« ホラショヴィツェ歴史地区 | トップページ | ワスカラン国立公園 »

2010年9月26日 (日)

リトミシュル城

起きた時間が遅くて、雲一つない良い天気だったにも関わらず散歩にいく余裕はなかった…。。
この陽気、ホントに外に誘われる陽気なんだけどなぁ…。。


ってことで、起きたのが午後とかね…。。





そういや、バイト先にこの前から実写版マリみてのポスターが貼ってあったり。
あぁいうのって、原作ファン的にはどうなんだろうね?

後、俺がアセトのコスプレをする時に買った「虚弱体質」Tシャツを着た人がいましたw
常連さんだったんだけど…取り敢えず、心の中でニヤニヤしていた。






続きからコメント返信とF1!

…え、ポケモン?
まだレベル上げ中ですけど。






コメント返信!
蒼蟲さんおぉ、活躍していますか!
それは良かった(^^
シュバルゴ<う〜ん、分からないですね。。種族値は遜色ない筈だから、個体値でしょうかねぇ。
努力値がミスっててもそこまで離れるとは思い難いし。
まぁ、どちらもっていう可能性もありますが。

6匹揃いましたか!
後は四天王倒すだけですね♪

対戦、しましょうw
今の所、努力値とか関係なくやってるので更に弱いと思いますがw
ふむふむ…どちらにしても、勝てる気がしないですなw
こちらは好きなヤツを育ててるだけなので、勝てそうにない…www

ドリルライナー>こちらでも確認してました。
じしんがある分、ちょっとツライですね…。

あぁ、そうそう>ウルガモス
今回はむしタイプが多いですねぇ〜。

コメント、ありがとうございました!








F1シンガポールGP!!
シンガポール市街地コース、マリーナ・ベイサーキット!!
F1唯一のナイトレースが開催される、刺激的なレースです。
ナイトレースであるが故に、参加者は体内時計がヨーロッパ時間のままでも過ごせてしまうので、人気なんだとか。

投入される照明は1500基。12基のツインパワー発電機で電力を供給しているらしいです。送電ケーブルの長さは10万8000m以上だとか。
照明の明るさは3000ルクスだそうです。通常のスポーツスタジアムの4倍以上なんだとか。
照明はスピンした場合にドライバーの方向感覚を失わせないために、サーキットの片側にのみ並んでいるのです。

コースはコーナーが多く、市街地コースによくある幅が狭い所が多いというテクニカルなサーキット。
また、市街地コースに多い、滑りやすいという特徴もあると思う。そして路面が埃でよく汚れるらしい。
汚れるとタイヤのパフォーマンスがうう落ちるし、滑りやすいし、大変。
ってことで、新しいトラック清掃マシンが登場したとかなんとか。
サーキットの前半の部分は、改修によって少し改善したものの路面がデコボコしているのでマシンが跳ねるとか。改修前はこのデコボコによってドライバーの膝がコックピットの至る所に当たって痣だらけになったとか。今は知らん。

スタートして最初に通過するコーナーは左に曲がる第1コーナーと右に曲がる第2コーナー、そして左に回り込むような第3コーナーで構成されるシケインのようなコーナー。切り返し系のコーナーって結構キツいものだが、加えて幅が狭いのでスタート直後は混乱が起きたりする事もある。
第5コーナーを過ぎると、このコースで最もスピードの出る、このコースで最も長いストレート。ラッフルズストレートと言うらしい。最高時速300kmは出る。
因みに、ここがデコボコしてる場所なので、高速で走りつつ跳ねるマシンが見られる。
この先にある第7コーナーが最大のオーバーテイクポイントのようだ。
第8コーナー、第14コーナーは鏡合わせのような形状をしたコーナーで、サーキットの全体図を見るととても特徴的。普段は交差点か何かになってるんだろうか?
第9コーナーを過ぎるとまた短いストレートがあって、その先がこのコース最大の難所であり、名物である第10コーナーのシケイン。左、右、左と切り返して通過するのだが、ここにある縁石が曲者なのである。
高さが高いうえにかまぼこのような形状をしているので、マシンが跳ねたり、時には挙動を乱したりするのでとても厄介でもあるのだ。
今回、1つめの縁石を右に1m、3つめの縁石を左に2m移動してマシンをシケインの出口の左側に向かわせるような位置に調整したらしい。
が、それが原因で更に危険なコーナーになってしまったようだ…。
ハミルトンが言ってた。
因みに、10コーナー出口の縁石もマシンが乗り上げないように移動したらしい。
個人的には、その先にある第11コーナー、第12コーナーも曲者。10コーナーの通過の仕方で綺麗に通過できるかどうか、影響されやすいから。
まぁ、実際は普通に通過されるコーナーなのだろうけれど。
それを過ぎると、橋を渡る。
第13コーナーも名物だと思う。別名、マーライオンヘアピン。
マーライオンの近くだからとかそんなんだった筈。
それを過ぎるとすぐに橋を渡るストレートに。第8コーナーと同じ形状の第14コーナーを通って、これまたコーナーの多い区間に入る。
コの字型のコーナーが2つあるのである。
第18コーナーと第19コーナーの間には橋があって、おそらく、そこが一番コース幅が狭い。
8mしかないとか。
この橋を含む、第18コーナーから第21コーナーまでのコの字型エリアは道幅が狭くて多重クラッシュが起こりやすい場所だとか。
最終コーナーは第22コーナーと第23コーナーの複合コーナー。高速コーナーになっている。


