« サンマリノ歴史地区とティターノ山 | トップページ | アイスレーベンとヴィッテンベルクのルター記念建造物群 »

2010年11月 9日 (火)

メッセル採掘場の化石発掘現場

さて、寝たのが朝だったから…後は分かるな?

よく3時に起きれたものだ。

取り敢えず、学校へ。
まぁ、ほぼ何もしていないに等しいんだけど。


うち、テレビを買おう!な流れになっているので、学校の近所の家電量販店に見に行ったのですよ。

…いやぁ、難しいね。
そしてどれもこれも奥行きが薄くて面白いwww






続きからコメント返信!

味気ないから、今の所出来ているポケモン黒の設定でも置いて行こうかな。
何度か編集し直しとかしてるから、前と同じってのはあまりない筈。





コメント返信!
蒼蟲さん:はい、5時前でした…w
実はですね、終わるのが若干早まってるのですよ…(´・ω・`)


黒人気だろうなぁってのは薄々感じてましたが、やっぱりそうなりましたね。
攻略ガイドの売り上げにも現れているようで。
…まぁ、周囲は女性でも黒ばっかですがwww

はい、色モシたんは無事に嫁ぎました!
えぇ、♀ですよ〜。まぁ、♂でも嫁がせるって言っちゃうのでアレですがw
金の時代から色違いにはまぁまぁ恵まれているような気がしますw
とくせいはほのおのからだでしたがw


薬は仕方ないとして、運動してないのはいけませんなぁ〜www
まぁ、俺も最近は人の事が言えませんが!!
ふむ、俺は運動能力が低いと思ってましたけど、体力測定とかやると大体平均くらいでしたw


ニトロチャージ!
ゼブライカが使うと、ケツから噴出しているように見えるらしいという…。
スピード上がるから地味に嫌らしいなぁwww
そして嬲り殺しとか…www
そろそろ会員から苦情が来ても良いレベルwww
守る会じゃないですよwww草むら揺れたら倒しに行きますしwww


そういや、ディアボロのお味はどうでしたか?


コメントありがとうございました〜!









相変わらず、情報量が多い。


ダイケンキ♀/ジュノー Lv.50
がんばりや/まけんきがつよい
Lv.5のときカノコタウンでであった。

カノコタウン出身。
やたらと元気の良いメンバーを束ねる(?)黒軍のリーダーな22歳。
ちょっと筋肉質だが、基本的にスタイルは良い方スタイル的にはSapphire軍のジュカイン♀、ラプトルと似たような感じ。
チームメンバーによって日々引き起こされる様々な事件や事故を頑張って処理している苦労人。基本的に可哀相な人だが、堪忍袋の緒が切れると持っている剣で滅多切りにして成敗する。表面上はそう見えないが、物事に対するひた向きさとキレた時の凄みによって裏ではしっかりパーティの実権を握っている。どう見てもメンバーに振り回されてるようにしか見えないが。
どんな事に対しても負けるのが嫌いで、プライドは高い。因みに、身長やスタイルで負けてると凹む。
なんでも食べるが、元ラッコなのに貝類は食べず嫌い。
そして料理は致命的に下手。頑張って練習中だが、完成品のゲテモノを食わされるので、メンバーからしてみれば迷惑極まりない。 
バトルでは持っている剣による華麗な剣捌きが見れる。尚、彼女のシェルブレードは108式まであるとの噂。
ニックネームの由来はアメリカ・アラスカ州の州都、ジュノーから。


ミルホッグ♂/プレーリー Lv.50
うっかりや/しんぼうづよい
Lv.4のとき1ばんどうろでであった。

1番道路付近に住まう小さな村落の出身。
黒軍のへたれ副リーダーな25歳。
鋭い目つきをしているが、童顔で痩せ形で低身長。そして目の上辺りのペイントがケバい。
なんだかんだでジュノーにも扱き使われるので、一番可哀相なポジション。それでも持ち前の辛抱強さで今日も必死に事後処理に追われる日々。うっかり傷口を広げてしまい、更に事後処理の量が多くなったりして涙目になる事もよくある。
チームメンバーには名前ネタで玩ばれる。よくイタズラの標的にもなっていて、これまたよく引っかかる。
原形の尻尾を模した杖的な何かが武器。しかし、いあいぎりの他に用途は先端のふさふさでかけるさいみんじゅつくらい。どっかの猿が持ってるやつみたいに伸び縮みはしない。
細身だが、かいりきを使う事によって力が強くなる。
野菜大好きベジタリアン。植物を育てる事が趣味で、よく種やら苗やら花やら葉っぱやら茎やらに話しかけている。その様はちょっと異様で怖い。
ニックネームの由来は北米にある温帯土壌、プレーリー土から。そこに棲むプレーリードッグともかけている。


