« トカイのワイン産地の歴史的・文化的景観 | トップページ | スオメンリンナの要塞 »

2010年12月20日 (月)

ラウマ旧市街

フィンランドの世界遺産シリーズ。







おぉ…ポケスマ!の最後の方だけ見た後、寝てしまったようだ。。
パソコン点けてたのに…。

そして、またストーブ点けっ放しだった(´・ω・`)
起きたら喉が大変な事になってたよ\(^O^)/
つーか、起きたら午後3時とかwww
取り敢えず、学校行ってきた。


まぁ、今日は他研究室の友人とゲームをやる為だったんだけどね。

ってことで、WiiのF1 2009をやるのでした。
まぁ、アンチホイールスピンだとか走行ライン上に緑のラインが描かれる機能だとかコーナーの前に来ると矢印でお知らせしてくれる機能とかのドライビングアシスト機能はONにしてあるのですが。
ブレーキングポイントに来ると自動的にブレーキしてくれるし、緑のラインが赤くなるから分かり易い!
しかも、緑のラインの近くにいる時はちょっとリモコンを傾ければタイトなコーナーも曲がってくれるしね。…たまーに融通利かなくてウザいけどw
衝突時に減速してダメージを多少和らげる機能もあるし。

ついでに、オートマにしてあるからギアチェンジも自動(←
やっぱり、融通利かない事もある。

パーツの破損やらガソリンの減りやらはありにしているので、タイヤが壊れたりエンジンが煙り吹いたり、フロントウイングが丸ごと外れたり、フロントウイングやリアウイングが壊れたり、ガス欠になったりってのはある。
天候も変化するようになっているけど、晴れの時は基本的に晴れ。通り雨とかはないね。
曇りの時は大抵は雨が降る。降ったり止んだりする事もあるけど、曇りのままってのは中々ないなぁ。

後は…レギュレーション違反したり、他車にぶつけた時のペナルティの審査は緩めに設定しておいたり。
というのも、コース幅が実際のコースより狭いっぽいから。
ピットレーン出口からコース上にラインが引かれている事があって、ピットアウトしたマシンはそのラインを越えてはいけないのだが…狭いから良くはみ出すんだよなぁ。
後は、緑の走行ラインが近くにある時、マシンがそれに吸い寄せられて近寄ろうとしちゃうので、はみ出すコースがある。
これ、やっちゃうとペナルティ喰らうからなぁ。
緩めの設定だとスルーしてくれるので、緩めにしてあるのでした。


さて。
他研究室の友人は前にPSPでF1をやってたみたいだけど、Wii版は初めてだから操作に慣れてない訳だ。
って事で、まずはクイックレースモードで練習をば。

…いや、このゲーム、プラクティスモードないんだw
グランプリウィークエンドモードならプラクティス1、プラクティス2、プラクティス3、予選1、予選2、予選3、決勝とできる。
マシンのチューニングも出来るし。

でも、まぁ、今回はそこまでがっつりやらないし…って事で。
今思えば、グランプリウィークエンドモードのプラクティスセッションを使う事も全然出来たよなー。
つか、プラクティスの方が一度に走るマシンが少なくなるから、楽だったかなーと。

で、コースはマレーシアのセパン。
雨降ってなくて良かったなぁ。
しかし、めちゃくちゃになったwwwまぁ、当たり前だなwww
最初なんて、そんなもんだwww
その次にイタリアのモンツァ。
ある程度慣れてきた所で、2人でクイックレースモードをやる事にしたのでしたっと。

走ったのは…
オーストラリアのアルバートパーク、中国の上海、スペインのカタロニア(2回走った)、モナコのモンテカルロ、スペイン(ヨーロッパGP)のバレンシア、モンツァ、シンガポールのマリーナベイ、日本の鈴鹿、アブダビのヤスマリーナ
か。


俺は、まぁ…いつも通りに走れれば楽勝な訳ですが。
今回はスタート直後に接触してフロントウイングにダメージを負う事が多かったなぁ。
マシンの各パーツの状況を示す絵でウイングが黄色く表示されてる時は最初のピットストップまで粘る事が可能だけど、オレンジや赤になったらすぐにピットインしないとまともに走れないからな。
しかも、他車に結構な勢いで接触するとドライブスルーペナルティか10秒間ストップしないといけないストップゴーペナルティを喰らう事になるしな。
大抵はスタートして間も無い頃に起こしちゃうから、一気に最下位とかになる。
すると、CPレベルをEASYにしていても、先頭に追いつけないままチェッカーになるんだ。
周回数はそのコースを周回する本来の周回数の25%しか走らない設定にしていたからね、周回数が足りなくて追いつけないw
先頭のマシンはかっ飛ばすからどんどん後続を突き放すんだよなぁ。だから、あまり長い事先頭にさせたままだと2番手まで上がってきた頃には30秒以上突き放されてて、残り周回数も少なくて、って感じ。

