« 東レンネル | トップページ | パドヴァの植物園(オルト・ボタニコ) »

2009年6月26日 (金)

レーロース

起きたら10時ちょい過ぎでした。
遅刻(´・ω・`)
まぁ、10分くらいでしたが。

そしたら、先生がgdgdしていたおかげで、授業開始自体には間に合ったようです。

岩石系も面白いよなぁ。
ぁ、ガーネットとアラゴナイトが出ました。

先生:「霰石が〜」
俺:(アラゴナイトですね、わかります。)

先生はガブロ岩(黒板には「がぶろ岩」と)を「ガブロ岩」と言いつつ「がぶ岩」って書いたりしてたなぁ。





授業でホルンフェルスって接触変成岩があることを習ったんだけど、QMAやってたら並べ替えで出たwww
ホルンフェールスだったかな。
普通に気付かなかったわ。。


ってな訳で。

ルキアクエストクリア。
無駄にオーバーニーソが破れておる…(笑
この頃から既に胸が(ry

どんな画像か知りたい人は今度会う時にでも見せましょう。


後、賢者に昇格!
ようやっと。

今回の賢者昇格絵も大人しいよなぁ。
これも気になる人がいたら。


これで地理解禁!!
ってことで、早速★5にしてみました。
1度、○×でミスりまくって不合格になったけどね;

一人地理祭ー!!
やってました。





これはスポーツ。
Photo_2




ゾルダー・サーキット。
悔しいので撮ってみた。
F1以前の時のライバルはケケ・ロズベルグだったらしいよ。


こっからは地理のターン!
MukatukuPungeri




画像のはこれで合ってます。


アルゼンチン南部の国立公園、ナウエル・ウアピ。
氷河湖。
UMAのナウエリートの噂があった。


賢者初段・フェニックス組




それから、学校に戻って課題。

明日も課題+部会。
課題は18時までしかできないだろうね。
パソ室で授業があるようだし。


今日は三日月?
中々良い月だ。






F1の分裂は回避されたようですな。
うむ。
FIA側が大幅に譲歩している形。
FOTA側も予算削減に同意したようだ。








RPG的な世界観マップの設定を考えてみたよ!
ダンジョンがどう見てもRPGってレベルじゃねーぞ!です、本当に(ry
ゼル伝みたいwww

※一部、4の都市及びCの中央山脈の設定を含みます。
量的には
Fの森>>>>>>>>>>>>>>>>中央山脈>>>>4の都市
ですが。
設定上3、6、7の都市も登場していますが、設定に関してはほぼノータッチです。

4とCが欲しい方は言ってくれると嬉しいな!
Cの中央山脈と4の都市ありきのFの森なんですね!


Fの森について

その昔はCの中央山脈から流れるミネラル豊富な川と地下水、中央山脈で雲が堰き止められて降る大量の雨により緑豊かな大森林地帯が形成されていた。
だが、4の都市が機械産業を中心に発達した頃から段々と酸性雨や大気汚染、土壌汚染、水質汚濁により森が崩壊し始める。
4の都市から上空に放たれた排煙は空気中の水分等に取り込まれ、その汚染された水分等が雲になり、中央山脈で堰き止められて酸性雨としてこの森林地帯に降るのである。
実際、酸性雨は大森林地帯の全土に降り注ぎ、中央山脈も西側は酸性化している。
今では大森林地帯の大部分は木々が立ち枯れ、北に位置する沼は酸性化してしまい、この一帯に生物はほぼいない。
このことから、4、6、7の都市に住む住人はこの大森林地帯をトートヴァルト(Tod Wald/死の森)と呼ぶようになった。
東側の森がまだ豊かだった頃の森を維持し得ているのは、中央山脈からの川と地下水によるところが大きい。