レパルダス♀/シャロン Lv.50
がんばりや/かんがえごとがおおい
Lv.5のとき2ばんどうろでであった。

サンヨウシティ出身。
責任感の強い、頑張り屋な苦労人の18歳。
スレンダーなモデル体形で、しなやかでとても柔らかい身体を持つ。
ほぼ初期からのメンバーで、ジュノーの良きサポート役。苦労して育ったからか、一人の時は暗い表情をして溜め息をよく吐く。ちょっとしたきっかけでメンバー入りする前の事や責任感の強さからくる悩み事などを考えて負のスパイラルに陥るが、最近は仲間達がいるから笑顔が多く見られるようになってきている。メンバーによって引き起こされる気苦労はジュノーやプレーリー、文京と分かち合っているし、相談役のヤヴェシ(ローブシン♂)もいるから平気。
現在はモデルとして活躍中。以前からカミツレさんに憧れていたが、こうしてモデルになれたのは彼女が頑張ったからである。
バトルになると素早く、軽やかな動きで相手を翻弄し、鋭い爪状の武器で切り裂く。
猫だけに(?)、魚とか肉とか大好き。猫舌なので熱いものが苦手。
ニックネームの由来はフランス・ブルゴーニュ地域圏にあるシャロンから。因みに、シャンパーニュ=アルデンヌ地域圏のマルヌ県にある県庁所在地にもある。


バオッキー♂/ボルネオ Lv.50
まじめ/あばれることがすき
Lv.10のときゆめのあとちでであった。

メンバーに加わったのは夢の跡地だが、出身はシッポウシティ。
気だるそうな顔とラフな姿をしているが、根は真面目な「良い人」である20歳。
身軽に動き回る割には結構がっしりした体形。見た目通り、力は強い方。ちょっと癖っ毛。
20歳の割には考えがしっかりしていて、非常に率直で誠実。嘘を言うのは苦手。そして、ボケられるとツッコミを入れずにはいられない。
そんな真面目は性格とは裏腹に、暴れる事…というよりも、身体を動かす事が好き。勿論、バトルも好きだが、自分から申し込む事は少ない。バトルでは無駄にアクロバットな動きをしつつ掌からほのおわざを放つ。意外な事に、秘技・あくびの使い手でもある。
趣味は読書で、考古学にも興味があるらしい。たまたま夢の跡地を見に行った時にまみ(トレーナー)に誘われてメンバー入りする事になった。
まじめな性格(性格補正なし)のくせに大の甘党。他の甘いのが好きな連中とケーキバイキングとか勇んで食いに行く。よく食べるが、全く太らない。
料理も全体的に上手く、特にお菓子作りに関しては店を出せるレベル。
某ダイケンキさんに付けられたあだ名は「ボルるん」。好きです、クラリン。
ニックネームの由来は熱帯に棲んでそうなイメージがある猿なので、インドネシアのボルネオ島から。しかし、ボルネオ島に火山はない。


ムーランド♀/ヨーク Lv.50
おくびょう/ねばりづよい
Lv.4のとき1ばんどうろでであった。

カラクサタウン出身。
見た目じゃあまり分からないけど、脱ぐと凄い25歳。
ドが付く程の怖がりで、聞き慣れない物音が聞えただけで顔が一気に青ざめる。ちょっと驚かされようものなら、すぐに部屋の隅っこでカナダライを頭から被ってガクガクブルブルと震え始める。おばけとか宇宙人とかUMAとかの類いが怖い。
自分の好きな事は徹底的に突き詰めて行くタイプ。そういう時の彼女は持続力、継続力、集中力が非常に長続きする。たまーに没頭し過ぎて仲間達から心配されて物凄く優しくされたり差し入れを貰ったりとかする事も。
チームのメカニック担当。ロマンとかを追求するので、ロクな事にならないケースも多い。例によって、他の地方のメカニック担当とはコンタクトを取っているので仲良し。彼らはイタズラ好きが多いので、ある事ない事を聞いてはそれを全て鵜呑みにしちゃう。そして、最終的に困るのはヨーク自身の事だったりする。
マフラーみたいなものをしてるが、これがないと全てが上手くいかないのでメカ弄りしている時も身に付けている。
メカニック担当だけど、バトルは断然肉弾戦派。臆病な性格だが、バトルは嫌いではない。威嚇して相手を怯ませる事もできる。
ニックネームの由来はイギリス・ヨークシャー州から。ヨークシャーテリアともかけている。


