« アイガイの古代遺跡(現在名ヴェルギナ) | トップページ | ケープ フロラ保護地域(ケープ植物区保護地域群) »

2010年6月 7日 (月)

フレデフォート ドーム

世界遺産でやったから、今日から南アフリカの世界遺産シリーズ。







さて、今日は…徹夜で録画したビデオを観てました(←

それにしても、テレビの画面…どうにかならないかな。。
買い替えなきゃダメか。




で、何処も行かず、ほぼ何もしてないような状況だったり。
マズい…あ、明日こそは…!!(←


ちょっと絵でも描いて寝るか。







続きから科学くんとポケサン、世界遺産!!





科学くん!!
へぇ、多摩川に干潟があるのかぁ。
シジミだけじゃなく、アサリやモクズガニもいるのか!

そういや、アユが戻ってきたんだっけ?
ふむ、ウナギやカワセミもいるのか…。多摩川、凄いな。

ほぅ、多摩川の水源は山梨と埼玉の県境にある笠取山か…。
アブラハヤって知らないんだけど、準絶滅危惧種なんだな。


さぁ、トウキョウサンショウウオです!!
ktkrwww
しかも幼生とか凄いわwww


ピラニアは臆病な動物なんだよ!!
そういや、おさかなポストも多摩川か。
てか、ピラニアとか捨てちゃダメじゃないか。

あっ、プレコだ。
ナイフフィッシュは知らないなぁ…いや、見てても感知してない可能性が。
でかい。
ノーザンバラムンディ…?
アロワナの仲間のように見えるけど。
うん、そうだった。
てか、チョウザメも捨てられたのかwww


タwwwマwwwゾwwwンwww川www
これは酷いwww

しかし、そう言われるだけ、外来魚…特にアマゾンの魚が多く放流されてしまっているって事だよな。
人間の勝手な行動で弱肉強食の世界に再び(或いは初めて)ほっぽり出されて、生物は生きるのに必死である。

そしてガーパイクである。
3mのガーパイク、でかいなぁ〜。
あんなのに噛まれたらヤバいね。
で、あれくらいまで巨大化するガーパイクがアリゲーターガー。

…しかしエサは食べてくれなかったwww


それにしても、絶滅危惧種のクロメダカを初め、コイやナマズ、スッポン等々…古来より多摩川を住処としてきた生物達が次々と戻ってきてるんだねぇ。
野生だぞ〜!


さて、次は巨大虫眼鏡ですかwww
グラサンをかけた科学くんの怪しさといったらwww

ふむ、太陽光を1万倍の密度にしていると。
2500℃とか、溶岩より熱いじゃないかwww


石の表面が弾けたwww
溶けてる溶けてるwww
パキッて割れたwww
あ〜、もうグニャグニャじゃないかwww

スイカの厚い皮を全て突破するのに10分くらいかかったんだっけ。
結構時間かかるな。
内部が沸騰したwww
ホットスイカwww

腕時計なんかすぐに黒煙がwww
あっー!!
消滅したwww

フライパンも所詮は金属だな。
2500℃だと10秒しか持たないんだ。

鉄アレイも煮えてる煮えてるwww


さぁ、ダイヤモンド!!
地球内部の高熱と高圧力で生成された、モース硬度10の鉱物だ!!
…まぁ、そう書くと結果が分かってしまいますが。

炭素の同素体だからなぁ。
それにしても、0.513カラット…あれは高いぞ。。


暫くは変化なし…おっ、黒くなった!!
輝きを放っていたダイヤモンドが真っ黒だ!!

そして小さくなっていく。
燃えた…っていうか、なんだろう。
縮んだんだが…溶けた?

