« バムとその文化的景観 | トップページ | ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群 »

2010年2月25日 (木)

ジャイアンツ・コーズウェーとコーズウェー海岸

さて、昨日はきっと遅寝の後遺症でまた4時とかくらいでしょう、寝れたのは。


で、今日は10時に起きました(゚э゚)
9時頃に一旦目が覚めてたんだがね、ちょっとうとうとしてたよ。


フィギュアスケート観つつ飯喰って、学校へと行ってきました。


で。
成績確認なのですよ。
それと、研究室メンバーでの会議。


…人が沢山いたので成績確認は後回し!


で。


友人が家で寝てたwww


電話したら起きたので、来るまで待ってたり。


で。


会議の結果、参考書見に行こうぜ!って事になったので、本屋へ。


その前に、成績確認した。


















                                 ,.へ
  ___                             ム  i
 「 ヒ_i〉                            ゝ 〈
 ト ノ                           iニ(()
 i  {              ____           |  ヽ
 i  i           /__,  , ‐-\           i   }
 |   i         /(●)   ( ● )\       {、  λ
 ト-┤.      /    (__人__)    \    ,ノ  ̄ ,!
 i   ゝ、_     |     ´ ̄`       | ,. '´ハ   ,!
. ヽ、    `` 、,__\              /" \  ヽ/
   \ノ ノ   ハ ̄r/:::r―--―/::7   ノ    /
       ヽ.      ヽ::〈; . '::. :' |::/   /   ,. "
        `ー 、    \ヽ::. ;:::|/     r'"


ノーミスクリアだっ!!


ってことで、来年に取る再履修科目は1つだけ、か。
それでも大変だがなぁ。




で、会議の方は…1歩後退しましたwww


いや、大前提を覆してしまったので。


詳しく言うと、使用ソフトを換えちゃおうかっていうね。


先生に聴いてみた方が良いだろうから、それが通ったらその方針で。


…後、今更ながらデッサンの画集とか欲しいと思い始めた。

友人のデッサン画見てて思うんだが、やっぱり色々なポーズ描けるようになりたいしなぁ。
特に座った時のポーズとか難しいしねぇ。


…お、良い事思いついた!

が、実行するのが遅くなりそうだ。









フィギュアスケートのショート観てました。

鈴木明子選手の曲が「Rever dance」の「アンダルシア/ファイアーダンス」…だと…?!
曲だけでも燃えるのに!!

鳥肌立ちっぱなしだったよ!!
うひょー(・∀・)!!


衣装もイメージに合ってたし、ジャンプとかから次の行動に入るまでの繋ぎの部分でフラメンコ的な感じの動きを入れてたし、良いなぁ!

最初のジャンプで手を付いてしまったのと、スピンのスピードがちょっと緩慢だったのが痛かったのかな、と。
でも、点差が小さいから、上位狙えるみたい。


アメリカ代表の長洲未来選手も良い位置にいるよね。
両親日本人で、生粋の日本人だけど生まれも育ちもアメリカっていう人。
国籍は日本とアメリカを持ってて、日本は競争率が激しいからか、アメリカからの出場にした選手。

実力はかなりある人なんだろうな。
2010年の全米選手権で2位になってるし。





っていうか、またRever danceの曲聴きたくなってきた、公演観たくなってきた…!!







続きから、世界遺産!!
+も一つ。







私信〜。


いやぁ、吃驚したwww


…おや?手が不自然に滑って右クリックを…?(事後報告すみません;


くまさん達に取り囲まれて余裕で着替えさせられてしまうネギにワロスwww

ネギ似合ってるwww
やっぱり、女装と言ったらネギとクレス君!って言われるくらいの立場にはなって欲しいなぁって思います。

言ってる本人が描いてないですが!


Aはツッコミを入れた後、しょぼーんとするんじゃないかと。

Cが一番戸惑ってオドオドしてくれると思いますwww
で、やっぱりしょぼーんする。
穴は掘らないでください。人の家です。


個人的にはBで(←
女の子の前なのにビービー喚きながらさてん子ちゃん先導のダンスを踊ってるとかね、そういうシチュエーション良いよね!
ネギは踊りは慣れてない筈なので、かなり不器用な踊りでさ!


(・∀・)によによ


Yさん、ネギを可愛く描いて頂いてありがとうございました〜!


…うちのメンツも何かと(色々な意味で)恵まれ過ぎなんだと思うよ!

このリア充めが。羨ましいぞっ!!(^ω^)もけけけけけ








世界遺産。
今回は中国、広東省開平の楼閣群!

水田のある村に聳える何だかちぐはぐな楼閣のお話です。


アメリカ・大陸横断鉄道建設には沢山の中国人が動員されたらしいですよ。
さて、これが今回の世界遺産とどう繋がっていくのか…。


この地域には1800以上…沢山の楼閣があるんですな。
多くが4、5階建て。
30年間で建てられた物らしいですよ。
そんな短期間でそんな数の楼閣が建てられた意図とはなんでしょうかって事です。

しかも、バロック風、ギリシャ風…色々混ざってますな。


この楼閣、謎は香港にあり、だそうですよ。


開平は香港から西に約300km程にあると思われる(地図帳に載ってなかった。。世界遺産登録も2007年だったし。地図帳は2005年度版)米作りが盛んな農村地帯。
そこにある村の1つ、自力村…ここには15の楼閣があるそうです。
多くが1920年代に建てられたんだって。

この楼閣達、1つ1つ名前があるっぽいな。


ドイツからの鉄筋やイギリスからのコンクリート…家具に調度品等は殆ど輸入品だそうだ。
色ガラスとか蓄音機とかもあるのか。


開平近辺には1833棟程の楼閣が存在。


馬降龍村には一番古い楼閣があるそうです。
ぉ、窓に鉄格子!