ムシャーナ♀/クアラ Lv.50
せっかち/ものおとにびんかん
Lv.8のときゆめのあとちでであった。

サンヨウシティ出身で、夢の跡地付近の森の中で暮らしている。
子供らしさも残す頭脳明晰、超能力才女の15歳。
女性らしい体付き。ピンク色のゆるふわ超ロングヘアは自らの意思で様々な色に変化させる事が出来る。目を閉じているのがデフォルトだが、本気を出すと<○><○>カッ!!と見開く。クリクリしていて丸っこいが、何故だかとても怖い。
落ち着きがなく、非常にせっかち。色々な物事に関して、自分より遅いとすぐ怒る。せかせかと動き回り、本当に隠遁生活をしていたのか?ってくらい忙しない。しかし、実際のあらゆる行動スピードは速くなく、彼女より速い人の方が多いくらい。その事実に気付いていながらも、認めたくないお年頃。両手を腰に当て、眉間に皺を寄せて「もうっ!遅いんだから!!」と言うのが癖。
若いけど、夢の跡地が研究施設だった頃にここで夢について研究していた研究者だった。研究施設が崩壊してからは何故か近くの森で隠遁生活をしていた。
微かな物音も聞き分けられる地獄耳の持ち主。それに加えて、超能力で周囲の様子を探ったり、生き物の心を読んだりすることで身を守る事に役立てている。
好物は甘いものと生物の夢(特に、幸せな夢は甘くて大好き)。
ニックネームの由来はマレーシアの首都、クアラルンプールから。バクといえば、真っ先に思い浮かぶのがマレーバクなので。


デスカーン♂/ルクソール Lv.50
ずぶとい/ちょっぴりみえっぱり
Lv.20のときこだいのしろでであった。

4番道路以東の沙漠地帯に住まう民族の出身。
超絶ポジティヴシンキングで落ち着きのない27歳。進化前は泣き虫だったのに、どうしてこうなった。
見た目が派手。影の腕を1組生やせるので、それで他人を驚かせて遊ぶ。
超プラス思考で、どんな風に言われようと、何をされようと凹まない程の神経を持つ。稀に凹んでも2秒後には立ち直ってる。
大胆過ぎる程の行動力の持ち主。時として堂々としており、時として図々しく鬱陶しい。そして空気は読まない。沙漠の部族の出身で世間の事に疎いとは言え、これは酷い。
鏡や水溜まりなどに自分の姿が映り込むと、必ず髪型や服装のチェックを始める。自分格好良いと思ってるし、恰好良く見られたいと思っている為、知ったかぶりをする事が多い。
非常に落ち着きがなく、立っている時はウロウロしたりぴょんぴょんしたりしている。座っている時でさえももぞもぞとしているので、大抵ウザがられる。
ヴァーネス(ランプラー♀)に絡みに行ったら、怖がられて避けられた。それ以来、ずっと避けられ続けているが、本棺桶は気にしないで絡みに行っている。
特技はミイラ作りだが、未だに披露する場がない。
金塊が大好物だが、中々食べられない。早くきんのたまが食べたいと思っている。
ニックネームの由来はエジプトの地名、ルクソールから。王家の谷がある場所。