形自体は保持しているんだが、やっぱり結晶の仕方による所が大きいんでしょうかね。
因みに、ダイヤモンドの融点は3550℃、沸点は4800℃らしいです。
あの虫眼鏡の出力は2500℃なので、長い時間当ててれば3550℃には近くなるんじゃないかな。
沸点までは…知らん。


炭のように…ってか炭だからwww


しょこたんの妄想www






ポケサン。

先週の観たけど、秋山隊員、ハードプラント持ちメガニウムの前にあっけなくwww
冷凍ビームが使えるシャワーズがニョロゾに眠らされてたもんなぁ。


今週…ちょwww
地元に近いじゃないかwww

ヤミラミ、頭撫でてて優しかった。


さて、所長のバトル…
ガルーラのオヤコアイにまもるをさせといて、ジバコ爆発www
しかしパルキアとラグたんの前ではイマイチ火力が足りないwww

あっー、グラードンのドンコニシにパルキアのあくうせつだんが急所ヒット!!
一撃ダウンwww

ホウオウのマコトくん、相手がミカルゲだけになったとこで自己再生とかwww
うぜぇwww
嫌らしいwww
ミカルゲのでんげきはじゃ火力不足だなぁ。
そして固いミカルゲもげきりん、10まんボルト、ブレイブバードの応酬には耐えられないですね。

今回オヤコアイ大活躍だな!
じしんでパルキアとラグたんを、げきりんでリザードンを撃破してるんだから。








世界遺産!
ニュージーランド、テ・ワヒポウナム!!
フィヨルドランド国立公園を含む世界遺産だ!!


ニュージーランド、雲が目立つんだねぇ。
よく雨や雪が降るようで。

ふむ、年間降水量は日本より多そうだな。

「白く長い雲のたなびく地」…あぁ、アオテアロアの事か。
そうかそうか。


鋸みたいな山が特徴…おぉ、マウントクックだ!!
現地名アオラキ。


雪すげぇ。
1年に12cm積もる…
ん?
1年に12cmって少ないと思う?

まぁ、取り敢えず、これが氷河になる訳やね。


雪解け水は氷河のミルクと呼ばれる泥色。
オシャレにいうなら、確かにカフェオレ色。
細かい土砂が混じってると考えてしまうと、オシャレに言ってもちょっとなぁ…(´・ω・`)


ふむ、ニュージーランドには150もの氷河があるのか。

その中の一つ、フランツジョセフ氷河。
先端の方は氷河に運ばれた石が積もってるから一見すると分かりにくいですね。

おっ、氷河の鳴き声が聞こえる。


氷河は移動するに従って溶けてく訳ですが…この氷河は40年で水に戻るんだって。
サイクルが早いらしい。
まぁ、これは地形や気候の変化によるみたいね。


2週間後には氷のトンネルができてたとか。
凄いぜ。。


さぁ、フィヨルドです。
いやぁ、ここのフィヨルドも良い景色だ。
海底からの高さ、2000m!
2000m下まで氷河があったってことなんだね。


で、夏…南半球では真冬ですけど…にやってくるフィヨルドランドペンギン。
頭に飾り羽があるからイワトビペンギンの仲間だな。
森で子育て。
越冬を兼ねてると思うよ。
ペンギンにとって険しい地形を通る種族な訳ですね。


川に行くフィヨルドランドペンギン…
泳ぐ体勢ではあるが、浅くて潜れないwww
なんか可愛いなwww


テ・ワヒポウナムの森はどうなってるかってーと…

シダが沢山。
まるで中生代。

樹齢1000年以上のカヒカテアという固有の針葉樹がありました。
木の上でシダやランなど、101種類以上の植物が共生してるらしい。
大地の一部…確かに、そうだな。

この木、ギネスに認定されてるらしいですよ。
凄いなぁ。


雨の多いニュージーランド。
温帯の南限にあるここは世界で最も寒いジャングル。
温帯雨林と言われるジャングルな訳で。


木生シダとか…マジで恐竜が出てきても違和感ない景観だな。
ニュージーランドは大陸移動の時に早々と大陸から切り離されたからなんだね。


ほむ、変わったシダだなぁ。
ヘンアンドチキンファーン、ニワトリの親子シダ。
葉の上に小さな葉が生えていますね。
葉の裏側に胞子嚢。

自分の葉の上で発芽してから地面に落ちるんだって。
不思議ねー。

ってか、マオリの人達が食べるのか!!