鉄製の引き戸式ドアは頑丈だそうだ。
鉄製の扉は100kg以上あるんだって。

いやぁ、頑丈な創りだなぁ。


家族の為の部屋とかあるみたいで、部屋にはベッドや家具が。
それだけで部屋が埋まりかける程狭いみたいだ。


で、この楼閣の目的。
それは…


盗賊が来ると楼閣に避難した、避難所だった!


ってことらしいです。
成程、そりゃ頑丈にせなあかんなぁ。


20世紀初頭、村周辺は強盗が横行していたそうです。

まず、第一の自衛策として鋭いトゲのある竹を周囲に植えたらしい。
天然の有刺鉄線と番組では言われておりましたな。

次に、密集した集落の家々。
馬で来る強盗が通りを走れず、侵入しにくい造りになっているんだって。
確かに、馬で走るにはキツそうな路地裏的な通りだ。

それでもダメな時には、この楼閣へ非難したんだって。
最後の砦って感じですな。

最上階は男達の集まる広間になっていて、四方の壁に強盗を狙い撃つ銃眼もあるのだそうだ。


で。
明時代の楼閣を見てみると。
いやぁ、煉瓦~。
また、味があるなぁ。


これは洪水被害や強盗被害時の避難所に使われたそうです。
やっぱり、強盗対策ってのが重要な訳ですな。


それから、20世紀初めには防御目的だけではなくなったらしいですけど。
っていうか、30年の間に建てられたんだから、いつでも20世紀初めだよね。。


楼閣は住居にもなっていました。
広い窓、華やかなタイル、どの階にもある台所、最上階には先祖を奉る祭壇。

どうやら、先祖の方がカナダへの出稼ぎで得た金で建てたらしいです。


この頃、北米、オーストラリア等の金鉱や建設現場まで出稼ぎをしに行く中国人が結構いたそうです。
彼らは苦力、クーリーと呼ばれたそうで、低賃金、長時間重労働だったとか…。

それでも、洪水被害に悩む家族達の為に耐えて金稼ぎしたんだよなぁ、当時の人達は…。


そういった人達は、開平に流れる川から小さな船で香港へ、そして出稼ぎ労働に出ていたようだ。


事業に成功した人々は豊かな暮らしをしたらしいですよ。
でも、当時の法律じゃ家族を呼び寄せられなかったから、貴金属や宝石、舶来品等を詰めたトランク
と共に故郷に戻ってきたんだって。

そして楼閣を次々と建てたようだ。
そういう背景がある楼閣っていうのは、洋風みたい。


アメリカで成功したある人の建てた楼閣は…
水洗式トイレ、バスタブ、暖炉…
暖かいから暖炉いらんのな。

ミシン、自転車、扇風機と「3つの回るもの」も揃ってる。


とまぁ、こんな感じの洋風な生活だったみたいだ。


これらの洋風な楼閣、何処で見てきた物なのかっていうと、イギリス植民地だった香港の西洋風建物からヒントを得たのではないかと言われています。
海外に行く際や故郷に戻る際は香港に必ず立ち寄ることになるので、その際に見たのでしょうね。

香港大学の塔部分が開平の楼閣に直接影響を与えたとかなんとかって説がありますが、まぁ置いておいて。


香港や海外の観光地の絵葉書とかを参考に大工に造らせたみたい。
だから、色々な建築様式のパーツが集まってる、ちぐはぐだけど豪華絢爛な楼閣が出来たのですな。


これらの楼閣は西洋建築の憧れや海外を知っていることの自慢の現れでもある訳ですなぁ。


故郷に錦を飾りたいってのから発展して例によって建築競争に。
人間って、ホント高層建築好きだよねwww


村人達が建てた、明から続く伝統的な楼閣は堅固な要塞のようなものでした。それは、楼閣の元の役割を果たさせる為ですね。

で、アメリカで成功した人がフランス人建築家に依頼して建てた豪華な楼閣が登場。
これは村一番の楼閣だ!と褒め称えられた程の絢爛豪華なものでした。


そして、開平で一番高い瑞石楼が登場する、と。
9F建て、まさに農村の摩天楼。
他の2つの楼閣を見下ろしちゃうぜ!!

この楼閣、金融業で成功した大富豪が建てました。

外装・内装も豪華だなぁ。
流石、金融業の成功者違う。


で、この楼閣は勿論住居用の楼閣な訳ですよ。
…でもね。

8Fのギリシャ風柱がある展望台、サーチライトも完備でした。


ちゃんと村の事も考えてある訳ですよ。


住居でありながら、村の防御すらも出来る最高の楼閣ですな!

末裔の方も誇りに思っているそうですし。


いやぁ、面白いなぁ〜。


…ぉ、傾いてる楼閣があるお。


次は韓国、済州島!
済州島と言えば、石と風と女の3つが多いらしいですよ!
で、泥棒と乞食と泥棒を防ぐ大きな門の3つがないらしいですよ!

…まぁ、そんな事良いとして、火山島でありまして、「済州の火山島と溶岩洞窟群」として2007年に世界遺産に登録された訳ですな。

|

« バムとその文化的景観 | トップページ | ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャイアンツ・コーズウェーとコーズウェー海岸:

« バムとその文化的景観 | トップページ | ウベダとバエサのルネサンス様式の記念碑的建造物群 »