ランプラー(シャンデラ)♀/ヴァーネス Lv.50
ひかえめ/ものおとにびんかん
Lv.26のときタワーオブヘブンでであった。

フキヨセシティ出身。
とても押しが弱く、無口な10才(シャンデラ時13歳)。
押しの強いメンバーに囲まれているので、言動を遠慮しがち。表情は豊かなので、言いたい事は大体読み取る事ができ、それを周りがフォローしてくれる。その為、フラストレーションが溜まるという事は少ない。因みに、一番良くする表情は笑顔と苦笑。
メンバーの中ではルクソールが一番怖くて苦手。絡まれたら誰かの後ろに逃げ込む。
魔女っ子の見習いで、不思議な影や炎を大きな杖で操る魔法を得意としている。風や大地、水、植物の声が聞え、精霊や幽霊等との対話もできる。極度に驚いたりすると暴発する事がある。起きたら周りが大惨事!にならないように、寝言で暴発させないように気を付けているが、起きてしまうものは仕方ない。
耳が良く、微かな物音も聞き分けられるが、大抵はその物音にビクビクしているだけ。
好物は生物の魂と炎。他にも、ポケモンやトカゲ、ヘビ、昆虫のような生き物を生で喰ったりとゲテモノ食い(?)には定評がある。が、何故かジュノーやモンブランの料理を食べると不味そうな顔をして吐き出す。
ニックネームの由来はスコットランドの都市、インヴァーネスから。ハイランド地方と呼ばれる地方唯一の都市で、ネス湖の河口に位置する。イメージ的にスコットランドに落ち着いたのは、ハリポタのホグワーツ魔法魔術学校のイメージで固まったから。あれは多分スコットランドにあるっぽいので。


バイバニラ♀/モンブラン Lv.50
うっかりや/にげるのがはやい
Lv.21のときれいとうコンテナでであった。

ホドモエシティ出身。
氷のように綺麗な肌の、うっかり屋な24歳。口癖は「ついうっかり。」。
髪型がドリルヘア。冷気をまとっていて、部屋にいるだけで室温が5℃下がる、歩く冷房。
頭はシャキッとしている筈だが、注意力があまりなく、天然。冷凍コンテナの中を歩いてたらうっかり足を滑らせて盛大にずっこけ、頭を強打して、頭を抱えて暫く悶絶するという芸当も華麗にこなす。
イタズラ好きな一部メンバーによって仕掛けられたイタズラには気付いてるのに、うっかり引っかかる。
彼女に何か物を頼むと100%の確率で「うっかり」何かをやらかすので、彼女には重要な頼み事をするメンバーはいない。
ヨークのメカをうっかり壊した時等の緊急事態時には何でもない風を装って、速やかにその場から逃げ出す。大体バレるのだが、逃げ足が速くて中々捕まらない。その際、「うわ〜ん、ごめんなさ〜い!!」と泣きながら追われる場面が見られる。
元々は冷凍コンテナで荷物のチェック等の仕事をしていた。当時からうっかりミスが非常に目立っていた。
共食いになるからアイスクリームやソフトクリーム、氷菓などは絶対に食べない。そして猫舌。
料理をするといつもうっかりミスで失敗するので、ジュノーと共に練習中。揃いも揃って酷い事になった物を食べるメンバーの身にもなって欲しい。
ニックネームの由来はイタリアとフランスの間にあるアルプス山脈最高峰、モンブランから。


ギギギアル(♂)/ミネソタ Lv.50
うっかりや/ひるねをよくする
Lv.25のときでんきいしのほらあなでであった。

ホドモエシティ出身(と言うことになっている)。何処か別の所で誕生したらしい。
よく心をどっかに吹っ飛ばしちゃう見た目10代のアンドロイド。たまに訳の分からない事を呟く。
高確率でボーッとしているのでリアクションが薄く、物静か。その時は心が何処か遠くに飛んでいいる状態。ボーッとしているときは歩いてて電柱に頭をぶつける事ができるし、落ちてるバナナの皮に滑ってコケる事もできる。
イタズラにも良くハマるが、何がどうなったのか分からないできょとんとしている事が多い。何事もなかったかのように今まで続けていた行動を続ける事もある。
結構痛い目に遭っていてもきょとんとしたり、平然としているが、痛覚があって、痛いらしい。
ボーッとしていてあまり喋らないのでよく分からないが、プラス思考の持ち主。それが活かされた事はまだない。
生身の人間をベースとしており、生身の部分の方が断然多い。その為、ご飯を食べたり風呂に入ったりと周囲と何ら変わりない生活を送る事ができる。
ご飯(特に昼食)を食べた後とかうっかり寝てしまうのが癖。しかも、どんな態勢でも寝れるし、目を開けたまま寝れる。
バトル時は歯車のような鉄輪のような武器を両手に持って戦う。
ニックネームの由来はアメリカ・ミネソタ州から。州都のセントポールとその隣にあるミネアポリスはツインシティ呼ばれるので。


