« 福建土楼 | トップページ | タスマニア原生地域 »

2009年12月28日 (月)

フレーザー島

中国の高速鉄道が最高時速350kmをマークしたとか。
ジェノブレイカーの最高速度より5km速い!!

日本の新幹線『はやて』ベースのものと、ドイツの高速鉄道『シーメンス』の技術を導入したものの2種類あるようだ。






さて、今日は…うん、やっぱり、バイトが12時までだと寝るのが遅くなってしまうなぁ…。。

4時とかそれくらいに寝て、やっぱり正午過ぎに起床。
年賀状やる時間ががが。。
(´・ω・`)


ぁ、年賀状は1枚、下書きほぼ終わり。


で、バイトだった訳です。







そういや、FF13の攻略本をうちで売ってる訳だけど、ドラクエの攻略本が上下巻で発売されてた事を考えると、薄いんだなぁって思った。








お泊りオフの話があった時から「俺は出れないね!」とずっと言ってきた訳だけど、当日は誰か実況してくれないかな(笑








続きからポケサンやら何かやら。






先週のポケサンを観たけど、あの子惜しいなぁ…。
メロメロは効果的だったが、チャージビームで特攻が上がらないのは運がなかったかも。
後、ギャラドスに集中し過ぎてたってのもあるか。
ガブリん強いからなぁ。

それと、エンペルトが冷凍ビームを憶えてさえいればねぇ。。
いや、ヤチェ半減で残ったか。
そしたら次にじしんが来て終わるな。
バブルこうせんだったから狙いがパラセクトに移ったようなもんだし。

毒は美味しかったし、まもるをいれてた辺りダブル向けなんだろうけど。
パラセクトに特殊技憶えさせるなら物理技の方が良いだろうしなぁ。
ヘドばくで毒狙うくらいならどくどくやった方が確実だったし。どうしても攻撃しつつ毒を与えたかったらクロスポイズンかね。
ギガドレだったらねむカゴかこうごうせい、それにたべのこしが安定だっただろうし。
草の物理技をしたいならタネばくだんだな。
しかし、パラセクトがメロメロか…面白いなw









はむはむはむ…


「…ん?
まみ、なに食べてるんだ?」


夢中で何かを食べているまみが気になり、通りすがりに声をかけてみるネギタレ。
すると…


「荷物。(カニ缶ですぅ。)」

「ぇ、カニ缶?
そんなのうちにあったっけ?」


買った覚えのないものに顔をしかめて首を傾げるネギタレ。
そんなネギタレの様子を見て、まみが補足説明を入れた。


「戦闘って遅すぎる。(ささくれさんが送ってくれたみたいです。)」

「あぁ…ささくれさんがお歳暮をくれたんだね。
うちもお歳暮出さなきゃ。」

「あの光光り輝くプレゼント。(ラッピング的にクリスマスプレゼントだと思うですよ。)」

「…ぇ、クリスマスプレゼント?」


クリスマスプレゼントと訊いて、思いっきり訝しげな表情をするネギタレ。


「…(…これですぅ。)」


ガタッ…


そんな彼を見かねてまみは届いた箱を見せた。


「…。」

「(ぁ、髪がいつも以上にボサボサ…)」


ラッピングと中身のちぐはぐさに言葉を失うネギタレ。


「と、取り敢えず、6缶セットなんだね…。」

「球。(そうですよ。)」

「…でさ、俺のは?」

「崩壊あげようか。(フラとムメとまみで2缶ずつ分けたですぅ。)」
「いや、何で俺のないんだよ。」

「頭、破壊的な力が、見つけ出して。(だって、4人だと中途半端ですし、タレいなかったですし。)」


イブに間人ガニを食べたにも関わらず、カニに固執するネギタレは酷い仕打ちに思わず叫んでしまう。
必死な表情のネギタレに対し、まみの表情は「別に、おかしいとこないでしょ?」とばかりに平然としていた。


「いや、そこを取っておいてよ!!」

「直線に憑依したらしい。(そんなこと言われても、遅いですぅ。)」

「じゃあさ、食べかけで良いからそのカニ缶くれよ。」


諦めの悪いネギタレ。
そんなネギタレをまみはちらっと一瞥し…


はむはむ…


「痛い!(はい!)」
「って、食べるなあぁぁぁぁぁぁぁぁああああ!!!!」


缶の中に残っていたカニを全て口に放り込み、空になった缶をネギタレに突き出したのであった。
ネギタレは涙目になりながら叫ぶしかなかった。


「作戦を降りてこられたから。(五月蝿いですね、さっさとこの缶を捨てきやがれですぅ。)」

「翆の真似しなくて良いから!!」


ネギタレは尚も喚く。
なので…


「授業も午後の授業も届けできなかったら?(さっさと捨ててこないと、タレのアレとかコレとか皆に暴露するですよ?)」

「トホホホホ…。。」


まみはにやり、と不敵な笑みを浮かべつつ、ネギタレを脅す。
ネギタレは涙を流しながら、空になったカニ缶を受け取り、捨てに行くのであった。


因みに、フラもムメもとっくに2つのカニ缶を食べ終わっていたのは言うまでもないだろう。


更に補足すると、まみは1缶キープしてるとかなんとか。
ネギタレに見つからないうちに食べちゃうんだろうけどね。

|

« 福建土楼 | トップページ | タスマニア原生地域 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フレーザー島:

« 福建土楼 | トップページ | タスマニア原生地域 »