« ツォディロ | トップページ | コモド国立公園 »

2009年9月27日 (日)

マラッカ海峡の歴史的都市群:マラッカとジョージタウン

取り敢えず、眠いっす。
さっさと寝ろよw
って感じだけどなwww


今日は暑かったですな。
ツクツクボウシが鳴いてましたw



今日はおとんに誘われて都内某所に行ってきました。


成田エクスプレスの新型車両が登場するんですね!
E259系らしい。
ガラリと印象変わったなぁ。
かっこよさげだけど、先頭部分横になって記されてる「NEX」ががが。。
初代の方がスタイリッシュだと思った。


TBSって、Tokyo Broadcasting Systemの略だったんですね!
今日知りました(^^

「Jinja Shrine」って、「神社神社」って言ってるようなものだよなw
と思いました。
でも、外人さんは分かり易いのかもしれない。
…でも、「Jinja」も神社の名前の一部だと思う可能性もあると思う。


セブンに寄ったら、ビッグサンダーとかあって吃驚しましたw
ブラックサンダーの兄貴分ですな。
雷神大暴れ!!


久々にバイキングっした。
…めっちゃ私的利用ですけどwww

それにしても、胃が小さくなったものだ。


Stockholm




ストックホルム。

スウェーデンには「シル」というニシン料理があるそうです。
ニシン好きですねぇ。
って思ったけど、北海にニシンが生息してるからって理由なんだろうなぁ。
日本人みたいにマグロ大好き!とかってじゃないんじゃないかなぁ。







バイトは絶不調。
これだからせっかち天然は困るぜ…。。





追記から魂銀とF1予選!




魂銀!

進化の石をゲットすべくスロンポイントを稼いでいました。
炎の石が景品なんだから、太陽の石も絶対景品だろうしね。

破壊王に続き、体当たり王だかなんだかって言われましたwww
まぁ、当たり屋って言われるよりマシだけどwww

で、ポイント稼ぎついでにオーダイル♀アヌケトで全ジャンルのメダルをゲットしてメダリストにしてみた。
アヌケトはスピードとパワーがあって、スタミナとテクニックが並くらい。
ジャンプがちょっと低いくらいなので割と万能選手だったりする。

後、ロコン♀レナはダッシュハードルクイーン。
1度3位取ったけど、その他は全部1位。


ポケスロンって設定のネタに出来るよね。
チェンジリレーとかめっちゃ手疲れるけどナwww


で。
今はレベル上げ中。
色違いギャラドス♂コロラダ、レナ、クサイハナ♀ドルチェ、ゴースト♂ガイスト、オニドリル♂アクィラ、デンリュウ♀メリダが45になったお。

ガイストがレベル44でようやくあくのはどうを覚えてくれたのでこれでノーマルタイプとも戦えますわw




おい、マサキの妹はウインクできないとかどうでも良い情報くれるなwww






ところで、これを見てくれ。


Iroihana




これをどう思う?


クサイハナ♂/サビアサギ(のうてんき/ひるねをよくする)

HP→30〜31(おそらく30)
こうげき→8〜11
ぼうぎょ→10〜14
とくこう→1〜4
とくぼう→25〜29
すばやさ→0〜3


耐久系だなw




そういや、ラジオ塔占拠イベント中にセレビィをほこらに連れて行くとあるイベントがあるらしい。
久々に登場、みたいな。







F1予選!
まず、昨年のシンガポールグランプリ決勝であった所謂「クラッシュゲート」事件はチーム代表のフラヴィオ・ブリアトーレとエンジニアリング・ディレクターのパット・シモンズがチームから離脱。
更に、ブリアトーレはモータースポーツ界から追放ということで一応の決着を見た。
ブリアトーレは他のスポーツへの関わりも断たれる可能性があるようだ。
シモンズも2年間の追放、だったかな。
この騒動を引き起こしたネルソン・ピケJr.は免責を受けない。
なので、F1との関わりは切れていないが、再びフルタイムドライバーで走れるかはとても難しいだろう。
「クラッシュゲート」のことを聞かされていたのではないか、と言われたフェルナンド・アロンソも全く問題なし。
新しいチーム代表にはチームのテクニカル・ディレクターであるボブ・ベルがチーム代表及びチーフ・テクニカル・オフィサーとして就任。
しかし、スポンサー2社を失っています。
INGとの契約終了は衝撃的だ。。
マシンにでかでかと広告が載せられてる企業だからね。

で、来年に参加するチームが続々とFOTAに加入してるとかウィリアムズは来年にKARS搭載予定とかルノーのロマン・グロージャンが食中毒で体調崩してたとか色々あったようだ。


