« メキシコの世界文化遺産、古代都市パレンケと国立公園 | トップページ | ウルネスの木造教会 »

2010年12月 7日 (火)

トロイの古代遺跡

トルコの世界遺産シリーズ、終結。







昨日は早く寝たからか、今日は比較的体調が良好でした。
…まぁ、早く寝たって言っても、就寝できたのは4時前だと思いますが。
いや、3時半くらいの地震の時にまだ微睡んでいる状態だったので。


昼頃起きましたが、取り敢えず学校へ。
進んだような進んでないような…ですが、まぁ、ちびちび進んではいる、研究。


先生のマレーシア土産の干しマンゴー美味しかったです(^q^)
ヤシの実の羊羹っぽいやつは賛否両論でしたが。
俺はあまり好きな方じゃなかったなぁ。
あれば食べちゃうけどwww


後、今日はテレビを買っちゃうのでした。
母同伴でしたが。

うちのテレビ、画面がマゼンタとか赤とか白っぽくなったりして変色するうえに、そういう時にチャンネルを変えると暫くブラックアウトしたままになるので。
1時間以上ブラックアウトしたままとかの時もあるし。
オチオチゲームも出来ないし、ビデオも見づらいから不便だったんですよねー。
母もドラマを観る時に不便だったしね。
ってことで、うちのテレビはLEDになります、再来週くらいに。





そういや、中国が甘草の輸出制限をしているらしいね。
甘草は中国が最大の産出国らしい。
で、日本で販売されている漢方薬の約7割に欠かす事が出来ないものらしい。
で、輸出制限でヤバいじゃん!
と思っていたが…日本国内で生産する体制が整ったらしいよ。

それにしても、おにぎりとかの甘味料で入ってる甘草を含めると、相当な量が必要だと思うけど、どうなんだろう?
食品に入ってる甘草と漢方薬に使う甘草は用途別に分けられてるのかな?
そんな事はないと思うが…。

甘味料で入れる量なんてほんの少しだろうけど、それが全国に出回っているので相当な量が必要となる筈なのだが。


ともあれ、国内で生産できるとなれば、国産のリコリス菓子とかルートビアみたいなのとか出てくるかも!
もっと身近になるのかな!
wktk!


…としてみる所存であります。
まぁ、リコリス菓子とかは欧州に生えてる種類の甘草から作られてそうだけどね。
甘草って言っても、種類は結構あるみたいだから。
欧州のお菓子会社も中国からの輸入に頼っていれば話は別だが。





続きからコメント返信!




蒼蟲さん:いえいえ、急なオファーでしたが、ありがとうございました!
はい、体調が悪かったですw

まぁ、話の流れ的に、表に出しました。
表が凄く短くなりますし、ね。

マイクオンの時、咳する声とか聞こえてたのかなー?とか思いつつ戦ってました。
体感的には、大きく負け越したような感じですw
いえ、こっちがあまり上手に戦えなかっただけですから気にしないでください。

はい、対戦しましたw
そうですね、強い虫がまた増えましたよね。
さて、どの某虫さんでしょうねw
ヒント:うちのパーティには虫さんが2人います。
交代で出てきた虫さん2人に関しては…モグラのなだれで1人が一撃離脱、もう1人は耐えたけど、続く猛禽類のなだれで離脱されました。
その頃はまだ行けると思っていたのですが!
結果は負け。
むぅ、難しいですなぁ。
妖艶な子も…さぁ、誰でしょうねwww

わぁ、ありがとうございますっ!!><;
そちらも体調の悪い時は無理しないでくださいね?(´・ω・`)

それでは、コメントありがとうございました〜!

|

« メキシコの世界文化遺産、古代都市パレンケと国立公園 | トップページ | ウルネスの木造教会 »

コメント

体調がよくなったみたいでよかった。
地震があったと?; ここら辺は揺れなかったのかなぁ
全然気がつかなかった。

干しマンゴー美味そうですねw
昔干したアプリコットを一袋丸ごと食べて
腹がえらいことになった事がありましたw

おお、でかい買い物w
うむむ、それは買い換えたほうがいいかもしれませんね。
俺も地デジ対応のやつを買ってもらったのですが
何故かいまだにアナログのやつを使っているというw
ゲーム専用機にしようかなぁとか思ったり。

流れ的にw
ふーむ、答えは言ってくれないのですか。
でも虫は確かイワパレスとペンドラーだけだったかな。
ドリュウズも活躍できたようですな。
ポテンシャルは高いポケモンなので
使い慣れてくれば必ず活躍してくれる...と勝手に思ってますw

んじゃ、そろそろ失礼します~。

投稿: 蒼蟲 | 2010年12月 7日 (火) 21時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トロイの古代遺跡:

« メキシコの世界文化遺産、古代都市パレンケと国立公園 | トップページ | ウルネスの木造教会 »