプス周辺の先史時代の湖上住居遺跡群 | トップページ | カルパティア山脈のブナ原生林とドイツのブナ古林群 »