« ペトラ | トップページ | パリのセーヌ河岸 »

2009年10月18日 (日)

大西洋岸森林南東部の保護区群

国家戦略局って何するところかと思ってましたが、今日ニュース見てて大体把握した。
イギリスのシステムがモデルらしいが…今の日本で真似事やって、通用するのか??

官僚に丸め込まれて\(^O^)/な気がしてならないんだが…。。




そういや、新東京タワー「東京スカイツリー」の高さが当初の610mから634mになるらしいね。
なんでも、ワイヤーとかの支えを必要としない「自立式電波塔」の中で世界一をキープしたいが為らしく、てっぺんのアンテナ部分を延長するようだ。

当初はニューヨークのグランド・ゼロに出来るフリーダム・タワーが609mで世界一になるっていうから、それに合わせて610mとしていたらしい。
だけど、中国・広州に今年末に完成する電波塔が610mだっていうのを聞いての変更のようだ。
635mにした理由は、東京の昔の国名、「武蔵」になぞらえてのことだとかで、覚えやすいですね!!

因みに、今の所世界最大の自立式電波塔はカナダ・トロントにあるCNタワー。
その高さ、553m。
CNタワーはQMAのタイピングで出るよ!
未だに正解率30%台。
CNタワーの画像が出て、建ってる場所(トロント)を堪えさせる問題も四文字であるよ!
こっちは正解率忘れた。40%台だった気がする。






昨日は早く寝ようと思ってたのに、結局4時くらいに寝ることになってたりして。
その結果、起きたのは午後だよ!!\(^O^)/

原稿やる時間ががが。。
バイト行く前までに最終ページの約半分までは行きましたが。。
ホントは今日で下書き完成まで持って行きたかったのー。


バイトに行こうとしたら雨の音。
でも、出た時には殆ど止んでた(゚э゚)

その後、雨が降ることはないのでしたー。


今日のバイトは妙にヒマだった。
いつもやってることは全て終わってたし、殆どレジとホットフードの様子見だけだったから…。。


(゚э゚)


帰ってから某絵チャに顔を出してきました。
絵描ける体勢じゃなかったのにね。。


取り敢えず、初めまして!な方が3人(入室した時点では2人でしたが)いて吃驚したのでした。
うーむ、やはり、流石Legacyと言うべきだろうか。

取り敢えず、カオナシ宇宙人くんは怖いということでここは一つ。


F1予選始まる前にちょっとでも原稿進めようと思ったけど、F1始まった(笑


続きからハロウィンなアレとかF1とか。





取り敢えず、オールディさんパネェっすwww
やはり探偵さんもコミカルキャラできるのかっ!

オルナ嬢も覚醒したようで。
さて、次は同調関連かな?








F1予選!
ブラジルGP、サンパウロ近郊のインテルラゴスだ!

数々のドラマを生んだ、アップダウンの激しいクラシックサーキット。
標高の高い所に位置し、天候が変わりやすいぞ!!


その前に、日本GP予選のクラッシュで実は脊椎にダメージを負っていたことが判明したティモ・グロックが欠場。
その代わり、サードドライバーの小林可夢偉がブラジルGPに出走することとなっています。


土曜午前中のフリー走行は雨で遅延、やっと始まったものの、ロマン・グロージャンがスピンしたことにより中止になったようです。
ここであまり時間がなかったとは言え、ニコ・ロズベルグと中嶋一貴が1・2位タイムを出しています。

一貴はコンマ6秒以上離されていますが、1分23秒台はこのウィリアムズペアだけです。


さて、予選も雨となりました。
アップダウンの激しいこのコースでは、トラックの至る所に水溜まりや傾斜による水の流れ…所謂「川」が形成されていて、コース状にレースラインが出来るまでは慎重にいかないと、水にタイヤを取られた瞬間あっという間にコントロールを失ってスピンしてしまったりするそうで。

Q1からいきなりやられたのがジャンカルロ・フィジケラ。S字状のカーブで水溜まりに足を取られたのか、スピンしてコース上に停止。
これによって赤旗中断!

