« 昌徳宮の建造物群 | トップページ | 高敞、和順、江華の支石墓群 »

2011年7月25日 (月)

慶州歴史地域

「華城」はもう使っていたので、飛ばす。






昨日辺り、某さんはとりもどき収穫祭をやっていたのか…。
…俺、1発でとりもどき当たったとか言わない方が良いかなwww




今日は一日中家に引き籠もり…という訳でもなかったりして。
日が落ちてからですが、近所のほおずき市に行ってきた程度。
うーん、小中学生が多いのは今も昔も変わらないなぁ。

そしてファッションチェックしたかったけど、諸事情により、あまりできなかった。




っていうか、昨日は5時30分になる前に寝落ちしてしまったんだった…。。
起きたら丁度放送終わったであろう、6時だったし…。。

そのまま、デジモンとポケスマ!の録画予約してまた寝直した。
起きたのは正午です、はい。






続きからコメント返信、世界遺産、F1ドイツGP!



コメント返信!
蒼蟲さん:観てきましたよ〜!
いやぁ、だって、気になるじゃないですかw
両方あるんならwww
白ではゴルーグが、黒ではサザンドラが色違いとして出演ですな。
シンボラーさん、割と重要な立ち位置でしたwww
そしてガチャポンでもシンボラーさんwww
空気読み過ぎwww
言いましたよwww>タブンネ
白ではジュンサーさんとムーランドがレシラムゼクロム配信の案内をしてたのですが、黒ではジョーイさんとタブンネが案内してまして。
勿論、大筋の所では内容は変わりませんが、ちょこちょこ科白が変わってたりするので面白かったです。
間違ってない筈だ>越後製菓
谷原さんがポケモン好きだってのはポケスマ!か何かで言ってたんだっけな。
ゴルーグさんマジ頑張ってた!
まぁ、レシラムとゼクロムの戦いはすぐに終わったんですけどね。
デュアルクロスでもう片方を墜落させちゃうので。
大技の応酬は見てて気持ち良いっすw


3DSはいつか買いますwww
…買ってくれても、良いのよ?


マーゴンさんは台風6号についてる名前ですからね。今回、気象庁見に行ったら書いてあったんですが…。
いつも、近付いてくる台風1つ1つについてるものなのかもしれませんね、名前。
気にしてないだけかも。
っていうか、アメリカでは台風ではなくてハリケーンですねw


ホントに言うのかwww
誰を言うかってのはお任せします。
一番、言いやすいヤツでも良いですし。


うわぁ…これは極めて強力な…。。
そしてタスキ持たせてるとかですかね。。
そうしたら強大な攻撃力の餌食になる…;
取り敢えず、厳選お疲れ様でした!
凶悪過ぎる…リーダー…。。


コメント、ありがとうございました〜!






世界遺産!
ネパール!
サガルマータ国立公園!


8000m級の山は14つあって、その全てがここに!
ネパール語で「世界の頂上」を意味するのがサガルマータ。


首都・カトマンズから飛行機でルクラへ。
ポーターに登山の荷物や大きな荷物を持ってもらって…って、一人約30kg…。
で、「エベレスト街道」を行く。
撮影隊は12日かけて終着点を目指すのだそうだ。


6623m、タムセルクという峰が見えた。
「黄金の仏像」という意味。
トレッキングルートは地元の人々の生活に欠かせない道でもあるんだって。
通学路であったり、農作物を運んだり。
で、その地元の人々はシェルパって呼ばれているらしい。
「東の人」という意味だそうだ。
チベットの東から来て住み着いた人々なんだって。
ヒマラヤ登山が始まると、ガイドやポーターとして欠かせない存在になったんだって。

ナムチェバザールへ。
村名は毎週土曜に開かれる青空市が由来だそうだ。
元々は北のチベット高原から運ばれてくる岩塩と南のインドから運ばれてくる米等を交換する市場だったらしい。


世界の屋根、ヒマラヤ山脈。
8848m、エベレスト登場!
ほぅ…160年前に世界一だと分かったんだ。最近だねぇ。
アマ ダブラム、プモ リ、タムセルク、カンテガ…
いやぁ、高くて険しい岩と雪の峰々が。
今では名前が分かっているけれど、19世紀は名前が分からないものが多かったので、イギリス人が測量用につけた通し番号で呼ばれていたんだって。
ネパールとチベットが鎖国してたから聞くに聞けなかったんだろうね。
ここで、ピーク15ですよ。
1852年、インド測量局の技師によってこの峰が一番高いという事が分かったんだって。
それで、測量局初代長官の名前に因んでエベレストと名付けられたんだそうだ。
ふむ、エベレストの登頂を果たしたのはおよそ4000人…。


