« ポントカサルテ水道橋 | トップページ | ウィランドラ湖群地域 »

2009年9月 6日 (日)

ナンダ・デヴィ国立公園及び花の谷国立公園

うちの中学だか高校だかの教科書にはBTB溶液ってあって、欄外に書いてあったかな。


高校生クイズはまぁ、QMAで見た事ある問題が結構ありました。
っていうか、ちょっと前まで高校生クイズとコラボってたしwww

次の全国大会とかまた高校生クイズとコラボしないんかな。
新問で今年の高校生クイズで実際に出た問題が新たに配信されれば良い…いや、それはそれでこっちが大変だな。

高校生クイズでもQMAとコラボってQMAのグロ問を沢山出せば良いと思いました。
ほら、QMAで正解率1桁の問題とかね。


それでも簡単かw


あの中にはQMAで知識を得てる人もいそうっちゃいそうだしなぁwww
あの中に密かに全国ランカーとかいたら面白い。





今日も起きたのは午後。

それにしても、何だか頭が痛いのです。
左側、だね。
原因は首なのか肩なのか、その他の要因なのか分からないけど。

久々に片頭痛か…と思いつつ、机の掃除をしていたのです。


で。
バイト前になって、頭痛が酷くなる。

これは頭痛薬ないと厳しいな、と思い、買いに行く。
やっぱクスリって高いよね。

米を炊いてなかったので何か買おうかとも思ったけど、この値段だったら家で作るか…と思って家で米を炊く。
焚きあがるまで横になって休んでたんだが、悪化する一方。
吐き気までしてきやがて、本当に久々にここまで酷くなった。

薬は大体空腹時を避けた方が良いのが一般的なので、何か喰ってから…と思って待っていたのですが、その飯が食えないくらいの吐き気(´・ω・`)


結局、一口食べて薬飲んで寝たわ(←


バイト?
連絡して休んだ。。


風邪で熱が出る分には我慢できるんだが、頭痛はどうにも我慢しきれなくてね。


で、現在、治ったのでした。
まぁ、昔から寝たら治るからな。






13apophyllite_india_aurangabad







アポフィライト、魚眼石。
インドのオーランガーバード産。

無色の魚眼石ですね。
モース硬度は4.5〜5。


ある方向から見ると、白く濁った輝きがあって、それが魚の目に似ている…どれどれ。

ん、これか??
画像はまさにその白く濁った輝きなんかな。


アポフィライトはギリシャ語で「葉片状に割れる」という意味。
加熱すると薄く剥がれる性質に由来しているのだそうな。
魚眼石って、欧米での別名、「フィッシュアイストーン」を直訳したものだったんですね!


中の不純物(?)も良い感じに綺麗なんだよなぁ。
インド・マハラシュトラ州のプーナで採れるものは質も良いし結晶も大きいらしい。

さて、これは弗素魚眼石と水酸魚眼石のどちらかな??


余談。
オーランガーバードはインド東部、ビハール州の南西部にあるようだ。
ガヤの西にあるらしい。

|

« ポントカサルテ水道橋 | トップページ | ウィランドラ湖群地域 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナンダ・デヴィ国立公園及び花の谷国立公園:

« ポントカサルテ水道橋 | トップページ | ウィランドラ湖群地域 »