« アビラ旧市街と市壁外の教会群 | トップページ | ニューカレドニアのラグ−ン »

2010年8月 1日 (日)

アラゴンのムデハル様式の建築物

今日から8月!!

暑いのは暑いけど、実感はない!!
あまり学校行かなくなったからかもね!






朝の9時くらいに寝て、起きたら4時!
後1時間でバイトだたwww

今日のバイトは平和でした(虫的な意味で
新規参入組が殆どいなかったし、厄介な虫も姿を現さなかった。
だから、残留組を少し駆逐するだけで殆ど終わり。
後はごく少数の新規参入組を駆逐するだけだったし。

しかし、何故か疲れるのが早かったなぁ…。。







続きからQMA、パソコン・モバイル検定のふくしゅうでも。
そして、F1ハンガリーGP予選!!






まずはQMAから。


〜並べ替え〜
イギリスの人気TV番組にちなみ命名された、オランダのグイド・ヴァンロッサムによって開発されたプログラム言語は?

o  y  t  h  P  n

→Python
パイソン。そういや、そんなもんあったな。


〜タイピング〜
「日経パソコン」「日経PC21」などの雑誌を刊行している出版社は「日経○○社」?
○を答えなさい
(英数字)

→BP
日経BP社。
Business Publicationsの略。
…えっ、知らない。。


〜ビジュアル〜
ワープロソフト『一太郎』で有名なジャストシステムの創始者です

【浮川和宣】

→うきがわかずのり
まぁ、普通に読めばおkって事か。


〜五文字〜
(ENIACから分岐)
1950年頃にその開発チームが弾道学研究のためにせいさくしたENIACの後継機にあたるコンピュータは?

N  J  D  E  I
V  A  C  U  F

→EDVAC
あぁ、EDVACさんか…。。
聞いた事はあるのにorz
EDSACさんは作れません。


更にENIACから分岐で…
1956年に富士写真フィルムの岡崎文次によって開発された日本初の電子式コンピュータは?

N  J  D  E  I
V  A  C  U  F

→FUJIC
多分これも授業で聞いた事ある筈…。。
富士写真フィルム(FUJI)のコンピュータ(C)と考えればおkですね!


〜並べ替え〜
2010年6月に完成した検索サイト・Googleの新しい検索インデックス技術に付けられた通称は?

a  i  n  C  f  f  e  e

→Caffeine
カフェイン。
…えっ知らなかったよ。。(´・ω・`)
何だか凄いみたいだね。


〜タイピング〜
自転車の「ツール・ド・信州」も運営する、「人力検索」で有名な「はてな」の創始者は○○○○?
○の漢字をひらがなで答えなさい

→こんどうじゅんや
近藤淳也。
…えっ知らないんだけど。。


〜並べ替え〜
1975年に発売された、「世界初の個人向けパソコン」と呼ばれる機械は「○○○○○○ 8800」?

A  a  t  i  r  l

→Altair
アルタイル。
Altair 8800。
先日うpした問題の問題文か何かに乗ってた筈。


〜スロット〜
1981年に初代機が発売された1980年代のマイコンブームを牽引したNECの8ビットパソコンは「PC-○○○○」?

→9801
…うん、授業で聞いた事あるとは思うんだが、完全に忘れてるwww
1980年代の字を少し改変すればおkって感じで覚えられるんじゃないかな?


〜五文字〜
東芝やIBMが提唱している複数の携帯情報機器でケーブルを用いずにデータをやり取りする技術は「Blue○○○○○」?

e  c  n  o  a
h  t  i  x  p

→tooth
Bluetooth
正解率70%くらいはあった。
…うん、聞いた事あるぞ?
多分。








F1ハンガリーGP予選!
夏休み前最後となるグランプリ!
今回はブダペストから約25kmの所に位置するハンガロリンクだ!!
今年でグランプリ開催25年を迎える、伝統的なサーキットの1つです。