…まぁ、そういうレースでもポイント圏内である8番手以内には入っていたけどね。

モンツァでのレースでは、先頭を快走してたんだが…ファイナルラップの最終コーナー前のストレートでフェラーリのチームメイト、ライコネンに思いっきり追突してペナルティ喰らったしなぁ。
そのままチェッカーを受けたが、ペナルティを消化しなかったからタイムに加算されて最終的に3位に落ちたんだよなぁ。
雨のバレンシアではガンガン接触してフロントウイングを痛めたなぁ。
まだ軽い方の接触だから警告だけで済んでたけど、イレギュラーなピットストップとかあったから順位落としまくったよなぁ。
しかも、まだ周回数が多いのにエンジンが煙吹いたからな。
しかも、タイヤ交換のタイミングも晴れの時を想定してたから慎重に走らないと壁にぶつかったりコースアウトしたりする。
2番手になった時には先頭のレッドブル、ベッテルは遥か彼方w
全然追いつけないwww
チェッカーを受けた時は30秒後半くらい離されてた…ってか、3番手のレッドブル、ウェバーがすぐ後ろにいて吃驚したわw

そういや、アブダビではエンジンブローでリタイアするマシンがめっちゃ多かったなぁwww
5、6台くらいはリタイアしてたが、あれはどうしたんだwww


友人の方は、やっぱり最初は酷かったね。
まともに走れないから、マシンがすぐにボロボロ。
ピットアウトしてすぐにコースオフ、壁に激突とかしてすぐにフロントウイングをダメにしてた。
マシンの各パーツの状況を示す絵を見たら、2つのウイング、3つのタイヤが完全に壊れた事を意味する赤色になってた事もあるしwww
操作に慣れてないとかダメージを受けてまともに走れないとかでフラフラと蛇行運転したり、コースのレイアウトが分からなくてコースオフしまくったりで何回も周回遅れにされたりね。
周回遅れ時には後ろからマシンがくるからコースを譲れっていう意味の青い旗が表示されるのだが、それをガン無視したり、マシンが言うことを聞かない状態で譲れなかったり、後ろから来たマシンに接触してスピンさせたりとかしてたから、どんどんドライブスルーペナルティが蓄積されていくんだよねwww

だから、先に発令されたドライブスルーペナルティを全部消化しないとピットストップできなくて、マシンにダメージがある状態でペナルティ消化→コースへ→コースで大暴れ、またペナルティ追加→ペナルティ消化…ってやってるうちに、ガス欠でリタイアしたりwww
これはシンガポールだったな。

後は、上記の蛇行とか他車との接触とか青旗無視とかが多過ぎて危険走行と見なされて黒い旗を出されてリタイアさせられたのが幾つかwww


流石に、段々慣れてきてはいたけどね。
途中でCPレベルをEASYに変えた訳だが、それでも最下位ではあった。
だけど、スタートから暫くは中々良く走っていて、1桁の順位だったりした事もあったなぁ。
油断してフロントウイングをぶつけてそこからgdgdになる訳だけどw
すげぇ蛇行してる事があるから、抜かす時めっちゃ怖いwww
マシンが正常な時でも、ストレートを真っ直ぐ走るのがちょっと苦手だったようだ。リモコンを傾け過ぎちゃうんだよね、きっと。
それと、ペナルティもそこまで上積みされなくなってきたので、ちゃんとピットインできるようになったりとか。
なので、ここで補給できなかったらガス欠でリタイアって場面でピットインできて燃料補給出来たことが2回くらいあったっけなぁ。
ピットレーン入り口の場所が分かり辛かったりするとgdgdになるけど、しょうがないね。そして相変わらず、ピットストップしてすぐにフロントウイングにダメージを負うのは多かったw

まぁ、そうやって段々慣れてきて、最初は先頭でチェッカーを受けた俺に6回周回遅れにされてたりしてたけど、一番最後にやったカタロニアでは3回にまで減った!
今年のF1新規参入チームがたまーに3回周回遅れに去れてた事があったから、それに近いね!
俺もそこまで大きなミスはしてなかったし、普通に走ってた訳だけど、3回まで減ったのは凄いと思った!
結構gdgdしてたけど、少なくとも、今までで一番良い走りだったんじゃないかな。


ってな訳で、非常に面白かったです。
普段は1人でやってるから、2人でやるのも面白いと思うのでした。






続きからコメント返信、ポケモン絡み!