さて、予選。
今回は元々デコボコしてたり、滑りやすかったりしてるのに雨まで降ったからさぁ大変。
水捌けが悪い所が所々にあって、濡れっ放しになってたりする。


ザウバーはペドロ・デ・ラ・ロサを解雇して、昨年までBMWザウバーでドライブしていたニック・ハイドフェルドと契約。
ハイドフェルドの復帰戦となりました。
このコースを走った経験のあるベテランが小林可夢偉のチームメイトになった、ということです。

そして、HRTの山本左近は体調不良により、もう1人のリザーブドライバーであるクリスチャン・クリエンと交代。
クリエン曰く、「食中毒かも」とのこと。
2週間後は日本GPなので、それまでには回復して欲しいものです。。
…左近が走れなくてもチャンドックじゃなくてクリエンなんだな。


Q1
マッサがギアボックストラブルでストップして最下位スタート…だと…orz
市街地であり、コース幅も狭いこのサーキットでオーバーテイクしまくらないといけないとかキツ過ぎる!!
まだまだ不憫だな…。。
マッサ、オーバーテイクショーを見せてくれ!!(´・ω・`)


Q2
マッサのチームメイト、アロンソもエンジンに問題があるのかな?
…と、リウッツィが10コーナー前でリアを滑らせてコーナーを曲がれずにランオフエリア通過。
ペトロフがスピンしてリアをタイヤバリアにぶつけちゃったな。
一応動けるみたいだが、またタイムアタックするのは厳しいだろう。

アロンソ、セクター1とセクター2で遅れてたのに、セクター3でタイム短縮して1番手タイムを叩き出すとかwww
それをベッテルが抜いて行く。

可夢偉、9番手タイムきた!!
…シューマッハがそのタイムを上回り、9番手だ。
可夢偉のライバルはアルグエルスアリ、ヒュルケンベルグ、そしてチームメイトのハイドフェルド。
しかし、皆タイム更新ならず、可夢偉がQ3進出!!


Q3
ハミルトン、10コーナーでもうマシンが跳ねてるじゃないか…。
怖いなぁ、10コーナー。
縁石の位置をずらしたんだよね、確か。
逆に危険になってるよ。。

シンガポール、チケット完売だったっけ。
人がもう沢山いる!!


路面が乾いてないから、ミスると滑るよな。
タイムロスするうえに、最悪、壁に当たって走れなくなる。
かなりチャレンジングな状況だと思うけど、ドライバーはそういう状況こそ燃えるんだろうなぁ。

…おや、皆、アロンソのタイムを抜けなかったようで。
ってことで、有利と言われたレッドブルを抑えたアロンソが2戦連続ポールポジションだ!!


ポールポジションはフェルナンド・アロンソ/フェラーリ
2番手からはセバスチャン・ベッテル/レッドブル
3番手からはルイス・ハミルトン/マクラーレン
4番手からはジェンソン・バトン/マクラーレン
5番手からはマーク・ウェバー/レッドブル
6番手からはルーベンス・バリチェロ/ウィリアムズ
7番手からはニコ・ロズベルグ/メルセデスGP
8番手からはロバート・クビサ/ルノー
9番手からはミハエル・シューマッハ/メルセデスGP
10番手からは小林可夢偉/ザウバー

11番手からはハイメ・アルグエルスアリ/トロロッソ
12番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/ウィリアムズ
13番手からはヴィタリー・ペトロフ/ルノー
14番手からはセバスチャン・ブエミ/トロロッソ
15番手からはニック・ハイドフェルド/ザウバー
16番手からはエイドリアン・スーティル/フォースインディア
17番手からはヴィタントニオ・リウッツィ/フォースインディア