タイトでコーナーが多い、テクニカルなサーキット。
全長4kmくらいに15個くらいのコーナーがある。
長いストレートが3箇所のみ。

グリップ力があって、低速コーナーが得意で、回頭性に優れたマシンが得意とするコースらしいです。
でも、レッドブルはここでも速いです。

で、F1週末以外は殆ど使われないらしいので、滑りやすくて有名みたい。

確かに、滑りやすかったね。
路面が出来上がってない時にハードタイヤ使ったりすると、辛い。
で、擂鉢状になった土地に建設されてたサーキットらしく、周囲の小高い丘から砂が来襲されるので、路面が埃っぽくなるとか。
これも滑りやすい原因かね。


ホームストレートはとても長く、ギアも7速まで使えるっぽい。
第1コーナーはちょっと緩めのヘアピン。
道幅が広いけど、やっぱりスタート直後は何かありそうだなぁ。
何かありそうなのは第2コーナーの大きい左カーブもだけどさ。

第3コーナーを抜けたストレートは上り坂のストレート。アップヒルストレートっていうのかね?
こことその先の第4コーナー付近が去年の事故現場となります。
去年の予選、先行していたブラウンGPのバリチェロのマシンから落下したスプリングか何かが後方を走っていたフェラーリのマッサの頭部に激突、マッサが結構な速度でタイヤウォールに突っ込むという事故ですが。
目の上とかを切って、軽い脳震盪か何かも起こしてた筈だが、ちゃんと急ブレーキ踏んでたりしてたっぽい。
マッサは半年間休養を取ることとなった訳で、今年はその復活シーズンな訳です。
2008年、最終戦・母国GPであるブラジルGPで優勝するも1ポイント差でチャンピオンシップに優勝できず、2009年のハンガリーGPでは手術とリハビリもしたこの事故。


…いやぁ、マッサには頑張ってもらいたいものだ。


そんな第4コーナーの後、特にコーナーが多いセクションになる訳です。
シケインにW状になった連続コーナー…。
W状になったコーナーの最後、第11コーナーを過ぎるとストレートです。
第12コーナーを過ぎたとこもちょっとストレートになっていて、そこら辺は7速ギアも使うのかな?多分。

それから、ぐるりと大きく曲がるコーナーが2つあって、ホームストレートに戻ってくるって感じ。

低速コーナーが多いんだけど、上り坂のストレート直後の第4コーナー、W字型の連続コーナーの真っ只中である第10コーナー、そして第11コーナーは高速コーナー。ほぼアクセル全開で曲がれるコーナーでしょう。
第12コーナーもあまり減速しないコーナーですな、多分。

…第11コーナーの直前、凹凸があるお?
多分。


兎に角、滑りやすい。
第12コーナーとか結構ランオフしたりするのは…俺だけか(゚э゚)

で、オーバーテイクしにくいサーキットの1つです。真夏なので、ドライバーへの負担は高いでしょう。
バーレーンGPみたく、「退屈」とか言われかねない。
そういや、バーレーンも暑いからドライバーへの負担って大きいよな。


あっ、去年の事故の映像…。。
200km/h以上で走ってる時、小さいとは言え金属のパーツがすっ飛んでくるんだからなぁ…。。


さて、今回のレースです。
HRT、今回も山本左近とブルーノ・セナで行くようです。

やっぱりレッドブルは速いでしょう。
で、そのレッドブルのライバルとなるのは、何処のチームか?
ドイツGPで好調のフェラーリか?
ドライバーズ、コンストラクターズ両チャンピオンシップ首位のマクラーレンか?
それとも、メルセデスGPか?
ルノーか?


Q1
やっぱりベッテルとウェバーのレッドブル勢。
…バリチェロが一時的に2番手タイムを持ってたりしてましたが。

珍しいな、ブルーノのオンボード映像とは。
そして今回もハブられたチャンドックさんです。

そして可夢偉危うし!!
…あっ、前のブルーノに引っかかってQ1で敗退だ。。

国際映像が左近。
つか、HRTのマシン…挙動が安定してないな。。
ノーズとか見てても、左右にブレてる…。。

てか、これは全車に当てはまってるのかな?


