« 携帯擬人化バトン | トップページ | エディンバラの旧市街・新市街 »

2010年3月14日 (日)

カンタベリー大聖堂、聖オーガスティン修道院、聖マーティン教会

そういや、誕生日まで後半月ないんだよね。。
ESとか色々に追われてて忘れてた。






さて、そんな訳で、今日は進級確認行ってきました。





帰りにゲーセン。
久々のQMAだわw


レッスンで地理回すも、3000行かない…(´・ω・`)

一度、自己ベストに近い2800まで行ったんだがなぁ。


そういや、100円が中で詰まってたので頑張って入れたら、4クレになった(゚э゚)
普段は100円2クレ設定なのよ。

直してもらった直後に友人が100円入れてみたら詰まって大爆笑したwww
ようやく入ったと思ったらやっぱ4クレになったりwww
その後も100円入れたら4クレになったし、不安定だったな。


で。

友人が「理タイ縛りやりたい!」ということで、してみた。
理系タイピング縛り、ね。


さて、結果ですが、まぁ、「勝てる訳がない」ですねw
1回目は久々のたらいだったwww
まぶしい たらい ですぅ

V
アーケード版最後の雄姿。

各種記録を撮ってないのでそれを撮ってQMA6は締め、だな。






こんなことやってるから詰むんだ\(^O^)/


現実逃避\(^O^)/


息抜きし過ぎてる\(^O^)/







続きからF1!




遂に始まった!!
2010年F1!!
OPの曲は殆ど変わってないんだね。


初戦はバーレーンのバーレーンインターナショナルサーキット!!


いやぁ、何か、ニヤニヤしちゃうね!
うひょひょ!!

去年ブラウンGPを脅かしたレッドブルのマーク・ウェバーとセバスチャン・ベッテル
現チャンピオンのジェンソン・バトンと2008年度チャンピオンのルイス・ハミルトンを擁し、オール英国チームとなったマクラーレン
現役最強と言われるフェルナンド・アロンソと2008年にハミルトンとの熱いチャンピオン争いを演じたフェリペ・マッサを擁するフェラーリ
そして昨年度のチャンピオンチーム、ブラウンGPはメルセデスGPとなり、「皇帝」、ミハエル・シューマッハを迎えた。
昨年のクラッシュ・ゲートから立ち直った(立ち直る最中?)ルノー
昨年後半に勢いがついたフォースインディア
昨年のラスト2戦でペーター・ザウバーの気を引き、ザウバーのフルタイムドライバーとなった小林可夢偉
ヤルノ・トゥルーリとヘイキ・コバライネンという腕のあるドライバーを獲得して復活した伝統のクラシックグリーン、ロータス
HRTのブルーノ・セナは伝説のドライバー、アイルトン・セナの甥!


いやぁ、楽しみですなぁ!!


ってことで。
予選だ!!

今年もノックアウト方式と呼ばれる方式です。
出したタイムによって順位が決められ、上位17人が次の予選、Q2へと進む事が可能です。
で、Q3へ進めるのは変わらず上位10人。
Q1とQ2で7人ずつノックアウトされる訳ですね。
チームと共に人数も増えたからな。


さてさて。

おっと、現ワールドチャンピオンのジェンソン・バトンが危うくQ2で敗退する所だったよ。
10位ギリギリとは!
フェラーリの2台はかなり良いペースのようだ。
上位に食い込んでいる。
フェリペ・マッサは昨年のハンガリーGP中の事故からの復帰戦となった訳だが、速さが全然損なわれてないように見える。
まぁ、決勝がどうなるか分からないけど。。


そしてポールポジションが決まるQ3。
セバスチャン・ベッテルは相変わらず攻めてるねぇ!
ファステストを1秒近く上回るタイムを叩き出したとは!
速いと言われていたフェラーリも上回れないぞ!

で、2010年初のポールポジションはベッテルになったのでした。
うーむ、若き才能、ミハエル・シューマッハの後継者と言われるだけはある。

ベッテルのヘルメットは飲料のレッドブルの缶のデザインそっくりなんだよな。
ヘルメット上部にプルタブあるしw


ってことで。
ポールポジション:セバスチャン・ベッテル(レッドブル)/ドイツ
2番手:フェリペ・マッサ(フェラーリ)/ブラジル
3番手:フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)/スペイン
4番手:ルイス・ハミルトン(マクラーレン)/イギリス
5番手:ニコ・ロズベルグ(メルセデスGP)/ドイツ
6番手:マーク・ウェバー(レッドブル)/オーストラリア
7番手:ミハエル・シューマッハ(メルセデスGP)/ドイツ
8番手:ジェンソン・バトン(マクラーレン)/イギリス
9番手:ロバート・クビサ(ルノー)/ポーランド
10番手:エイドリアン・スーティル(フォースインディア)/ドイツ

11番手:ルーベンス・バリチェロ(ウィリアムズ)/ブラジル
12番手:ヴィタントニオ・リウッツィ(フォースインディア)/イタリア
13番手:ニコ・ヒュルケンベルグ(ウィリアムズ)/ドイツ
14番手:ペドロ・デ・ラ・ロサ(ザウバー)/スペイン
15番手:セバスチャン・ブエミ(トロロッソ)/スイス
16番手:小林可夢偉(ザウバー)/日本
17番手:ヴィタリー・ペトロフ(ルノー)/ロシア

18番手:ハイメ・アルグエルスアリ(トロロッソ)/スペイン
19番手:ティモ・グロック(ヴァージン)/ドイツ
20番手:ヤルノ・トゥルーリ(ロータス)/イタリア
21番手:ヘイキ・コバライネン(ロータス)/フィンランド
22番手:ルーカス・ディ・グラッシ(ヴァージン)/ブラジル
23番手:ブルーノ・セナ(HRT)/ブラジル
24番手:カルン・チャンドック(HRT)/インド


なにげに、ロズベルグはかなりの確率でシューマッハを上回ってるんだよね。
シューマッハにしてみれば、面白くない状況だろう。

…チャンドックは予選走ってるみたいだけど、フリー走行走れてないらしいから、決勝には出走できないみたいね。
デビューは次戦か…。。
次は、オーストラリアGPだったか?
メルボルンのアルバートパークで行われる公道サーキットだな。

|

« 携帯擬人化バトン | トップページ | エディンバラの旧市街・新市街 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カンタベリー大聖堂、聖オーガスティン修道院、聖マーティン教会:

« 携帯擬人化バトン | トップページ | エディンバラの旧市街・新市街 »