解毒作用があって潰瘍にも効くシダ、キドニーファーン…フキの葉みたいだ。
…木から生えてるけどね!!


マオリの人々が「水流渦巻く洞窟」と語り継ぐ場所…
むっ、テ・アナウ洞窟だと?!
テアナウ湖の近くだな。
確かに、テアナウ湖はあそこら辺にあったしな。

で、ここには小さな光が沢山。
マジで星空みたいだ。

これは…ヒカリキノコバエ(ツチボタル)の幼虫が出す光でした。
周りに透明なチェーンみたいなのが沢山あるけど、これは罠。
光に誘われた虫を捕らえるのだ。


さてさて、天上の星空も綺麗だなぁ…。


なんと、タカヘ…!!
忘れかけてたけど、貴重な鳥じゃないか。

プケコは知らないな。見た目的にはタカヘの仲間か。
プケコのヒナカワユスwww


さぁ、ニュージーランドの有名な鳥、キーウィだ!!
名前は鳴き声から。果物のキウイはキーウィに似てるから。
あぁ可愛い!!

ふむ、同じ巣穴につがいで棲むのか。
寿命は約60年…。


キーウィ強制的に出てきた。
調査の為とはいえ、どっか痛めないか心配ね。

いやぁ、可愛い!!


嘴鳴らしてるのは威嚇…?
分からないや。


微睡んでるキーウィ可愛い!!
キーウィ、犬並の嗅覚があるそうで。
嘴の先に鼻があるんだ。

このキーウィは2003年に5番目の種類として分類されたロウィという種類。
羽が柔らかく、色がグレーっぽい茶色なんだって。
そして、他の種類に比べると体が一回り小さいらしい。
ロウィの数は350羽…。放っておくと50年後には絶えてしまうかもしれないんだな…。


飛べない鳥は人間によって持ち込まれたネコやイタチ等によって駆逐されかかってる訳で。
むぅ、こんな可愛い子達を絶滅させちゃダメだ!!


綺麗な…氷塊かな。
美しい。
そして雪解け水の川。








で、ワールドカップだからか、南アフリカの世界遺産!


あっ、ミツバチ。


まずはゴールドラッシュで発展した南アフリカ最大の街、ヨハネスブルグから南西。
フレデフォート ドーム!!
20億年前の隕石衝突痕で、世界最古・最大級だそうです。

シュードタキライト…。
摩擦熱で溶けた岩が花崗岩の中に入り込んで急激に冷え固まったものか。
ほーぅ。

シャッターコーン…。
衝突時の衝撃波が円錐状に広がって岩を削った痕。
ほーぅ。


なだらかな山の稜線が弧を描く。
これがクレーター痕だった訳か。
しかも中心部。
だいぶ浸食されてるね。
貴重な衝突を物語る地形である。


衝突時のシミュレーター良いな。
ヨハネスブルグはギリギリ窪地に当たるのか…。


直径25kmの隕石…
白亜紀末期にメキシコ・ユカタン半島に落ちたものが直径約10〜15kmだったらしいから、それよりも全然大きいですね…!!

クォーツとゴールド!の細かい粒子!
衝突で金鉱脈が地表近くまで来たんだな。
それがヨハネスブルグを沸かせた訳だ。


さぁて。
次はケープ半島にある花の楽園、ケープ フロラ保護地域!!
急な岩山や砂地の土地が花畑!!


エリカ!!へぇ、エリカって あぁいう花なんだ!
極楽鳥花!!何だか不思議な花!綺麗!何かの生物みたい。
グラジオラスはハナアブと共生してる訳ですね。

山火事が子孫を残す合図、プロテア!
綿毛で風に乗る種。
山火事の後の灰は良い肥料になるね。


さて、次は…!
インド洋からの湿った風の恩恵、イシマンガリソ湿地公園!

湿地自体が貴重だぞ!
多分ラムサール条約指定されてるんじゃないか?


シロサイもいるぞ!!
ウシ科のニアラ…
アフリカ南部にしかいない珍しい動物だそうだ。

そしてオサガメの貴重な産卵地の1つ!