元々、この大森林地帯の東側には大規模な集団墓地が形成されており、大陸各所で出た死者はここに埋葬されることとなっていた。
だが、4の都市で生物実験を行う者がおり、その失敗作を大量にこの墓地に埋葬してからは状況が一変した。
元々、幽霊や人魂等の目撃例が多かった墓地であったが、この事件以後は幽霊や人魂の目撃例が大幅に増加し、それに加えてよく分からない植物に襲われただの、ゾンビが多数徘徊するだの、不思議生物が多数出没するだの、この森林地帯に近付いた物は不可視の力で吸い寄せられて二度と帰ってこなかった等と様々な怪奇現象が発生するようになった。
それに加え、ほぼ常に深い霧に覆われるようになり、不気味な森と化した。
そのような事があり、各町や都市において墓地を設けるようになり、ここの集団墓地は完全に放棄された。
今では、生者が1人うろついているとか生き残った生物実験体が徘徊しているとかそんな噂がある程度。

森林地帯中央にクレーターのようなものが存在するとの噂だが、これについても色々と噂がある。
例えば、隕石の衝突だとか生物実験体が暴走して大穴を開けたとか。
隕石は誰も見ていないので、後者が有力説か。一応、真相は謎である。


この森林地帯の周辺には集落や町は存在せず、4、6、7の都市があるのみである。
中央山脈から流れる川を隔てて3の都市を望める。
その川はアウィン川という名称だが、特に酸性化している訳ではなく、とても綺麗でミネラル豊富で豊かな川である。
森の南〜南東は主に低木や背丈の低い草で形成されているヘファイストス平原。
森の西〜南西は土壌汚染によって草木がまばらにしか生えておらず、地肌が露出しているシュタール(stahl)荒野。

俺的には4の都市の名は機械産業都市”ヨルムンガンド”。




マップ的な意味でのFの森について

中央部、西部、南部、北部、東部の構成。
中央部、西部、南部、北部は汚染によって死の土地と化しているうえに、深い霧が立ちこめている。
中央部にはクレーターがあり。
ここにゴーレムのようなボスが登場。クレーター内で戦闘になる。
北部の沼地にも大蛇のようなボスが登場。なんとも、ボスだらけである。
東側はまだ豊かな森林が残っている。
その大部分は大規模な共同墓地で、東部で唯一深い霧が立ちこめている場所となっている。
この墓地に関しては後述。
墓地を北上していくと、生活感のあるツリーハウス(結構でかい)が存在。
中に入る事もでき、色々な秘密やら何やらが見れる…かも。
更に、ツリーハウスの東側に行くと、開けた場所に大きな畑が存在する。
どうやら、ツリーハウスの住人が自家栽培しているようだ。

西、南は遮る物が何もない為、すぐに森を出る事が可能。
東は森を出るとそこは既に中央山脈。
北は沼地を抜けるか沼地の西側もしくは東側にある森林を抜け、川を渡れば脱出可能。

だが、一度入るとクリアするまでは『死の森』から脱出する事が不可能となっているので注意。
(『死の森』に近付くと、勝手に吸い寄せられてしまう強制イベント。)


マップ表記は…
中央部:「トートヴァルト・中央部」
東部:「トートヴァルト・東部」
西部:「トートヴァルト・西部」
南部:「トートヴァルト・南部」
北部:「トートヴァルト・北部」
クレーター:「トートヴァルト・森の大穴」
沼地:「トートヴァルト・死の沼」
大規模墓地:「トートヴァルト・森の墓場」
ダンジョン:「墓地の地下」
ツリーハウス:「トートヴァルト・森の隠れ家」
畑:「トートヴァルト・森の畑」


出現する敵は各種ゾンビ系、カラス的な敵、コウモリ的な敵、ラフレシアや食人植物等の植物系、火の玉や不思議生物系等。
墓石等が敵となっている場合も多い。
敵は森林地帯全域におり、その数はとても多い。
ゾンビ系、火の玉や不思議生物系、墓石等は「森の墓場」やそのダンジョン「墓地の地下」にしか出現しないが、その他は森林地帯の全域及びダンジョン内に登場。
又、沼地には両生類系の敵や蛇系の敵等独特の敵も登場するし、東の森林地帯には動物型の敵も出現する。
勿論、エラーコードやウィルスといった敵も登場し、『死の森』という別名にしてはその種類はとても豊富である。
動物型の敵はウィルスに冒されている為に襲ってくるものが殆ど。




