« エンゲルスバーリの製鉄所 | トップページ | ペトラ遺跡 »

2010年7月11日 (日)

ターヌムの岩絵群

起きたら12時半でしたwww
また二度寝した気がするけど。

で、1時間程、授業を遅刻しました\(^O^)/




帰りにQMAしてきちゃった。
1回目は完勝、2回目はフルボッコwww

色々ともうダメだね。






続きから科学くんとF1イギリスGP予選!!





科学くん!
未来ちゃん、結構な強打したよね?www
まぁ、期待通りな訳だがwww
てか、ポリカーボネートSUGEEEEEEEEEEEEwww
砲丸が跳ねたwww


ヤングアロサウルスktkr!!
いやぁ、凄いなぁ…ふむ、中で人が操縦しているのか。
モニターで外の様子をチェックできるとか、もうロボアニの時代だな…。

大暴れwww
しょこたんが食われたwww
コンパニオンも食われたwww
田中も食われてるwww

ふむ、尻尾は独立して動かす事が出来るのか。
…って、尻尾が田中の腹を強打www
中の人、頭の上の紙風船を狙う気ねぇwww
てか、絶対狙っただろwww

外を散歩www
いやぁ、凄い光景だ。
犬が本気でビビってるぞwww


出た、岐阜のエジソンwww
明らかにニワトリの形をしているのに名前はひよことかパネェwww

でか、七宗市なのか。

胴上げロボ…何だこの兵器は。。
あー、コンパニオンと未来ちゃん泣かせたwww


さて、有明海。
諌早湾がなぁ〜。

ふむ、太良岳と阿蘇山の恩恵を得ているのか。
…経ヶ岳とか雲仙岳は?
特に経ヶ岳。

潟スキー。
久々に見たなぁ。

そして流石名人www
凄いwww

ムツゴロウ!!
昭和天皇がウナギより美味いって言ったんだね。
ムツかけにムツ掘りか…。


スボかきで獲れるのが有明海固有の肉食魚、ワラスボ。
いやぁ、泥の中に住んでるからか、深海魚的な面白い面構えをしているぜ…!!
凄い。
吉田さん、指を突っ込んでみてるwww


ムツゴロウって赤身なんだね…。


有明海、約200本の川が流入しているのか。
筑紫次郎こと筑後川もその一つだな。


アンコウ網。
クラゲが多いなぁ。
クラゲばっかwww


こちらは竹羽瀬漁。
マナガツオにタチウオ…美味しそう。

ここで登場、海の宝石、アカエイ!!
そして朝廷献上品の赤い物体、ビゼンクラゲ!!


そしてアンコウ網で幻の魚、エツが登場!!
鮮度落ちやすいんだな。

カタクチイワシ科の魚だけど、結構でかいなぁ。






F1イギリスGP予選!!
決勝の時間がサッカー決勝とまる被りな件…(´・ω・`)


さぁ、今回はHRTのブルーノ・セナに代わってリザーブドライバーの山本左近が出走します。
チームは「左近の誕生日が近いから」って言ってるみたいだけど、真意は…?

因みに、次戦のドイツGPではブルーノが戻る予定らしい。
因みに、イギリスGP出走を聞かされたのは木曜の夜遅くだったらしい。


さて、ハミルトン父が来るって言ってたみたいだけど、ちゃんと来てたね。
ガレージにもいたよ。


Q1
ふむ、ウェバーが来たね。
左近、チラッとだけ出ただけだな…。
何だか悲しい。


Q2
バトンは苦戦中のようだ。
リアタイヤが滑るって。

お?
ベッテル、ハードタイヤだな。


…なんだ、新ストレートにもブリッジの下を通る箇所があるじゃないか。


む?
ペトロフ、どうしたんだ?
マシントラブルか?


で、ベッテルはソフトタイヤだ。


デ・ラ・ロサが暫定8番手!
うひょう。
頑張ってるな!!