ワシボン(ウォーグル)♂/ザイオン Lv.50
いじっぱり/かけっこがすき
Lv.34のとき10ばんどうろでであったようだ。

ソウリュウシティ出身だが、町が近代化し過ぎたのでカゴメタウンに移り住んだ。
別の世界から来た、明るく活発な25歳。小さい頃は可愛かったらしい。
体格が良く、荒々しくて威厳に満ちた佇まい。アメリカの先住民族のような羽飾りを多く身に纏っている。
人当たりが良くて社交的。熱血漢な一面も持っている。
一度言った事や決めた事を押し通す性格で、その事に関してはプライドが高い。開かない瓶の蓋を力尽くで開けようとしたりする等、若干横着でもある。
地を駆け回ったり空を飛び回ったりと行動的で、趣味は旅行。特に、荒野や岩場がお気に入り。
鉱物コレクターで、よく鉱物を買ってきたり採ってきたりする。お気に入りの鉱物はターコイズとデザートローズ。
重いものも軽々と運べる力持ちである。片手で運べるものは鷲掴みにするが…。
好物は肉。本鷲曰く、魚も好き。虫とかも平気で食べる。
料理も作れるが、とてもワイルド。ワイルドな気分を味わいたい時に呼ばれて、メンバーの料理を作る事もある。
バトルスタイルもワイルド。軽やかな動作で動き回り、鋭い鉤爪状の武器で大胆に攻撃する。
ニックネームの由来はアメリカ・ユタ州にあるザイオン国立公園から。アナサジ族とか暮らしてた。


ペンドラー♂/マナオス Lv.50
いじっぱり/ちのけがおおい
Lv.16のときヤグルマのもりでであった。

ヒウンシティ出身で、一人でヤグルマの森に住んでいた。
短気で好戦的な21歳。
虫タイプだが、身長が高くてガタイも良い。色がちょっと派手。
とても感情的で、すぐ手や足が出る。プライドは高い方で、自分を否定される事を嫌う。何に対しても最後まで手を抜かない主義。バトルも最後まで容赦はしない。
同じような性格のサヘル、辺野古とは喧嘩や争いが絶えない。
チームに加わる前までヒウンシティでストリートファイターとして活動していた。サヘルとはその時から顔見知り。全戦全敗していた為、彼女には特に突っかかりたがる。
昼間はヒウンシティでストリートファイトに明け暮れ、夜はヤグルマの森で寝るという生活を送っていた。
森で一人暮らしをしていたので、料理を含めた家事全般こなすことができる。が、性格の事もあってパーティ入りをしてからは滅多にやらなくなった。たまーにやると、すぐに「明日は槍と鎌が降るな」等とおちょくられるので、キレて突っかかる。
見た目からは想像出来ないが、身のこなしは軽やかで素早い。喧嘩は拳や蹴りで力押しをするのが好み。バトルでは巨大な鎌と巨大な槍を手に戦う。ロードローラーを空から召喚できるとの噂。
ニックネームの由来はブラジル・アマゾナス州の州都、マナオスから。世界最大のムカデ、ペルビアンジャイアントオオムカデはペルーやブラジルの熱帯雨林に棲むと聞いて。


デンチュラ♀/あきは(秋葉) Lv.50
おくびょう/ちからがじまん
Lv.25のときでんきいしのほらあなでであった。

フキヨセシティ出身。ヒウンシティやライモンシティに憧れている。
人見知りで内気な16歳。大体物陰や誰かの後ろに隠れている。
自分の興味ある事なら人見知りせずに熱っぽく喋る事ができる。が、それを自覚した時点で恥ずかしさに打ちのめされて顔がオーバーヒートし、そそくさと引っ込む。
人前ではあまり喋らないからよく分かりにくいが、筋金入りのオタク。アニメ、ゲーム、声優、アニソン、特撮等々、守備範囲が広い。BLもちょこっと齧ってるし、妄想とか大好物。
そして将来の夢はオタクアイドル。果てしなく遠い道のりである…。因みに、絵は描けないので現在練習中。
ちっこくて凹凸の少ないスリムな体形をしており、本クモは相当気にしてる。指摘すると顔を真っ赤にさせて怒るが、ちっとも怖くない。
その容姿からは想像できないが、力持ちなのが密かな自慢。ロライマ(ギガイアス♂)やヤヴェシのような一部のメンツしか持てないようなものも持つ事が出来る。逆に、打撃なんかは弱いので喧嘩はできない。
ニックネームの由来は台東区/千代田区・秋葉原から。図鑑の説明から都市部をイメージ、そして電気タイプなので電気街という連想。日本橋は加工しにくかったので秋葉原を採用。