Wikiってみたら、サメとかザトウクジラとか…シーラカンスとかもいるんだって!


次はスタークフォンテンの人類化石遺跡群!!

アウストラロピテクスが・アフリカヌス棲んでいた渓谷だ。
チンパンジーは頭蓋骨に背骨が斜めに入っているが、猿人は頭蓋骨に背骨が真っ直ぐに入っていたと
か。
それが4本足で歩いていたか2本足で歩いていたかを裏付ける証拠らしいよ。


ここで見つかった世界最古の全身化石、リトル・フット…。
360万年前のものらしい。
ミッシングリンク。

まぁ、人類の進化を知る過程でとても重要な場所の1つですな。


お次は!
竜の山、ドラケンスバーグ!!
ウクハランバ/ドラケンスベアク公園!!
ここは複合遺産です。

洞窟に狩猟民族のサンが残した壁画が登場。
あれ、日常を表す落書きじゃなかったんだな。

壁画に描かれているのは…聖なる動物、エランド。
エランドが死ぬ時、神業的なパワーを放ち、シャーマンがそれを取り込む。
シャーマンの頭でそのパワーが爆発し、シャーマンは霊的な世界に…。
それで治療とかをするんだって。

因みに、エランドは現在も生きているアンテロープの1種。
オオカモシカともいうようだ。レイヨウ類では最大種である。


さて、次。
リヒタースフェルトの文化的・植物的景観!!

こちらは遊牧民、ナマが暮らす地域だ。
移動式住居はフトイと言う植物で出来てるとか。
ヤギを遊牧。

水分を沢山蓄えた植物…。
ふむ、沢山の多肉植物があるんだな。
ヤギの食料でもある訳で。

アロエの仲間も沢山。
アロエ ラモシッシマ、アロエ ペアルソニー、アロエ ピランシーって木みたいなアロエも。

そして、雨が降って初めて種が開くケイリドプシスってのもあるみたい。
種の存続の為の進化やね。


続いて、岩山…。
マプングブエの文化的景観!!
南部アフリカ初の王国があった場所である。
人口5000人の都市があの岩山の周辺にあった事を忍ばせるものは、パッと見、ないね。
山の頂には宮殿や王家の墓があったんだって。

王家の墓からは純金のサイとかが出土したらしい。
黄金交易で栄えた都市だったとか…。

Wikiを見ただけじゃ、なんでこの都市が忘れ去られたのかよく分からないお。。


17世紀は暗黒大陸と呼ばれた時代でした…。
ケープタウン沖にあるのが、ロベン島!

島全体が監獄だ!
人種差別やアパルトヘイトと戦う黒人政治犯を収容していた場所。

Wikiによると、ハンセン病患者も収容していたらしい。

監獄の中…
うわぁ、何か生々しい。
絶対あの場所にいたら息が詰まるわ。

後に南アフリカ大統領となるネルソン・マンデラも18年間収監されていたとか…。

ここで行われる労働は、新しい刑務所を作るものだったとか…。
話を聞く限り、過酷だ…。
独房では会話が禁止…働いてる方がマシらしい。。
まぁ、独房じゃ何もできないだろうしな…。
それだったらまだやる事あった方がマシか。。

しかし、脱出を試みた人々もいた訳で。
離島という立地がなぁ。。
荒れた海に阻まれて脱出も難しい…。

マンデラが大統領になってようやく監獄は閉鎖された訳ですな。


おぉ、チーターだ!
あっちはベローシファカかな?


最後は放牧だった。


来週はアフリカ特集2回目、カメルーンのジャー動物保護区!!

|

« アイガイの古代遺跡(現在名ヴェルギナ) | トップページ | ケープ フロラ保護地域(ケープ植物区保護地域群) »

コメント

アオラキって…なんだろう…?

投稿: BlogPetのまみ | 2010年6月 7日 (月) 15時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フレデフォート ドーム:

« アイガイの古代遺跡(現在名ヴェルギナ) | トップページ | ケープ フロラ保護地域(ケープ植物区保護地域群) »