10位以内を狙うヒュルケンベルグ、同じく10位以内を目指すリウッツィに引っかかってる感じ。
…あっ、リウッツィが膨らんだ。
そしてレーシングラインに戻ってきた。
ヒュルケンベルグが減速せざるを得なかった。
リウッツィにペナルティがありそうだ。


で、母国GPのバトンはマジで厳しいな…。
と思ってたら、シューマッハが第1コーナーで膨らんで芝生に突っ込んでるし。

あらま、バトンがやらかしたね。
母国GPなのに。

可夢偉、残念…。デ・ラ・ロサは初のQ3進出かな?


Q3
レッドブルがやっぱり速い!!
今回、レッドブルに迫ってるのはフェラーリのようだが、それでもレッドブルが速過ぎるぜ。。
ウェバーのシャシーはベッテルが使っていた「官能的なリズ」だが…うむ、やっぱりというか、何というか、ベッテルに追いつけてないね。


アロンソ、前のマシンが気になって抗議中。


デ・ラ・ロサが非常に健闘していますな。
マシンの戦闘力が上がってきているってのもあるだろうけれど。


てか、少し抑えつつプッシュしてあれか、ベッテル…。。
パネェ…。。


で、左近さん!
お久し振りです!!
約30分振りですね!!


さて、リウッツィがヒュルケンベルグの妨害をしたから、5グリッド降格ペナルティ。
15番手スタートだったので、20番手スタートですね。


さて、ポールポジションは…セバスチャン・ベッテル/レッドブル
2番手はマーク・ウェバー/レッドブル
3番手はフェルナンド・アロンソ/フェラーリ
4番手はルイス・ハミルトン/マクラーレン
5番手はニコ・ロズベルグ/メルセデスGP
6番手はロバート・クビサ/ルノー
7番手はフェリペ・マッサ/フェラーリ
8番手はルーベンス・バリチェロ/ウィリアムズ
9番手はペドロ・デ・ラ・ロサ/ザウバー
10番手はミハエル・シューマッハ/メルセデスGP

11番手はエイドリアン・スーティル/フォースインディア
12番手は小林可夢偉/ザウバー
13番手はニコ・ヒュルケンベルグ/ウィリアムズ
14番手はジェンソン・バトン/マクラーレン
15番手にヴィタリー・ペトロフ/ルノー
16番手にセバスチャン・ブエミ/トロロッソ
17番手にハイメ・アルグエルスアリ/トロロッソ

18番手にヘイキ・コバライネン/ロータス
19番手にティモ・グロック/ヴァージン
20番手にヴィタントニオ・リウッツィ/フォースインディア
21番手にヤルノ・トゥルーリ/ロータス
22番手にルーカス・ディ・グラッシ/ヴァージン
23番手にカルン・チャンドック/HRT
24番手に山本左近/HRT


いやぁ、レッドブル速いっす…。。
フェラーリのアロンソもマクラーレンのハミルトンも3番手がやっとだな…。

ロズベルグとクビサはやっぱり速い。
マッサ、Q3になると結構弱いのかなぁ〜…(´・ω・`)

このコースが大好きで得意なバリチェロ、マシンの戦闘力も上がってきたとこでここを迎え、この結果。
いやぁ、流石ですわ、鉄人。

そしてデ・ラ・ロサがなにげに来ている訳です。
シューマッハを抑えちゃったし。

フォースインディア、特にリウッツィはチームの地元GPだから、かなり悔しいでしょうね。。
まぁ、悔しいのはバトンも一緒だろう。

可夢偉はまだポイント獲得のチャンスありだな。

今回は
ロータス>=ヴァージン>HRT
って感じか。
左近はまだタイヤ(特にソフトタイヤ)に慣れてないようなんで、仕方ないかも?
取り敢えず、誕生日走行を楽しんでくれれば良いね。

|

« エンゲルスバーリの製鉄所 | トップページ | ペトラ遺跡 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ターヌムの岩絵群:

« エンゲルスバーリの製鉄所 | トップページ | ペトラ遺跡 »