アバゴーラ♀/ララミー Lv.50
やんちゃ/イタズラがすき
Lv.25のときシッポウシティでであった。

シッポウシティでメンバー入りしたが、出身は7500万年前にイッシュ地方にあった巨大な入り江。
やんちゃ盛りな見た目一桁〜10才。実年齢約7500万歳。
兎に角元気。イタズラが大好きでよくアスワンと一緒に色々と企て、実行している。やんちゃ盛り故か(?)、かなり口が悪く、人の心を抉るような事も平気で言う。
最近化石から復活したばかりなので、世間の事にはまだまだ疎い。初体験があると、興奮して大体はトラブルを起こす。力も強いので、よく物を壊す。
見た目通りの行動で和ませてくれる事もあるが、実年齢を考えると萌えられない。
ニックネームの由来はアメリカ・ワイオミング州の都市、ララミーから。古代の巨大ウミガメ、アーケロンはワイオミング州やユタ州、サウスダコタ州辺りにあった内海に生息してた為。


シンボラー♂/アスワン Lv.45
おっとり/イタズラがすき
Lv.20のときリゾートデザートでであった。

本人曰くブラックシティ出身らしいが、定かではない。
やんわりおっとりとした紳士っぽい見た目20代、実年齢約5000歳くらい。多分。
ポーカーフェイス過ぎて何を考えているか分からないが、イタズラが大好きでよくララミーと一緒に色々と企て、実行している。イタズラについて問い詰められてものらりくらりとかわし、最終的にはなかった事になってる。飄々として掴み所が無いヤツなので、調子を大いに狂わされるとして苦手としているメンバーも多い。口調も紳士的な丁寧さがある。
情報調達を得意としていて、何処からかある事ない事仕入れてくる。噂や都市伝説の類いも良く知っているし、メンバーについても相当調査しているようだ。
趣味が古代遺跡巡りなので、ボルネオと仲が良い。
こんななのにLAIGARNさん宅のシンボラー♀ヤマタイを妻に持つ、2児の父親。因みに、家庭の事を訊き出そうとすると、のらりくらりとかわされてしまう。
ニックネームの由来はエジプトにある都市、アスワンから。


ワルビアル♀/サヘル Lv.45
いじっぱり/ケンカをするのがすき
Lv.15のときで4ばんどうろであった。

ヒウンシティ出身で、4ばんどうろに住んでいた。
勝ち気で好戦的な19歳。
自分の主義主張をしっかりと貫き通す。今まで勝負に負けた事がなく、大変な自信家。負けた時の悔しさを知らないので、万が一負けてしまうと盛大に泣き出し、その後、何日も荒れる。
同じような性格のマナオスや辺野古とは喧嘩や争いが絶えない。
チームに加わるまではヒウンシティで女性ストリートファイターとして活動していた。昼はヒウンシティでストリートファイトに明け暮れ、夜は4番道路の海岸部にある岩に出来た洞穴の中で過ごすという生活を送っていた孤児。因みに、マナオスとはその時から顔見知りである。
力が強いうえに打撃も異様に強く、喧嘩がめっちゃ強い。タイプの相性的にはマナオスや辺野古に負けるが、殴り合いや蹴り合いなら無敗。
頭脳プレーは少々苦手だが、生半可な頭脳プレーをしてくる相手は、そのパワーでぶち破る。彼女の一睨みは大柄の男性でさえ怯む程の威圧感がある。
肉が大好き。飯が肉料理だと「肉!肉!」と嬉しそうに連呼する。
ニックネームの由来は沙漠+ワニといえばアフリカだろう、とサハラ砂漠の南部にある地帯、サヘルから。