マップ「森の墓場」について

大森林地帯の東側に存在し、木々の間を縫うように形成された広大な集団墓地。ネギタレとまみはここに住んでいる。
東西南北、どの方向にも出入り口が存在する。各出入り口には案内看板と朽ちた門(仕切りの為のフェンスなんてものはない)が存在。
墓地と森の境界は霧の有無で容易に判別可能。
地面は石畳と自然に生えた草花が折り混ざっている。
現在も使用されている痕跡が残っている水道施設等がある。
墓石は倒壊していたり、コケやツタ等で覆われたもの、殆ど周囲の影響を受けていないもの等様々。大きさも様々。
動かすと中にアイテムや隠し穴があったり、敵との戦闘になることも。
墓石の他に、墓標も点在している。
北部には一際巨大な墓石があり、その前にある墓標をあーしてこーすると墓石が展開、ダンジョン「墓地の地下」への入り口となる。
因みに、開けた者がダンジョンに入ったりその場を離れたりすると墓石は自動的に閉まる。




ダンジョン「墓地の地下」について

「森の墓場」北部の巨大な墓石の地下に広がる大ダンジョン。
地下8階構造。
実際にフロアがあるのは地下1階、地下3階、地下4階、地下5階、地下8階のみ。
地下2階は地下4階への大階段があるのみで、地下6階と地下7階は地下4階から地下8階に直通するエレベーター的な移動床(仕掛け)で通過するだけである。

地下1階は入り口にあたり、火の消えた2つの燭台が少し気になる程度。大階段があり、そこを降りていく事で先に進む。

大階段を下りきった先にある地下4階には、大広間となっており、何かの儀式か何かに使われたのか、やたら豪華絢爛で立派な祭壇…というか、お立ち台みたいなものがある。
燭台の数とかも多い。この大広間には地下8階へと通じるエレベーターみたいな移動床があるが、ダンジョンの仕掛けを解けきらないと出現しない。
勿論、大広間以外にも小部屋や通路等が沢山ある。

地下3階は地下4階の大広間から行ける部屋や通路等々がある。

地下5階も地下4階の大広間から行ける部屋や通路等々がある。
ここには大広間の3分の2程度の大きさの大部屋があり、そこで中ボスが待ち構えている。
中ボスの部屋に入ると、RPGなのに何故かご丁寧に扉に鉄格子をかけられて出れなくなる。
因みに、中ボスはやたら巨大なゾンビ系の敵。

地下8階は所謂ボス部屋。
ボス部屋の前にちょっとした仕掛けはあるのではあるが。
ボス部屋の扉の脇に何故かお喋りな爺ちゃん(通称チュート爺ちゃん)がいる。
この爺ちゃんがご丁寧にヒントやら必殺技のシステムやら何やらをくっちゃべってくれるぞ。
ネギ涙目。

入り口から地下3階の大広間までは床、壁、天井が石煉瓦でしっかりと補強されていたり、等間隔に火の点いた燭台があったり、墓石があったりとかなり人工的な作り。天井や壁から石煉瓦を突き破った木の根が飛び出したりしている。
その他の部屋や通路は補強も何もされていない、洞穴的な作りとなっている。
まぁ、燭台とか扉とかその他の人工的な仕掛けはあるのではあるが。
ボス部屋や中ボスの部屋は天井や床、壁が石煉瓦で覆われていて、墓石とか燭台とか柵とかが沢山ある、人工的な作り。


序盤のダンジョンにしては敵の出現率が高く、敵の強さもかなり強く、ダンジョンが複雑である為、難易度は高い。




ネギタレについて

4の町出身の普通の男の子だったが、生体実験のベースとして使用されて人造人間<ホムンクルス>となった。
その中で唯一生き残った個体である。
以下、本家のネギタレの設定にほぼ同じ。
服装も変わらず。

戦闘では、ネギタレの相手は必ず1ターンに2回行動する事ができる。(ノーマル時のみ)

ボス時のステータス
Lv.25
HP:4488
MP:5050

攻撃:9687
防御:1
魔法攻撃:9688
魔法防御:1
スピード:1
運(クリティカル率・回避率・命中率・HP1で耐える率に関わる):1
賢さ(魔法攻撃・魔法防御・MPの成長率に関わる):37
体力(攻撃力・防御力・HPの成長率に関わる):41