土石流が集落を襲った跡が残ってる。
倒壊を免れた建物とかあって、何だか痛々しいなぁ…。
ディグ ツォという氷河湖が決壊して、土石流が起こったらしい。
ヒマラヤには大小合わせて9000の氷河湖があるらしよ。
で、地球温暖化で水位が上がってるとか。
決壊が懸念されている氷河湖の1つ、イムジャ湖。
50年前には存在してなかったのに、今じゃ全長2kmっすか…。

湖を堰き止めてるエンドモレーンの厚さが薄くなっていくと、決壊する危険性が高まるとか。
今はまだ厚さがあるみたいだけど、近い将来分からないね。
決壊したらエベレスト街道を飲み込むみたいだし。
3時間後にはルクラ周辺まで到達するくらいのスピードのようだ…。


原始的なヤギの仲間、ヒマラヤタールの群れを発見。
茶色いヤギ達。
あんな岸壁を走りまわったりして、凄いなぁ…。


チベット仏教僧が暮らすタンボチェという村。
エベレスト街道最大の寺院があって、ここで登山家は安全を祈るのだそうだ。
チベット仏教はシェルパの人達の心の拠り所なんだなぁ…。


いよいよ標高4000mの世界へ。
荒涼とした山肌の光景でございます。
こういうとこにも、生き物はいまして。
チベットセッケイってキジ科の鳥が住んでいた。
高山病怖いよね…。


ディンボチェでは登山家やトレッキング客に高山病のレクチャーが行われてるとか。
水を沢山飲むと良いのかぁ。
それで治らなかったら、下山する…というのが基本なのかね。
慎重に考える事が重要なんだ…。
ディンボチェに戻ったらかえって症状が悪化する事もあるし、下山中に死んでしまうこともあるんだって。
高山病ってかなり危険なのかな…。


最後の宿泊地、ゴラクシェプへ。
カラパタールの丘がエベレスト街道の終着点だそうで。
その距離、300m。
登山における300mって凄い大変だよね。
エベレストの夜明けか…。

朝日に照らされた山肌から雪が舞い上がってるのが分かったりして凄い。
雲に隠れてる…エベレストの峰。
それにしても、壮観である。
8000m級の峰ばっかりだもんなぁ、この辺。

山肌を飾る雪の文様、ヒマラヤ襞(ひだ)。
ヒマラヤだから見られる光景なんだろうね。
縦に筋が入ったような表面を見せている。
そして、薄いベールを纏ったエベレストの峰。


次回はいよいよエベレスト登山か!


最後はシェルパの暮らしとヒマラヤの峰。






F1ドイツGP!!

予選が5時半からだった…寝ちゃって。。

取り敢えず、予選の結果だ。
その前に、ロータスはヤルノ・トゥルーリに代わってカルン・チャンドックが出走する事に。
因みに、ヤルノはまた戻ってくるそうだ。

リウッツィは予選前にギアボックス交換をしてグリッド5番降格ペナルティ。今の規約だと、ギアボックスは5戦の間同じものを使わないといけない事になっているけれど、5戦に達していないのでペナルティが科せられた。
これにより、23番グリッドだった所、最後尾スタート。
…の筈だったんだけど、ブエミが16番グリッドを獲得した予選後、燃料違反が発覚したので予選失格。
これでブエミが最後尾スタート。


ポールポジションはマーク・ウェバー/レッドブル
2番手からはルイス・ハミルトン/マクラーレン
3番手からはセバスチャン・ベッテル/レッドブル
4番手からはフェルナンド・アロンソ/フェラーリ
5番手からはフェリペ・マッサ/フェラーリ
6番手からはニコ・ロズベルグ/メルセデスGP
7番手からはジェンソン・バトン/マクラーレン
8番手からはエイドリアン・スーティル/フォースインディア
9番手からはヴィタリー・ペトロフ/ルノー
10番手からはミハエル・シューマッハ/メルセデスGP

11番手からはニック・ハイドフェルド/ルノー
12番手からはポール・ディ・レスタ/フォースインディア
13番手からはパストール・マルドナド/ウィリアムズ
14番手からはルーベンス・バリチェロ/ウィリアムズ
15番手からはセルジオ・ペレス/ザウバー
16番手からはハイメ・アルグエルスアリ/トロロッソ
17番手からは小林可夢偉