ローブシン♂/ヤヴェシ Lv.45
のうてんき/からだがじょうぶ
Lv.13のときヤグルマのもりでであった。

シッポウシティ出身。
どっしりと構えていて、年相応の落ち着きがあるように見える66歳、緑寿。
ムキムキマッチョのおじいちゃん。
やいのやいのとうっさいメンバーを尻目に、一人でのんびりとしている。しかし、信念や考えは絶対に貫く熱い根性も内包している。
トレーニングや悩み相談、話し相手になってくれ、などには快く付き合ってくれる。深刻な相談に暢気な返答が返ってきたりするのはご愛嬌。だが、メンバーが引き起こした面倒事には何があっても手を出さない。
趣味の筋トレで鍛えた身体はメンバーのどんな物理攻撃にも耐えられる。ジュノーのシェルブレードを108種類全て耐え抜いたとしてメンバー内で都市伝説(?)になっている程である。
一部の間であだ名が「あべし」になっているが、本人は全然気にしてない。
武器は2つのコンクリート塊。これを1つずつ、片手で持ってぶん回しまくる。
ニックネームの由来はフィンランドにある世界文化遺産、「ペタヤヴェシの古い木造教会」から。ドッコラーが角材持っててなんだか大工さんみたいだったから。更に、本体も北欧にいそうなマスコットキャラだった為。


ドリュウズ♀/ウバーレ Lv.45
ゆうかん/おっちょこちょい
Lv.12のときちかすいみゃくのあなでであった。

メンバー入りしたのは地下水脈の穴だが、カゴメタウン出身。穴を掘ってやってきたらしい。
弱いものイジメは許さない、とても勇猛果敢な22歳。
筋肉質で小柄な体格。そして女性らしい凹凸は控えめ。本人はその体形の事をちょっと気にしている。
天然ではないが、メンバーから良く「可愛い」とおちょくられる程度にはドジっ娘。頼れる姐さんという感じの熱血さと頼もしさを醸し出しているが、おっちょこちょいなので愛用の武器を忘れて丸腰で敵に突撃する事も多々ある。
「無謀な事はしない」と語るが、おっちょこちょいなので何が無謀で何が無謀じゃないかの区別ができていない。しょっちゅう失敗やら見落としやらをするし、イタズラにもよく引っかかるので、ボルネオに「君の目は節穴か!」と言われる。真顔で。
穴を掘るのが得意。暗い所や土の中にいると落ち着くらしい。
ニックネームの由来は石灰岩地帯にできる凹地形のウバーレから。ドリーネの大きくなった版。


ランクルス♀/めいか(迷香) Lv.45
すなお/ひるねをよくする
Lv.19のとき5ばんどうろでであったようだ。

自分の気持ちに素直で、言いたい事をズバズバ言っちゃう28歳。
スレンダーで長身、おまけにスタイルが良い。謎の緑色のゼリーで包まれており、そのゼリーでぽよんぽよんと移動したり、ゼリーの手にあたる部分を動かして作業したりする事ができる。勿論、普通に歩いたりする事もできる。
彼女の発育に合わせてゼリーも大きくなったのでサイズはかなりでかい。「ゼリーが邪魔」って言われると怒る。ゼリーを体内に吸収するようにして収納する事ができるようになっていて、手にあたる部分だけを出して4つの手で作業したり…とかもできる。
基本的に自分の言いたい事を言い、やりたい事をやっている自由奔放な人。しばしば毒舌家かと思われる言葉も発するが、超能力で心を読めるのである程度は空気は読んでいる。
シエスタが大好きで、ゼリーの中で丸まって気持ちよさそうに寝ている表情は可愛らしい幼女のよう…だが、20代後半である。
料理が得意で、ボルネオと共にチームの食卓事情を支えている。
ザイオン(ウォーグル♂)と同じ世界から来ている。茴香という姉がいるとかなんとか。実は次女。
ニックネームの由来は確か、ローズマリーの和名、マンネンロウ(迷送香)から。因みに、「迷送香」は中国での呼び名らしい。

|

« サンマリノ歴史地区とティターノ山 | トップページ | アイスレーベンとヴィッテンベルクのルター記念建造物群 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メッセル採掘場の化石発掘現場:

« サンマリノ歴史地区とティターノ山 | トップページ | アイスレーベンとヴィッテンベルクのルター記念建造物群 »