コメント返信!
蒼蟲さん:テンプレによって、しばしば重なるものがあります。
まぁ、説明の部分は本来、サブタイトルを書く用途で使われるので、そこまでテキストエリアが広くないものがあるのでしょう。
テンプレを改造するしかないですねぇ。
できないですが。


電波塔としては世界一でしたな。
世界一の建造物はドバイのブルジュ・ハリファですな。
…うん、いたちごっこだと思いますw
グッズも気合い入ってるでしょうねぇ〜。
マスコットキャラも出来てたし。
箱の長さは7、80cmって所でしょうかね…。
かなりでかかったです。
組み立て式なのか組立済みかどうか分かりませんが、後者であれば大体それくらいの大きさになりますねぇ。貯金箱としてもでかいです。。


ってことで、マメパトでした。全部普通な感じでしたねぇ。
で、キバゴが生まれたって報告があったので…ベストウィッシュの3人の手持ちって事でしょうか。
だとしたら、残りはデントのヤナップかイシズマイ…。
アニポケのタマゴはヨーテリーに見えますが、ムーランドって何かゲストポケ的な感じがする。。
マックwww何気ネタバレ?www


むぅ、難しいですなぁ。
まぁ、ファルコンは分かるw
フォックスの守備が堅いってどういう所から固いイメージなのか訊きたいですw
ふむ…ヨッシー、タマゴを投げるくせに肩は弱めなのか。。
…ミートってジャストミートのミート?
そしてエラーしまくりそうなファルコンさんwww


あら、読んでないのですか?
是非、見てみてくださいw
フウロちゃんは合ってるかもー。胸大きいからコトナ姉さんとの共通点もある。
カミツレさんって感じはしないけど、あの人のセンスはぶっ飛んでるよなぁ。
今回、プラズマ団が出てくるのが遅いですねw
シッポウシティ入ったし、そろそろ出てくる頃かな。


コメントありがとうございました〜!






ポケスマ!を観ておった。
しょこたん、バトルで負けたねぇ。
自らのミスで負けてた訳だけど。
オノノクスのかたやぶりでシビルドンにじしん貫通してるし。。
…くさむすびは交代読みか。
ドレディアさんのはなびらのまいがムーランドに当たらなかったのも痛いんじゃないかな。
シャンデラさん、かえんほうしゃ辺り覚えてなかったのかなぁ?
まず、ジャローダをかえんほうしゃで落として、ムーランドにオーバーヒートすれば良かったかと。
一撃で倒せない場合でも、2回目で倒せそうだと思った。オボン辺りで回復したみたいだからなんとも言えないが。
で、実際は後1回攻撃のチャンスがあったから、2回オーバーヒート撃って残っても、そのチャンスでオーバーヒートかエナジーボールを撃てば倒せた筈。



せうか、キモリか…。
かるわざキモリか。
…それにしても、キモリのモーション、なにげに可愛いな。
そして♂だからタマゴで増やせない…。

そういや、タマゴから孵ったマメパトは♀で、とくせい「きょううん」でした。
がんばりや/ちょっぴりみえっぱり
覚えてる技はでんこうせっか、かぜおこし、エアカッター。
遺伝してるってより、サトシのマメパト的なわざ構成なのかな。
っていうか、まさか…3つしか覚えてないの?

|

« トカイのワイン産地の歴史的・文化的景観 | トップページ | スオメンリンナの要塞 »

コメント

またストーブ付けっぱなし!w いかん危n(ry
喉を痛めてしまったと...こういう時は水分をよく取るといいのかな。

おお、F-1のゲームだけあって書き込みが半端ねぇ!w
友人さんはPSPでもやっていたと
F-1好きの人が多いのですねぇ、趣味の同じ人が近くにいて羨ましいw

なんとキバゴが...。
序盤にいきなりキバゴがゲットできてしまうのですか!?w
でも進化が遅いから序盤は意外と他と大差なかったりして。
将来性は抜群ですけどねw
残りはイシズマイかヤナップ...。
ポカブを選んだ人にはヤナップはあまり嬉しくないですな、一匹手に入るし。
てかデントがいわタイプを持ってるのは
タケシの後任だからなのかw

野球における守備は捕球の上手さだったり
守備範囲だったりいろいろあるんでしょうけど。
パワプロの場合は守備は守備動作の早さが主ですね。
守備範囲は走力に依存するのかな。
フォックスは回避行動も早いですし送球動作も早いんじゃないかなと。
逆にモーションの大きいファルコンは球は早いけど
投げるまでの動作そのものは遅めなんじゃないかと。
ミートはミートカーソル(打つときに出るカーソル)
の大きさの事でこれが大きいほど打ちやすいですね。
Gだと物凄く小さいので強振推奨w
パワプロの場合能力がE~Dあれば十分戦えるので
エラー回避がEだからと言って頻繁にエラーするわけでもないですな。
ましてや外野手ですし、内野ほど危険な打球も来ないでしょう。

読んでみましたw
酒とスキューバが趣味とは...その時点でぶっ飛んでますなw
おはスタに出たことがあると...全然記憶に無い;
酒が絡むと凄い事になるのですなw
...なんと言う百(ry

んじゃ、そろそろ失礼します~。
さよなら~。

投稿: 蒼蟲 | 2010年12月20日 (月) 21時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラウマ旧市街:

« トカイのワイン産地の歴史的・文化的景観 | トップページ | スオメンリンナの要塞 »