中断後はレースラインが少し見えてたし、雨も減っていたようだけど…やっぱり視界が悪いなぁ。。


ブラウンGPのフロントウィングが更に黄色くなってたけど、今回から??
スポンサーがついているようです。

Q1で一貴がトップタイムwww
その直後にチームメイトのニコが抜いて行くんだけど、一貴はトップタイムを出した次の周もタイム計測を行って、2番手タイムを出す。

Q1タイムアップ間近!
一瞬黄旗が出たのはハミルトンがコースオフしたからなのか??
ハミルトンは雨だとちょくちょくコースオフとかスピンとかする場面を見かけますね。
ハミルトンは走行には問題なさそう。

っと、グロージャンもスピン。
しかし、こちらも走行には問題なさそうだ。

タイムが伸びず、ハミルトンが諦めた。
今回の決勝で表彰台に上がればまだワールドチャンピオンの可能性が残るセバスチャン・ベッテル。
しかし、前に追いついてしまって自分のペースが保てなくなったり、最後のアタックを開始したけど雨が酷くなったりして諦めざるを得なくなりました。
雨には強いと言われるベッテルですが、今回は雨に泣かされたって感じ。
痛恨のQ1敗退。
これは厳しいですね。。

Q1、ニコがトップタイムで一貴は4番手タイム。可夢偉も7番手タイムと出だしは上々のようです。


雨が激しくなってQ2開始が遅延。

ぉ、フェラーリピットにフェリペ・マッサの姿が。
事故があった訳だが、手術で事故前と殆ど変わらない顔立ちになっているね。
今回の決勝、チェッカーフラッグはこのマッサが振ることになっています。

やっとこさQ2開始。
雨によってまたレースラインが消えていました。
Q1より時間が少ないのに、これはまたキツい。

…と思っていたら、キミ・ライコネンのすぐ後ろを走っていたヴィタントニオ・リウッツィが派手にクラッシュ!
そして赤旗中断!

フロント・リアのウィングやらタイヤやら、そして各パーツを盛大に散らかしてしまいました。
マシン、左のフロントタイヤしかほぼ残ってないし。。

リウッツィは全然平気なようだ。
ライコネンには当たらなかったので、更なる事故にはなりませんでした。

そして、一貴がスピンしてた。
まぁ、この赤旗で無駄な時間を浪費せずに済んだね。


そして、気付いたら中継になっていた。
現地の開始時間的に、生放送だろうとは思っていたが…。。

何処のチームのクルーだろうか、自分が国際映像に映ってるのを見てこっち見たwww
ちゃんとポーズ取ってくれるんだね!


生放送中ですが、赤旗中断中です。
セーフティカーがコースを周回して状況を確認してます。
この光景見るの、本日二度目です(゚э゚)

これ、放送枠に収まらないだろうなぁ。。
…ぁ、予選放送オワタwww\(^O^)/
やっぱりなwww


ってことで。
(暫定15番手):ヴィタントニオ・リウッツィ/フォースインディア
16番手スタート:セバスチャン・ベッテル/レッドブル
17番手:ヘイキ・コバライネン/マクラーレン
18番手:ルイス・ハミルトン/マクラーレン
19番手:ニック・ハイドフェルド/BMWザウバー
20番手:ジャンカルロ・フィジケラ/フェラーリ


暫定、というのは、Q2で他にクラッシュしてリタイアする人がいなければ、という話です。
でも、マシンの状況的に決勝はピットスタートだろうなぁ。

一番遠い位置にいるとは言え、ワールドチャンピオンがかかっているベッテルにとっては難しい位置からのスタートになりましたな。
まぁ、最後方スタートから1位取った人もいるので、まだ分かりません。

最近好調のマクラーレン勢、絶不調に。
ハミルトンはコースオフしたしなぁ。
コバライネンは今季、全然パッとしたとこがないので就活にも響きそうだよね。
こちらも最近好調だったBMWのハイドフェルド。
一体、どうしたんだい?
フィジコは最初にマシンが止まってしまったので否応なくって感じ。
フォースインディアのマシンに乗ってたら、滑ってはなかったんだろうなぁ。
それ程、フェラーリのマシンは乗りこなすのが難しいのかな。

|

« ペトラ | トップページ | パリのセーヌ河岸 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大西洋岸森林南東部の保護区群:

« ペトラ | トップページ | パリのセーヌ河岸 »