1周約5kmのシンガポール・マリーナベイストリートサーキット!!
昨年に引き続き、市街地コースでのナイトレースです。
気温は30℃前後、蒸し暑いらしい。

照明に照らされるF1マシンはまた一味違った印象を持たせます。
マーライオンもコースの近くにあるんだぜ。

路面の特性で滑りやすいとか。
で、コースが所々改修されており、ドライバー達は口々に「去年よりも難しいかも」と言っているようです。


全体的にタイムが早めでして。
Q2ではウィリアムズのニコ・ロズベルグがとても速かった。
そのままQ2のトップタイムになったし。
Q2終盤にブラウンGPのジェンソン・バトン、同じくルーベンス・バリチェロ、フェラーリのキミ・ライコネンがノックアウトのピンチ。
ライコネンはラストアタック中にアタックをやめてしまいました。
結局、Q3に進んだのはバトンのみ。

ウィリアムズの中嶋一貴は最後の最後でギリギリノックアウト。

Q3…って、あれ?
ハミルトンの奥さんいるお?
破局報道とかされてたけど、結局ウソだったのか?

残り時間30秒でバリチェロがまさかのクラッシュ!
これにより、赤旗で予選中断…っていうか、予選終了。

高速コーナーの出口でリアが滑って左リアタイヤが壁のクッション材に接触、続いて左フロントタイヤが壁に接触してリタイアとなりました。
急にマシンが跳ねたようだ。。

これによって、マクラーレンのルイス・ハミルトンが2戦連続ポールポジションを獲得。
レッドブルのセバスチャン・ベッテルと共にフロントローとなっています。
セカンドローにはウィリアムズのニコ・ロズベルグとレッドブルのマーク・ウェバー。
5番手にはブラウンGPのルーベンス・バリチェロ、6番手にルノーのフェルナンド・アロンソが。
7番手にはトヨタのティモ・グロック、8番手にはBMWのニック・ハイドフェルド。
9番手にBMWのロバート・クビサ、10番手にマクラーレンのヘイキ・コバライネン。

11番手にウィリアムズの中嶋一貴、12番手にブラウンGPのジェンソン・バトン。
13番手にフェラーリのキミ・ライコネン、14番手にトロロッソのセバスチャン・ブエミ。

15番手にトヨタのヤルノ・トゥルーリ、16番手にフォースインディアのエイドリアン・スーティル。
17番手にはトロロッソのハイメ・アルグエルスアリ、18番手にはフェラーリのジャンカルロ・フィジケラ。
19番手にルノーのロマン・グロージャン、20番手にフォースインディアのヴィタントニオ・リウッツィ。


最近やたらと調子の良いマクラーレン。
特にハミルトンは流石って感じですな。
コバライネンもトップ10入りを果たしているし。

久々にレッドブル勢がやってきました。
今回はブラウンGP勢が後方なので多くポイントを取るチャンスですね。

ニコ・ロズベルグはセカンドローという好位置。楽しみですな。一貴は惜しくもって感じですね。ウィリアムズのシートも危ぶまれているので、是非頑張って欲しい所。
シンガポールは市街地のナイトレースなので、何が起こるか分かりません。
去年、初ポイントを獲得した思い出の地で今季初ポイントなるか?

ワールドチャンピオン争いをするバトンの前につけたバリチェロ。何処まで点差を縮められるかな?
対して、バトンは後方からのスタート。スタート時の密集時間にクラッシュしてリタイアも十分あり得るので、気を付けつつ順位を上げないといけませんね。

去年のナイトレース覇者・アロンソも良い位置にいます。トップになると兎に角速いので、表彰台に立つ姿を見てみたいですねぇ。
グロージャンは病み上がりですが、まぁこんなもんでしょう。

トヨタはトゥルーリよりもグロックの方が調子良いみたい。
トゥルーリ放出説も流れてるし、トゥルーリには頑張ってもらいたい。

BMWは相変わらず好調ですね。
2台ともトップ10入り。
元々競争力のあるチームだった訳だけど、何だか凄いぞ。

フェラーリのライコネンはQ3まで進出できないとは。
来季にアロンソとの交代の噂が大きいので、ここらで活躍しておきたい所でしょうけどねぇ…。
取り敢えず、決勝はKERSでスタート時の混乱を抜けられるか、ですな。
フィジコはフェラーリに移籍しての2戦目。
まだまだフェラーリのマシンには慣れていないか?
KERSでスタートダッシュを決めて幾つか順位を上げておきたいところですね。

フォースインディアは久々に後方グループに沈みましたね。
コースとマシンの相性が悪かったのでしょう。
まぁ、そこは参戦2年目のチーム。こういう時もあるさってことで。


来週はいよいよ鈴鹿だっ!!
楽しみ楽しみ。

|

« ツォディロ | トップページ | コモド国立公園 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マラッカ海峡の歴史的都市群:マラッカとジョージタウン:

« ツォディロ | トップページ | コモド国立公園 »