« ルーンファクトリー | トップページ | 孤独な旅そう決めた筈だったのに »

2008年6月 5日 (木)

イスタンブール

新聞に書いてあったことだけど、ネットの規制法案。
自殺系のサイトは分かるとして…まぁ、死について肯定的な人はこれも「何で!?」って思う人がいるかもしれんけど。
著しく性的・残虐な情報も引っかかるそうで。
…ネットの小説書きさん達は明らかに引っかかるってことですな。
どうするんだろう?
書かないって道もあるだろうけどさ…。

この「著しく」ってのも意外と曲者。人によって度合いが違うからなぁ。
小説なり絵なり書いて(描いて)自分では引っかからないだろうと思ってたらある日検査機関から「貴方の作品は法に触れます」だなんて来たら吃驚する訳で。






目覚めたら7時前だったからボーッとしてたら二度寝して8時前に起きました。ギリギリ遅刻しました。
まぁ、出席取る授業じゃないし良いか。


英語の中間試験は結構ボロボロでした。
リスニングで2問ミスったしな!!
答えをうろ覚えだったうえに聴き取れなかったと言う…(´・ω・`)
取り敢えず、そこそこ取れていることを(淡い)期待しておいて…。





最後の授業で、同じ授業に出ていた友人から授業中に送られてきたメールの内容がとち狂っていて笑えつつも呆れていました。
そして過剰に暴走する友人。




今日は曇りとか言いつつ、結構晴れ間も見えたなぁ。
日差しがある時は暖かくて、眠かった。

…でも、もう梅雨入りしてるんだよなぁ。。






バレーはアジアの中の五輪出場優勝候補、オーストラリアが韓国に負けまして、これで日本が少し楽になった訳です。
本当は、オーストラリアが全勝で首位に立っていれば日本はアジア枠の1位として位置づけられるので、楽だったのですが。

そんな中のタイ戦。
1セット目は結構粘られたけど、2セット目は大差でセットを取りましたな。
結局、ストレート勝ちってことだけど、ちょっとサーブミスは多かったかな。攻めてるのは分かるのだが。
タイのサーブミスに助けられたような印象があったりもします。まぁ、元々ジャンプサーブは失敗するリスクも高い、高度なサーブなんだけどさ。

序盤のセンター線は決定率が高かったと思います。
ブロックはちょっと少なめの印象か。


明後日はオーストラリア戦。
これは負けられませんな。土をつけて、是非とも突き放したい所。
フルセットとは言え、韓国が勝ったのだし、日本もいける筈。ミスを極力無くし、ガンガン攻めていってもらいたいと思います。
まぁ、チームの相性とかもあるだろうけどさ。






コメント返信!
アルディガーさん:サムスはやっぱかっこいいですよなぁ。
スマブラの「宇宙戦士 サムス アランのテーマ」もカッコいいんだけど。

ブツ>見ましたよ〜。
いきなりアレで吃驚しましたがwww
獣人化ですな。

んー、権利問題ですかぁ。
一応、こちらはどう動かしてもらっても構わないのですけどね。
…やっぱ、設定ないのはキツいか;
小説化して頂けるなら、喜んでうちの子をお貸ししますよ!ってのは変わらないです。
アルディガーさんはどうしたいですか?

コメント、ありがとうございました〜!

|

« ルーンファクトリー | トップページ | 孤独な旅そう決めた筈だったのに »

コメント

「やっぱマグロばっかり食べてるやつは駄目だな」(ゴジラ FINAL WARS)
はい、説明は不要ですねw
テレビアニメ版の『ゴジラ ザ・シリーズ』(Godzilla: The Series)では熱線を吐いたり体が頑丈だったりと結構怪獣っぽくなってるんだけどなぁ;
ぜひテレビゲームで活躍してもらいたい、もうスクリーンに出ることは絶望的だから(´ω` ;)

今日もブツ送信
昨日のは実はあまり好きじゃなかったので、送信したらとっとと消去しました(ぁ
だけど今回のはしっかりと保存してます、アブソリャーじゃない者にとっては結構貴重な資料ですので
なんとなく魅力がわかった気がしました、視線とポーズがイイ!(・∀・)

>ネットの小説書きさん達は明らかに引っかかる
ってことで今大急ぎで保存しております(ニヤッ
現時点で200枚くらい保存した希ガス;
累計結果がオソロシイぜ☆

>しょーせつ
借りてるというよりパチってる気がしないでもない;
まさにここに保存されている「俺設定同盟」ですな、「俺しかわからん!」

...いや、「俺にもわからん!」が正論か(ぉ

やっぱりお互いの脳内にあるキャラクターを100%理解しあえてないので(もちろんそんなことは当然無理なんだろうけども)なんとも言えないですねぇ
...どのみち書き始めないとダメだねこれは;
物書き(描き)は(一部の例外を除いて)自己満足のために制作するものだから俺が「たのちー♪」って書いたやつでも雷龍sから見れば「ふざけるなぁー!(゜Д゜#」なものになる可能性は十分にあります、デンジャー
まぁ、あの時てきとーに作ったお話を小説に~してる時点でもうぶっ飛んでますよね;

>どう動かしてもらってもかまわない
>小説化していただけるなら喜んでレンタル
そう言っていただけると有り難いですなぁ、てか、俺が出そうとしてる奴ってほとんど名前くらいしかデータがないのばっかりだな;
今後とももうちょっと相談させていただきますね、まだここのオリキャラの事もちゃんと頭に入ってないみたいですので
あせらず慎重に、お墓に入る前には書き上げたいです(ぁ
ところで、お借りした子がうちの駄文の世界で「帰らぬ人になる」って言うのは流石に控えようと思ってるんですが、雷龍s的にはアリなんでしょうか?

投稿: アルディガー | 2008年6月 5日 (木) 22時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イスタンブール:

« ルーンファクトリー | トップページ | 孤独な旅そう決めた筈だったのに »