« ベラトとギロカストラの歴史地区 | トップページ | ギガルド修道院とアザト川上流域 »

2010年3月 5日 (金)

ハフパット修道院とサナイン修道院

今日は午前中から午後にかけて説明会があったので、都内某所に行きました。
駅のホームから随分歩いたとこに出口があるんだな。


雰囲気良かったけど、こちらの準備が間に合わず、応募できない…(´;ω;`)うっ…。。





バイト中にうっかり例の件を思い出してしまい、胃がキリキリしてた…。








さて祝日法はどうなるんでしょうかね。
ホントに帰省・OFF会防止法(命名:俺)になるんでしょうか。

Tさん「GW恒例のオフ会やるよー!」
Lさん「行きたいけど、こっちはGWじゃないから行けないんだ…。」
雷龍「ぁ、そういやそっちはそうだったね…。。(´・ω・`)」

みたいな事になるんじゃないかな?
まぁ、ネットで知り合った人との交流を断ち、無駄なコミュニティを形成させない為にはある程度有効であるかとは思いますが。
学校ならまだ休めばなんとかなるけど、会社だと有給使わないとですな。しかも、有給は空気嫁って良く言われますし。


後は、表向きのメリットが結構あって、デメリットが少しあるくらいかなぁ。
会社によっては「うちの地域、GW期間だけど、取引先が働いてるからうちも働かないとですね」って働く所もあると思うから、

GW?ナニソレオイシイノ?(^q^)

状態の人が更に増えたりとかするんだろうね。


取り敢えず、我々が一番寂しいと思う事は「違う地域の人と今まで以上に会える機会が少なくなるかもしれない」ってことなんじゃないかなぁって思う。










取り敢えず、スケツーがアホ過ぎて笑えるwww










チリに続いて、今度は台湾で地震ですか…。。
環太平洋造山帯一帯で起こってるけど、関連はあるのだろうか?
流石にマグマの繋がりとかは把握してないから分からん。







続きからF1の事と拍手返信!





さて、F1の2010年シーズン開幕まで後…約1週間。
FIA(Federation Internationale de I'Automobile/国際自動車連盟)から参戦チームと参戦ドライバーの公式発表がありましたよっと。


まず、資金難で色々あったアメリカのチーム、USF1は正式に参戦しない事が決定したようです。
2011年に参戦権が与えられるか否かの発表は近日中かと思われます。

で、空いた枠を狙っていたセルビアのチーム、ステファンGPも参加承認貰えなかったらしいですね。
USF1の2011年度参戦権の有無の他に、ステファンGPの親会社に対する信用度に疑問があるとかなんとか。
他にも色々あるだろうね。

さて、どうやら、ステファンGPのファーストドライバーとして既に契約していた中嶋一貴は今年の参戦を断念せねばならないようだ。
可夢偉とのバトルをまた観たかったなぁ(´・ω・`)




さて、では、ラインナップを見てみましょうかね。
()内の国名は国籍でございます。


コンストラクター:マクラーレン・メルセデス
チーム名:ボーダフォン・マクラーレン・メルセデス(イギリス)

01.ジェンソン・バトン(イギリス)
02.ルイス・ハミルトン(イギリス)
メルセデスエンジン。




コンストラクター:メルセデス・ベンツGPリミテッド
チーム名:メルセデスGPペトロナス・フォーミュラーワンチーム(ドイツ)

03.ミハエル・シューマッハ(ドイツ)
04.ニコ・ロズベルグ(ドイツ)
メルセデスエンジン。




コンストラクター:レッドブル・レーシング・ルノー
チーム名:レッドブル・レーシング(オーストリア)

05.セバスチャン・ベッテル(ドイツ)
06.マーク・ウェバー(オーストラリア)
ルノーエンジン。




コンストラクター:フェラーリ
チーム名:スクーデリア・フェラーリ・マルボロ(イタリア)

07.フェリペ・マッサ(ブラジル)
08.フェルナンド・アロンソ(スペイン)
フェラーリエンジン。




コンストラクター:ウィリアムズ・コスワース
チーム名:AT&Tウィリアムズ(イギリス)

09.ルーベンス・バリチェロ(ブラジル)
10.ニコ・ヒュルケンベルグ(ドイツ)
コスワースエンジン。




コンストラクター:ルノー
チーム名:ルノーF1チーム(フランス)

11.ロバート・クビサ(ポーランド)
12.ヴィタリー・ペトロフ(ロシア)
ルノーエンジン。




コンストラクター:フォース・インディア・メルセデス
チーム名:フォース・インディアF1チーム(インド)

14.エイドリアン・スーティル(ドイツ)
15.ヴィタントニオ・リウッツィ(イタリア)
メルセデスエンジン。




コンストラクター:STRフェラーリ
チーム名:スクーデリア・トロロッソ(イタリア)

16.セバスチャン・ブエミ(スイス)
17.ハイメ・アルグエルスアリ(スペイン)
フェラーリエンジン。




コンストラクター:ロータス・コスワース
チーム名:ロータス・レーシング(マレーシア)

18.ヤルノ・トゥルーリ(イタリア)
19.ヘイキ・コバライネン(フィンランド)
コスワースエンジン。




コンストラクター:HRTコスワース
チーム名:HRT F1チーム(ブラジル)(旧名カンポス)

20.カルン・チャンドック(インド)
21.ブルーノ・セナ(ブラジル)
コスワースエンジン。




コンストラクター:BMWザウバー・フェラーリ
チーム名:BMWザウバーF1チーム(スイス)

22.ペドロ・デ・ラ・ロサ(スペイン)
23.小林可夢偉(日本)
フェラーリエンジン。




コンストラクター:ヴァージン・コスワース
チーム名:ヴァージン・レーシング(イギリス)

24.ティモ・グロック(ドイツ)
25.ルーカス・ディ・グラッシ(ブラジル)
コスワースエンジン。





HRTのマシンがお披露目されたようです。
HRTのドライバー、ブルーノ・セナのついったーで確認。

濃い栗色と黄色と噂されていましたが…照明の加減で、かな。オレンジに見える。
見方によっては濃い栗色…かな?

ブルーノ・セナのヘルメットはアイルトン・セナを彷彿とさせるカラーリングだな。
っていうか、ほぼまんまか?
懐かしいなぁ。







拍手返信!

りここさん:あら、いらっしゃいませ!
相変わらず何もない拍手画面ですみません(苦笑


うん、最近は更新もなく、忙しそうでしたもんねぇ〜。
温かい目で見守りたいのですが、第3のHNは全く分からなくてですね…(笑
ぁ、pixiv見に行きましたが、誰がりここさんなのか自信がなくてコメ送れませんでした。。
一応、同じHNでpixivやってます(笑
いえいえ、楽しむ程のものじゃないと思いますが、ありがとうございます〜。
りここさんもブログ、そしてサイト運営お疲れ様でした〜!
今後はゆったりとできますね(笑
それでは、拍手・コメントありがとうございました〜!

|

« ベラトとギロカストラの歴史地区 | トップページ | ギガルド修道院とアザト川上流域 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハフパット修道院とサナイン修道院:

« ベラトとギロカストラの歴史地区 | トップページ | ギガルド修道院とアザト川上流域 »