Q2
ベッテルがハードタイヤで1分19秒台…。。
おいおい、ハードでこのタイムって、速いだろ。。

そしてバトン、シューマッハ、バリチェロが敗退という。
バトンもか。


Q3
アロンソがいきなり1分19秒台叩き出した!

…と思ったら、ウェバーがアロンソを上回る1分19秒184だ!

…と思ったら、ベッテルが1分18秒773!!
これはコースレコード更新だ!
シューマッハが持っていたコースレコードを軽く越えた!!

バリチェロも思わず苦笑い。
ベッテルヤバイ。。
更にタイム更新を狙ったラストアタックはセクター3で遅れて、更新ならず。
こえぇわ…。。


可夢偉のインタビュー中に可夢偉が引っかかった、ブルーノが通りかかった件。
そして可夢偉、マシンの計量の為にFIAのガレージに行く事になっているのだが、ピットレーンの赤信号に気付かずにチームのガレージに戻った為、ペナルティ!
18番手から5グリッド降格して、23番手スタートという痛手。
あらまぁ…。。


ポールポジションはセバスチャン・ベッテル/レッドブル
フロントロー、2番手からはマーク・ウェバー/レッドブル
セカンドローの3番手からはフェルナンド・アロンソ/フェラーリ
同じくセカンドローの4番手からはフェリペ・マッサ/フェラーリ
5番手からはルイス・ハミルトン/マクラーレン
6番手からはニコ・ロズベルグ/メルセデスGP
7番手からはヴィタリー・ペトロフ/ルノー
8番手からはロバート・クビサ/ルノー
9番手からはペドロ・デ・ラロサ/ザウバー
10番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/ウィリアムズ

11番手からはジェンソン・バトン/マクラーレン
12番手からはルーベンス・バリチェロ/ウィリアムズ
13番手からはエイドリアン・スーティル/フォースインディア
14番手からはミハエル・シューマッハ/メルセデスGP
15番手からはセバスチャン・ブエミ/トロロッソ
16番手からはヴィタントニオ・リウッツィ/フォースインディア
17番手からはハイメ・アルグエルスアリ/トロロッソ

18番手からはティモ・グロック/ヴァージン
19番手からはヘイキ・コバライネン/ロータス
20番手からはヤルノ・トゥルーリ/ロータス
21番手からはルーカス・ディ・グラッシ/ヴァージン
22番手からはブルーノ・セナ/HRT
23番手からは小林可夢偉/ザウバー
24番手からは山本左近/HRT


路面の綺麗な奇数列が有利なので、アロンソは少なくとも、スタートでウェバーは抜きたい所。
マッサは良いスタートを切って奇数列スタートのハミルトンに抜かれないようにしないといけませんね。
更に、隙を見て前のウェバーを抜けるか?

テレビでは何も言及されてなかったけど、デ・ラ・ロサが9番手スタート。
これはザウバーのマシンも段々戦闘力が増してきたって事なのですかね。
ポイント圏内でのスタートとなるデ・ラ・ロサ。しかも、奇数列。良いスタートを切って、良いレースをして初ポイントなるか?
上手く行けば1つくらいは順位上げられるかも…前がクビサとペトロフだから難しいか。。

デ・ラ・ロサとヒュルケンベルグは後ろにバトン、バリチェロ、シューマッハ、スーティルと怖い人達が揃ってるから、如何にしてスタートで順位を守れるか、だろうなぁ。
抜けないサーキットだし。
…でも、バリチェロって割とスタート苦手だよね。
スタート出来なかったり、スタートで順位落としたりってしょっちゅうだった希ガス。
去年もフロントローを獲得しておきながら、それでトップに立てなかったりしたし。

新規チームではヴァージンのグロックがトップタイムなんですな。
その後をロータスに2台が続いていますね。
可夢偉と左近が並んでる。
このハンガリーGPの予選結果だけ切り取ると、日本人ダメだなって勘違いする人がいそうなアレですな。

|

« アビラ旧市街と市壁外の教会群 | トップページ | ニューカレドニアのラグ−ン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アラゴンのムデハル様式の建築物:

« アビラ旧市街と市壁外の教会群 | トップページ | ニューカレドニアのラグ−ン »