« ネスヴィジにあるラジヴィウ家の建築的・居住的・文化的複合体 | トップページ | ブリュッセルのグラン=プラス »

2011年2月 7日 (月)

ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺(エノー州)

「シュトルーヴェの測地弧」はもう出したので、ベラルーシの世界遺産シリーズ終わり!
ベルギーの世界遺産シリーズへ!

「フランドル地方のベギン会修道院群」はもう使ってたので、割愛。






今日も寝過ぎた感…。
午前中に起きれてない;

…ってことで、学校へ。
どーせ研究室に誰もいないんだろうと守衛さんに鍵を借りに行ったら、案の定鍵があったので、誰もいなかったようだ。

それにしても、他研究室の明かりが殆ど消えているwww
確認できた範囲では1つだけだったwww


ってことで、まず飯にアイダホ食ってからパワポを直す作業。
いやぁ、俺の仕事の遅さにはもうホント…ね…。。


そしたら休日出勤きたー!
思わず駄弁ってたりして。
流石に、今日は人が来るね〜。
それでも少ないけれど。

ホントは早く帰ろうと思ったけれど、思わずずるずると…。
帰ろうと思ったら雨降ってたしwww

折角なので、壊れてしまった先代(約10年使用)の後継者となる折り畳み傘でも買おうと思ったのだが…意外と高くて思わず普通の傘買っちまったwww
普通の傘って、まぁまぁの強度があるビニール傘でも500円台だけれど、折り畳み傘って1000円超えるんですね…\(^O^)/

普通の傘、家に結構あるんだよなぁ。
まぁ、ファスナーが閉まらなくなった鞄の中身(本やら落書きした紙やらがいっぱい入ってる)が濡れるのだけは嫌なので買いましたが…。


そんな訳で、今日も色々やれてない事が出てきたよっと…。






続きからコメント返信、世界遺産!





コメント返信!
蒼蟲さん:ありがとうございます!
…まぁ、最終的にはちゃんと喋れるようにしないといかんのですが、ね。。


今回の飲み会は先生自身が「軽く」って言ってましたのでw
まぁ、それにしても食べるのメイン過ぎでしたけどねwww
…それにしても、ビールも1杯くらいは飲めた方が良いんだろうけどなぁ。。
レッドブルのおかげで、微炭酸は結構飲めるようになってきましたが、普通に炭酸バリバリなのはまだまだ対処法が見えない…。


早く寝ようと布団に潜った日に限って、中々寝れなくて何時間もゴロゴロするハメになったりとかねw
…そういうのって、対処法あったんですかwww
そういや、ホットミルクを飲むと良く眠れるとか…。


コンビニは熱唱する所じゃないので、あくまで口パクでwww


今回、インフルで学級閉鎖ってあまり聞かない気がします。
…ただニュースを観てないからだったりして?


はい、オノノクスは105kgありますwww
ボーマンダより重いですねwww
ってことで、ボーマンダはズシーン!しないっぽいですねぇ。102kgだし。
サナギラスは重いですよねw
なんだろう、この裏切られた感…www
浮いてるイメージがずっとあったのに…っていうか、グラフィックで浮いてるようなのあった気がするけれど、気のせいかな?
あんな尻尾の先っぽで接地するのに、ズシーン!とかwww


コメントありがとうございました〜!






世界遺産!

クロアチア!
ドゥブロヴニク旧市街!!
ヨーロッパでも屈指の観光地ですねぇ。

子供達が必ず学ぶ標語があるんだってね。
「いかなる黄金をもってしても自由を売り渡してはいけない」
…グッとくる標語だと思う。
この標語、良いよなぁ。。


うわぁ、綺麗な街並み・景色だ…!
流石は観光地。
で、猫、可愛い!!


いやぁ…それにしても、美しい光景。
あの白い城壁…素敵だ。

ふむ、港を1つにして海からの侵入に対抗できるようにしていたんだね。
城門も4ヶ所のみ…まさに要塞。
あら、元々は岩場だったのか。


おぉ、近郊ではザクロを栽培してるのか。
…ふむ、旧市街は車の乗り入れ禁止なのね。
城壁の外から物資が運ばれる生活…いやぁ、趣がある。

路地裏…ってか、坂多いな!
おばあちゃん、あんな急な階段上るの大変だろうに…。
まぁ、慣れてはいるんだろうけど…。


ほほぅ、元々は小島だったんだねぇ。
危険がなくなったから、海を埋め立て今の形になったんだね。
飲み水を確保する為に、16km離れた山から水を引いてきたのか!
カゼルタの王宮もビックリだね!
…と思ったら、あっちは40km先から水を引いてた。


郷土料理ポパラ。
すっげぇ美味しそう。
それにしても、あの陽気なおばちゃんシェフ、アドリア海の女王と呼ばれるカサゴの仲間を豪快に切ってるなwww


銅像の鐘突きが鐘突いてた。
こういう鐘楼ってヨーロッパには結構あるのかな?