運が1でも、それなりにクリティカルも出すし、回避するし、相手からの攻撃が当たらない時は当たらないし、攻撃も当ててばっかりだし。


サイドストーリー開始時の基本ステータス
Lv.25
HP:1201
MP:225

攻撃:110
防御:15
魔法攻撃:110
魔法防御:17
スピード:5
運:1
賢さ:37
体力:41


装備品(MOTHERをベースに加えてみた。)

武器:ごく普通のナイフ
攻撃力+2。勇者のナイフとかマボロシのナイフとか伝説のナイフとかあれば良いよ。

盾:イバラのツタ
攻撃力+60・防御力+100・魔法防御力+100。命中率10%増・属性攻撃50%減・補助効果被成功率10%減。固定装備。

ボディ:普通の服
防御力+1。固定装備。

頭:半分欠けた黒仮面
賢さ+30・運+10・スピード+5・MP+50。回避率15%増。固定装備。

腕:イバラの手枷
防御力+10・魔法防御力+10・体力+3。固定装備。

足:イバラの足枷
防御力+10・魔法防御力+10・体力+3・スピード-3。固定装備。

その他1:イバラの首輪
防御力+10・魔法防御力+10・体力+3。固定装備。

その他2:ロングレンジキャノンユニット
魔法攻撃力+200・防御力+100・魔法防御力+100・HP+20・スピード-5。命中率5%増・補助効果被成功率10%減・属性攻撃20%減・回避率10%減。固定装備。


ネギの防御力・魔法防御力の数値は何故か大幅に減らされるという補正仕様付き。


装備品適用後

Lv.25
HP:1221
MP:275

攻撃:172
防御:25
魔法攻撃:310
魔法防御:25
スピード:2
運:11
賢さ:67
体力:50

属性攻撃:70%減
命中率:15%増
回避率:5%増
補助効果被成功率(石化や眠り、毒、バーサク等の補助効果(状態異常)にかかる割合):20%減


・四天王になった経緯
森で暮らしてたら神に目をつけられて「四天王、や ら な い か ? 異論は認めない。」と言われたかららしい。
で、特に断る理由もないし、ニコニコしながら「異論は認めない。」とか言われて強制参加っぽいオーラがムンムンだったらしく、それに怯えて首を縦に振ってしまったとか。
ただ、それだけ。




まみについて

出身は不明。
ランダムで、「森の墓場」、「墓地の地下」、「森の隠れ家」、「森の畑」の何処かに出現する。
捕まえる事が出来ると、クイズを幾つか出して、合格点以上の点数になっていれば仲間にすることが可能。
不合格になってしまうと、また何処かに行ってしまう。(行動範囲外には出ませんが。)
以下、本家のまみの設定にほぼ同じ。
服装も変わらず。


本編で仲間になった時のステータス

Lv.10
HP:20
MP:0

攻撃:11
防御:7
魔法攻撃:1
魔法防御:7
スピード:20
運:100
賢さ:10
体力:55


サイドストーリー時の基本ステータス

Lv.10
HP:4
MP:0

攻撃:11
防御:7
魔法攻撃:1
魔法防御:7
スピード:25
運:990
賢さ:10
体力:55


装備品

武器:ネコグローブ
攻撃力+60・防御力+5・魔法防御力+1・スピード+10・体力+10・運+2・HP+5。固定装備。

盾:なし。

ボディ:いつもの服
防御力+2・魔法防御力+3・スピード+2・運+5・体力+2。固定装備。

頭:ネコミミカチューシャ
防御力+2・魔法防御力+3・スピード+5・運+5・賢さ+10・MP+5。回避率20%増。固定装備。

腕:薔薇のリボン
魔法攻撃力+10・魔法防御力+4・運+5・賢さ+5・体力+2・スピード+8・MP+5。回避率2%増・属性攻撃40%減。固定装備。

足:薔薇のリボン
同上。

その他1:大きなリボン
魔法防御力+3・スピード+10・運+5・賢さ+4・MP+5。補助効果被成功率20%減。固定装備。

その他2:フリルのチョーカー
防御力+1・魔法防御力+2・運+5・賢さ+5・スピード+2・MP+5。補助効果被成功率5%減。固定装備。


装備品適用後(本編)

