« カルパティア山脈のブナ原生林とドイツのブナ古林群 | トップページ | シエラ・デ・トラモンタナの文化的景観 »

2011年7月13日 (水)

アムステルダムのシンゲル運河の内側にある17世紀の環状運河地域

オランダの世界遺産!
2010年登録だけど、どうやら抜けていたようです…。






いやぁ、今日は暑かった…。
いや、今日も、か。

それにしても、今日は時間の進みが遅かった感じだなぁ…。
そしてまだ火曜日か…。。





ポケモン黒!
かいていいせきを調べてみた!
文字訳分からん!!

まぁ、チート(攻略サイト)使ってアイテムは全部回収したけどな!!(←
あの文字の内容も見たけど、解釈が色々あってまだまだ謎ですなぁ。


そしてヌオーのモーションは何だか忙しない。


最近プレーリーさん(ミルホッグ♂)が攻撃をきゅうしょに当ててばっかりだから彼だけレベルが67になっちまったよ…。。
捕まえようとして倒しちゃうから萎える(´・ω・`)
かと言って、みねうちは使わない。だって、わざスペース的に入らないもん。秘伝要員兼ねてるから。
いや、大岡(ゴルーグ)とかラムサール(スワンナ♀)もレベル66なんだが…。

ってことで、サザナミタウンを抜けて、スタコラと北上。
カゴメタウン到着。

で、クロバットゲット!
後はモジャンボを捕まえてだな…。
できれば♀アブたんも捕まえたい。
…で、そろそろニョロボンくらい捕まえに行くか。

ジャイアントホールは…最後で良いかな。





続きからコメント返信!



蒼蟲さん:つぼ焼きは美味しくいただきましたwww
片方、結構焦げてたけどwww
何故か煮汁が出なかったんだ…。
もう一つは緑色の煮汁が…。内臓破裂してたみたいな感じ。


ルビサファエメのホエルオーは酷かったですねぇwww
つりざおで釣れちゃうんだもん、あんな大物がwww
まぁ、今回も中々のものですがねwww
砂浜近くでも平気で現れるホエルオーェ…。。
そんなに急激に深くなるのかwww
俺は普通に育てたSapphireでも秘伝要員として活躍してました。
Sapphireのテーマは、「メインメンバーだけで旅が出来るように」でしたので。
トロピウス、見た目も良いんだけどなぁ。。かなり惜しいですね。
エアスラッシュ、グラスミキサー、ソーラービーム、エナジーボール、リーフストーム、リーフブレード、のしかかり、じしん、つるぎのまい、やどりぎのたね…りゅうのまいまで習得しますか。
面白さが更にアップしてますなぁ。
何故か使ってしまうマッギョさん(゚э゚)
そして、間違いなく一番頑張ったのに話題に上がらないオノノクスwww


なぬ…抹茶洋菓子が好きなのか!!
確かに、美味しいですよね。
抹茶とは思えない甘さもある感じ…。


やっぱりwww
そして本気出さないはホントに本気出さないフラグwww


コメント、ありがとうございました〜!

|

« カルパティア山脈のブナ原生林とドイツのブナ古林群 | トップページ | シエラ・デ・トラモンタナの文化的景観 »

コメント

俺はここ最近寝てばかりなので
時間が進むのが早く感じられます。
起きてたら暑さも相まって長く感じられるんだろうなぁ。

海底遺跡ですか、適当に探索しただけだから
アイテムすべて回収してねぇw
少し探索するごとに流されるのがどうも面倒。
文字の内容はまた哲学的なんだろうなぁ
増田部長のやることだからwww

ヌオーは捕まえてないし連れてきてもなかったっけな。
癒し系のくせに忙しないのかw
ミルホッグさん張り切ってるようですなw
捕まえようとしたやつを倒されて
さらに「どや!」的な顔されたら腹立つwww

クロバットにもジャンボも野生で出るんですね。
まさにレアポケのバーゲンセールw
進化用のアイテムといい(プロテクターなど)
世代が変わるとポケモンの価値もだいぶ変わりますね。

トロピウスはりゅうのまいまで習得しますか。
げきりんも覚えるみたいですし見た目通り
ドラゴンタイプを意識した技が多いようですね。
使い勝手は別として...。
キマワリみたいにトリパでサンパワーを生かすのがいいのかなぁ。

おお、ごめんよ、オノノクスw
まぁ彼の実力は分りきっているので
あえて言葉にはせず...w

というわけで今日も寝ておりましたw
今日の夜中から本気出す...www

そうか、明日はスタフォ643Dの発売日か。
声優が変わったりしてて不安なところもあるけど
名作のリメイクだしきっとよく仕上がってるはず...。

では失礼します~。

投稿: | 2011年7月13日 (水) 21時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アムステルダムのシンゲル運河の内側にある17世紀の環状運河地域:

« カルパティア山脈のブナ原生林とドイツのブナ古林群 | トップページ | シエラ・デ・トラモンタナの文化的景観 »