18番手からはヘイキ・コバライネン/ロータス
19番手からはティモ・グロック/ヴァージン
20番手からはカルン・チャンドック/ロータス
21番手からはジェローム・ダンブロシオ/ヴァージン
22番手からはダニエル・リチャルド/HRT
23番手からはヴィタントニオ・リウッツィ/HRT
24番手からはセバスチャン・ブエミ/トロロッソ




さぁ、決勝だ!!
…あ、ヤルノだ。
そしてティモとチャンドックのインタビューである。
ティモは母国GPだからねぇ。
チャンドックは今回、ヤルノと代わったからね。


フォーメーション前にパラパラ雨降ってきたとかwww
当然、皆ドライタイヤ。


シグナルがブラックアウト!!
…うぐぐ、マッサが1つ順位落とした…。
可夢偉は17番手からいきなり12番手!

…2コーナー辺りでスピンしたマシンあったけど大丈夫か?
後から知ったけど、多分ハイドフェルドとディ・レスタが接触してたのだろう。
どっちがスピンしたかは覚えてない。黒かった気もするし、白かった気もする…。
まぁ、これでハイドフェルドはドライブスルーペナルティを課せられたらしい。


スタートのリプレイ。
ウェバーはまたエンストしかけたのかwww
ウェバー、スタート割と苦手だよね。
それでハミルトンがトップに立ってたのか。


4周目。
可夢偉はバリチェロを抜いて11番手!
ポイント圏内まであと1つ!
で、何だかんだでポイント圏内フィニッシュしちゃう辺りが凄い。
シューマッハを抜けなかったのは残念だが…。


8周目
アロンソがベッテルかわした!
10周目辺りとか、もうベッテルのペース上がってない。
…と思ってたら、ベッテルが滑ってる
が原因だった。
こういう事もあって、ベッテルは表彰台争いから脱落。
母国で優勝できないベッテルです。
まぁ、母国で優勝って皆、中々できないものなんだけどねぇ。

で、12周目から13周目にかけて、先頭集団でまたしてもバトル!
ウェバーが最終コーナーでハミルトンをかわしたけど、ホームストレートでハミルトンが抜き返したのでした。
いやぁ、面白いねぇ。
まぁ、その後ウェバーがトップになるんだけど。

32周目にハミルトンがピットストップ。
そしてウェバーの前に出た!
1コーナーでミスったけど何とかポジション守ったようだ。
33周目にはアロンソがピットストップ。
ウェバー、ハミルトンの前に躍り出てトップ!
だけど、すぐにハミルトンに抜かれてしまうのでした。
タイヤが温まってないから、皆1コーナーでオーバーラン気味になるねぇ。
それで加速が遅くなって、抜かれる。もしくは、並ばれる。
でも、ちゃんと加速できて、イン側に入ってれば大体は順位守れるかも。

ハミルトンはここから、トップを快走する事になるのです。
ポールポジションからスタートしたウェバーは結局、アロンソにも先行されるというね。


スタートでロズベルグに先行されて順位を1つ落としたマッサだけれど、
12周目のホームストレートエンドで遂にマッサがロズベルグをかわした!
ちょっと接触してるけどね、ようやく抜けたよ…。
これでマッサは5番手!
しかし、ストレートスピードはメルセデスのが上だなぁ…。
並んだまでは良いけど、抜き去れないなんて。。

18周目にマッサがタイヤ交換!
3.3秒…早いぞ!

…とか思ってたのに、またやらかしたのか、フェラーリピットは…。。

60周目、ファイナルラップに入った所でマッサとベッテルがピットイン。
数周の間、すぐ後ろにつけていたベッテルを抑えたままピットインしたマッサ!
フェラーリはタイヤに熱が入り難いけど、ミスさえしなければ順位守れるかもしれない…!!

…って、げげっ!!
ホイールナット見失ったとか…。。
当然、これによってベッテルに先行されてしまい、最終的にスタート時と同じ5位でチェッカーを受けたのであった…。。
あー、マッサの時だけ妙にタイヤ交換のミス多いよなぁ…。。
なんでこうなるかなぁ…。


11周目に母国GPのハイドフェルドがクラッシュ!
ブエミを抜こうとして押し出され、コントロールを失って接触したようだ…。
ブエミもパンクしたけど、こちらは大丈夫そう。

20周目で順位表確認してたら、バリチェロがいつの間にかリタイアしてた。
何がどうなった…。

更に、36周目にはバトンが油圧系トラブルでリタイア。
バトンは2連続でリタイアしていて、ついてない感じ。

41周目にはもうマシンを降りているリウッツィの姿が。
いつの間にリタイアしてたのだろうか。


割とスピンも多いニュルブルクリンクです。
24周目にはロズベルグとのチームメイト対決をしていたと思われるシューマッハがスピンしてコースオフってた。
これで順位を落とし、可夢偉との対決へ入って行くのですね。