Lv.10
HP:25
MP:25

攻撃:71
防御:17
魔法攻撃:21
魔法防御:27
スピード:65
運:132
賢さ:39
体力:71

属性攻撃:80%減
命中率:0%増
回避率:24%増
補助効果成功率:25%減


装備品適用後(サイドストーリー)

Lv.10
HP:9
MP:25

攻撃:71
防御:17
魔法攻撃:21
魔法防御:27
スピード:70
運:1022
賢さ:39
体力:71

属性攻撃:80%減
命中率:0%増
回避率:24%増
補助効果成功率:25%減




ネギタレのサイドストーリー

ネギタレ、まみの2人パーティで進めるストーリー。
本編登場のキャラも登場するが、一緒に共闘することは殆どないし、戦闘することも殆どない。
※一部、模擬戦闘等はあり。

「人造人間<ホムンクルス>」のみ、「森の不穏な影」をクリアしないと遊べない。
その他はサイドストーリーが登場した時から遊べる。
基本的に順序はなく、どれからでも遊べる。

そして、ステータス等は引き継ぎになる。


・「森の不穏な影」
〜シチュエーション〜
最近、森に不穏な影が多数うろついているようで、モンスター達がビビって引き篭もってしまっている。
これは一応この森を統べる者として何とかしなくては!
とネギタレは立ち上がるのであった。
一体、この森で何が起こったのであろうか…!?

舞台:トートヴァルト
ボス:あり
難易度:ノーフューチャーモード
備考:自分の住んでる場所を守る為に立ち上がる王道ストーリー。
森の「不穏な影」であるモンスターの全滅、そしてボスを撃破することが目的。


・「人造人間<ホムンクルス>」
〜シチュエーション〜
見知らぬモンスター達が森に出没したのは生まれ故郷である4の都市にあるらしい。
そこで、森の警備はモンスター達に任せ、4の都市へと向かうのであった。
黒幕はハッキリとしている!
目指すは、ネギの人体実験も行ったススケルパラ公の居城、グリンデルバルト宮殿!!

舞台:トートヴァルト〜4の都市
ダンジョン:グリンデルバルト宮殿
ボス:あり
難易度:ノーフューチャーモード
備考:自分の住んでる場所を守る為に立ち上がる王道ストーリー。
都市や平野部では自由勝手に動ける。
広大で複雑怪奇な宮殿の仕掛けをクリアしてススケルパラ公を打ち倒せ!


・「畑荒らしを追え!!」
〜シチュエーション〜
最近、自前の畑が頻繁に荒らされていた。この森は一度入るともう出れない筈なのになんで…?
取り敢えず、そこに残る痕跡を頼りに、森を出て犯人を懲らしめに行く事とした。
旅を続けるうちに浮かび上がる畑荒らし四天王の影。
奴等の根城に乗り込み、戦いを挑む…!!

舞台:大陸全土
ダンジョン:あり
ボス:あり
難易度:ノーフューチャーモード
備考:大陸各地を回って情報を収集し、畑荒らし四天王の全貌解明と根城の発見をしよう!
複雑怪奇なダンジョンである根城を突破し、畑荒らし四天王を撃破するストーリー。


・「至高の味を求めて」
〜シチュエーション〜
ある日、神に「ネギー、究極のヤキソバパンが食べたいから作って!」とムチャ振りされてしまった。
仕方ないので、究極のヤキソバパンを探しに旅に出る事に。
神の命令に忠実に動くも良し、勝手気ままに遊びほうけるも良し、作った究極のヤキソバパンを食べちゃうも良し、とあるバーでドン○リ代を支払う為に働くも良し、自由度満点のぶらり旅が始まった…!!

舞台:大陸全土
ダンジョン:あり
ボス:あり
難易度:ノーフューチャーモード
備考:大陸各地を回って材料集めとか調理場所とかを探すストーリー。4つのサイドストーリーの中で一番自由度が高い。本筋に登場したサ擬・ブロぺ擬・絵板擬も登場。
絵チャネタを使おうと勝手にとあるバー勤務にしてしまいました。。すみません;

|

« 東レンネル | トップページ | パドヴァの植物園(オルト・ボタニコ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レーロース:

« 東レンネル | トップページ | パドヴァの植物園(オルト・ボタニコ) »