18番手からはティモ・グロック/ヴァージン
19番手からはヘイキ・コバライネン/ロータス
20番手からはルーカス・ディ・グラッシ/ヴァージン
21番手からはヤルノ・トゥルーリ/ロータス
22番手からはクリスチャン・クリエン/HRT
23番手からはブルーノ・セナ/HRT
24番手からはフェリペ・マッサ/フェラーリ


なにげに6番手スタートのバリチェロ。
マッサの分も、決勝に期待。
だけど、バリチェロ、よくスタートをミスるんだよね…。。
フォースインディア、やっぱこういうとこは苦手なのかな?

…さて、天気はどうなるんかな??
またレースまでに雨降るかも知れないとか言われてるみたいだし。

|

« ホラショヴィツェ歴史地区 | トップページ | ワスカラン国立公園 »

コメント

ラムちゃん(ラムパルド)
を進化させて努力値を稼ぎ始めたのはいいのですが・・・。
今回努力値下げる木の実ないんですね;
いや、もしかしたらあるかもしれないですけど
ゲームシンクとかじゃないと手に入らないとか
色々噂が・・・。
うーむ、今回は努力値振りにくいから255×2で
妥協しようと思ったけど今度はフルドーピングで
妥協しようかな;妥協してばっかりだけど・・・。
てかフルドーピングしようにも金が足りねぇ!
強化四天王もレベルが高くて倒せないし・・・。
今回クリア後はポケモンリーグぐらいしか
金を稼げないんですね、ある意味原点回帰ですが。
そういう意味では努力値のシステムも原点回帰・・・。
でもダイパから育成に入った俺には厳しいなぁ。
あー、でも今回はレベル100でも努力値はいるんですねぇ。
そこはいいんだけど失敗ができないのは怖いなぁ;
・・・という訳で努力値を計算し続ける根気がないので
多分対戦でも並みの能力なので問題ないと思いますw
フルドーピングのための金を稼がねば・・・。
一体何円になるのやら・・・。
んじゃ、連投失礼しました~。

投稿: 蒼蟲 | 2010年9月26日 (日) 20時16分

俺もこんな状態じゃなかったら、
外に出て散歩でもしたいですなぁ。
アニメの実写版・・・でいいんでしょうか?
賛否両論おきそうですなぁ。
俺の好きな漫画(アニメ)だと
カイジが最近実写化してましたがこれも色々と・・・。
てか2期まだかなぁ~。

無事四天王をぶっ飛ばしてエンディングを迎えましたw
今回は後半は色々忙しいことになってるので
四天王の印象は薄めかな?悪使いの人はかっこよかったですw
あとちょっと懐かしい人も出てきましたねw
しかしエンディングまでは余裕だったのに
エンディング後のトレーナーのレベルの高い事・・・。
こっちがクリア直後でレベル55~56辺りだってのに。
レベル65~68寸前のポケモンばかり繰り出してくる・・・。
おまけに何気なく民家に入ったら某強力トレーナーに
いきなり勝負を挑まれるわ
(手持ちがレベル76とかでした、勝てるわけねぇ;)
さすがにこのままだときついので
先に本格的にポケモンを育成することにしました。
ウルガモスも手に入ったので(ついでにじしんのマシンもゲット)。
効率がよくなるはず・・・。
パワー系装備がないから固体値遺伝は出来ないけど
ここは我慢で・・・。
パワーアタッカーだけを育てるという事で。
第1号は攻撃力に定評のあるラムパルドさんに決定w
対戦でもCOM戦でもそこそこ使えるように
技構成は 主力技(PPや命中が高い技)×2
大技(威力重視) 補助技(主に攻撃UP系)
で統一していきたいと思います。
もちろん性格はいじっぱりorひかえめw
固体値はこうげきorとくこう31でほかは10あれば十分(ギャグじゃないよ)だぜ!w
んで早速ポケシフターでズガイドスさんと
メタモンをつれてきて育て屋に預け
廃人ロードを爆走してますw
今回はルビサファと同じ横タイプの廃人ロードですねw
DSの左右ボタン壊れないといいけどなぁw
んじゃ失礼します~。

投稿: 蒼蟲 | 2010年9月26日 (日) 14時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リトミシュル城:

« ホラショヴィツェ歴史地区 | トップページ | ワスカラン国立公園 »