ふむ、陳列棚と入り口が一体化してる店構えは確かに珍しい。
そして入り口は狭めなのだな。


ほほぅ、オスマン帝国から取引の許可貰っちゃったんだね。
まぁ、外交得意じゃないとあの時代は生き抜けないだろうなぁ。

貿易や取引で得た巨万の富は市民の自由を守る為に使ったのか。
裕福な商人が総督になっていたらしいけど、任期は1ヶ月、しかも泊まり込みで報酬ゼロってのが良かったんだろうね。
1人が権力を長く保持できないように、市民から不満が出ないようにって措置だったのだろう。

ほほぅ、国から雇われた医者は患者から報酬を受け取っちゃいけなかったと。
これも市民が不満を持たないようにする為の措置だったんだろうなぁ。
で、医者は国から金を貰って生活していたのかな?
医者だって国民だろうから、医者に金をあげるってのは普通の筈だけど。

…薬局があったのかwww
ヨーロッパで最初に出来た薬局の一つだとか。
礼拝堂の中庭で薬草育てたりとか、医療方面にも力を入れていたようだね。


初めは旧ユーゴスラビアの世界遺産として登録されたのね。
クロアチアが独立を宣言したら、ドゥブロヴニクも攻撃を受けたのか…。
世界遺産も攻撃するなんて…。

あぁ、綺麗な町並みが砲撃を受けてる…。
更に、背後にある山のロープーウェイの駅がボロボロ…無惨だ。
山の斜面にゴンドラが横たわってる光景は寂しさが漂う。

そんなロープーウェイが復活したのか!
ゴンドラも駅も凄い近代的になった。
駅にはクロアチアの国旗がはためく。

それにしても、アドリア海が綺麗だなぁ…。


展望台からのパノラマがまた素晴らしいな!
ゴツゴツした岩場の向こうにある鮮やかな朱色の市街、そして海…。
いやぁ、凄い。
景色が良過ぎてもうバッチリだね!


最後は美しい海に船が行く
…ゴロンゴロンしてる猫様www
これは良いwww
そして路地裏である。


次回はインカスペシャルか。
ペルー、ボリビア辺りの
クスコ、カラル、ナスカ、ティワナク等々
が取り上げられるんだね。

|

« ネスヴィジにあるラジヴィウ家の建築的・居住的・文化的複合体 | トップページ | ブリュッセルのグラン=プラス »

コメント

人がいないのはそういう時期なんですかねぇ。
分かってても寂しいですね。

アイダホ二個目ですかw
俺は昨日ビッグマックをwwwなんか無性に食いたくなったのでw

そっちの方は人がたくさんなんですね。
いや、少ないと?どっちだw

10年間も使い込むとは...傘も幸せでしょうなぁ。
普通の傘買っちまったってwww
折りたたみは汎用性がある分高めですな。
特に特別サイズがでかいやつは普通にはあまり売ってないと言う。

ああ、ビールも一応炭酸ですからなぁ。
俺はキリンレモンとか割と強烈なやつが好きですが
コップ一杯一気には飲めないので二回ぐらいに分けて飲んでます。
それでも結構痺れますけどねw
レッドブルwあれは微炭酸だったか、強そうなイメージがあるがw
最近機会がないから飲んでないなぁ。

ガブリとマンダをセットで出して
片方だけ「ズシーン!」ってなったら違和感があるので
両方「ズン!」でよかったかな?
いや、両方「ズシーン!」の方が重量感があっていいのですがw
両方とも浮遊して登場した方がかっこいいかな?w
しかしマンダは飛べるのでともかく
ガブリは前進してないと浮けないっぽいので無理かw
カイリューは重量級なので普通に「ズシーン!」ですねw
バンギラスやメタグロスは言わずもがな。
サザンドラは...浮遊なので浮いてますな。

ぬこがゴロンゴロンwww
俺も一緒にゴロンゴロンしてぇwww

んじゃ、そろそろ失礼します~。

投稿: 蒼蟲 | 2011年2月 7日 (月) 20時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺(エノー州):

« ネスヴィジにあるラジヴィウ家の建築的・居住的・文化的複合体 | トップページ | ブリュッセルのグラン=プラス »