31周目にはチャンドックがスピン。
まぁ、チャンドックはニュル初挑戦だけど。
グラベルに突っ込んだけど、戻れた。
グラベルは下手すると動けなくなるから、危ないね。
チャンドックはもう1回、スピンしているようだ。


さて、結果です。

優勝はルイス・ハミルトン/マクラーレン
2位はフェルナンド・アロンソ/フェラーリ
3位はマーク・ウェバー/レッドブル
4位はセバスチャン・ベッテル/レッドブル
5位はフェリペ・マッサ/フェラーリ
6位はエイドリアン・スーティル/フォースインディア
7位はニコ・ロズベルグ/メルセデスGP
8位はミハエル・シューマッハ/メルセデスGP
9位は小林可夢偉/ザウバー
10位はヴィタリー・ペトロフ/ルノー

ここまでがポイント獲得。

11位はセルジオ・ペレス/ザウバー
12位はハイメ・アルグエルスアリ/トロロッソ
13位はポール・ディ・レスタ/フォースインディア
14位はパストール・マルドナド/ウィリアムズ
15位はセバスチャン・ブエミ/トロロッソ
16位はヘイキ・コバライネン/ロータス
17位はティモ・グロック/ヴァージン
18位はジェローム・ダンブロシオ/ヴァージン
19位はダニエル・リチャルド/HRT
20位はカルン・チャンドック/ロータス

リタイアは
ヴィタントニオ・リウッツィ/HRT
ジェンソン・バトン/マクラーレン
ルーベンス・バリチェロ/ウィリアムズ
ニック・ハイドフェルド/ルノー


ハミルトン、今季2勝目!
マクラーレン、フェラーリが徐々にレッドブルを追撃し始めました。
ベッテルのアドバンテージはかなりあるけれど、何処まで差を詰められるか。

スーティル、ロズベルグ、シューマッハ、母国GPで入賞!
ロズベルグとシューマッハはオールドイツチームのメルセデスGPだから、チームとしてもダブル入賞は嬉しい事でしょう!

ロータス、ヴァージン、ダブル完走。
HRTのリチャルドは2戦連続完走。堅実です。

アロンソがウェバーのマシンに乗るF1タクシーが披露されたらしいのだが、地上波はカットされてて見れなかった…。
マシンの燃料が切れたからウェバーのマシンに乗って戻ってきたらしい。

|

« 昌徳宮の建造物群 | トップページ | 高敞、和順、江華の支石墓群 »

コメント

一発で当たったって言葉から察するに
とりもどきってシンボラーのことでしょうか?w
たしかにとり...もどきだw

ほおずき市ってところは若者の街ですか。
そしてファッションチェックw

何か見たい番組があったんでしょうかねぇ。
その時間帯に家にいても
念のために録画しておくといいかもしれません。

買ってくれてもよいのよwってまたまたご冗談をw

あれ?感想文の件もご冗談だったのでしょうかねぇ...。
んじゃ感想いうの苦手ですから気が向いたときにでも。

うむ、リーダーとしては申し分のない能力ですな。
でも個体値も強さを決定する要素の一つにすぎません。
実際育てていて個体値が高かったから
戦いが楽になったってことはないしなぁ。
対戦では数ポイントの差が響くのでしょうが
どちらかというと種族値や性格補正のほうが重要ですね。
ただ俺の場合は自己満足のために高個体を求めているので
妥協せずに頑張りたいです。
...まぁてなわけで今日も厳選...の前に石拾いを
めざめいしを前回使ってしまったので...。
スプレーを100個買い込みいざネジ山へ...。
そうしたらスプレー20個使っただけでめざめいしが...。
こんなに買い込むべきじゃなかった...。
しかし早めに出たのはラッキーでしたね。
そして緑の彼の厳選に...以前の4Vのやつを親にしていますが
なぜか特攻ばかり遺伝してしまうという...。
厳選難易度も♂と♀が均等な分アチャモより高めなようですし。
ここは根気ですな...。
バシャーモは現在Lv82、5匹ぐらい揃ってから
レベル100を目指すのが効率的みたいですね。

では失礼します。

投稿: 蒼蟲 | 2011年7月25日 (月) 16時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 慶州歴史地域:

« 昌徳宮の建造物群 | トップページ | 高敞、和順、江華の支石墓群 »