« 3日目 | トップページ | 王狼 »

2005年10月30日 (日)

4日目最終日@ゾイドジェネシスが激しいね

最終日な4日目を終えてきてようやくテストから解放された雷龍です。ディガ!!ぁー疲れたぜ。
今日は日本史数Bでした。

もうさ、午前3時まで勉強してましたよ。で、勉強で頭が冴えてたのか、寝付けたのは午前4時。結構眠い。

ということで日本史。いつも墓なり複雑な訊き方してくるのですが、今回は質問の表現が結構簡単だったのでスラスラ行けました。記号問題も多かったし。ということでかなり時間が余りました。20分以上は余ったかな…。
もう既に2問ミスが発覚してたんですが。対華二十一カ条要求を出したときの首相と外相をミスしました。ホントは大隈重信と加藤高明なのに桂太郎と寺内正毅って書いちまいました。最初は首相のところ大隈って書いたのに直しちまった…(´・ω・`)
後心配なのは…2問くらかな。なので予想は96〜90点くらいかと。
記号…答え欄に「イ」、その次の答えの欄に「サ」が。繋げて「イサ」。…「サ」に濁点欲しいのですが。
袁世凱の凱は凱龍輝の凱♪
ヴァルカンとかバルチック艦隊とかw

数Bは死んできた!公式とか忘れちまったし。かなり難しかったですよ。一応全部埋めはしましたが、自信全くありません。予想としては30〜40点くらいかな。てかそこまで行ったら凄いし。
むむ、最初の問題の図形がトライフォースマークだ!!(ぉ


デジモンミニだって。ちいせぇ!!
何か凄いことになってるぞ。
グレイモン亡くなった。22歳。かなり長生きしたなぁ。


知り合い発見、と。ぁー緊張した…

そういえば、面接の時って「ぁー」とか「ぇー」とか言うのってあまり良くないらしいですな。入試の時は気を付けよう…。。


今日は検索した単語で一番多かったのがバイオトリケラ
トリケラ好きとしては嬉しいねw
関係ないけどギルドラゴン欲しいなぁ。ワイバーンも好きだから。

さて、…明日中には出せると良いな。中国地方へ届けっ!!
…中国って中華人民共和国じゃないよ?


さて、暫く停滞してたアニメの感想。あの長ったらしいやつです。一気に3連続でGO!(Σえぇ!!

ゾイドジェネシス第29話「秘密」
今回はコトナ姉さんの故郷・アイアンロックでの話ということで今まで語られなかった秘密が続々と登場するでしょう。
アイアンロックの秘密を知りすぎるものには、「アイアンロックの呪い」がかけられるそうで。
レインボージャークとの出会い、しかと見届けさせてもらったぞよ。アイアンロックの地下、茶色の湖の底で眠っていたんだね。そしてクルックー、幼き日のコトナ姉さんをクナイから守って水中へ沈む。しかし何者かによって水中へドボン。というコトナ姉さんの夢でした。アイアンロック、四角い形の岩壁の外壁があっていかにも秘密がありそうな外観。
で、こちらはロン先生御一行様。ミィ様はスヤスヤ眠ってますが、結構ダメージは大きかった模様。それを裏付けるかのように黒ずんでボロボロになったランスタッグのコックピット。かなりの強烈だったのでしょう。で、アイアンロックの呪いもディガルドには通用しなかったらしい。街…いや、居住区にも普通にラプターが闊歩してます。
秘密の水脈を通って侵入。コトナ姉さんが故郷から脱出を図ったときの水路らしいです。ラ・カン叔父様水泳モード。ホント、良い体してます。「禁忌の谷」と呼ばれる遺跡へ。どうみても古代の都市とかそう言う類いですよね。風化したビルを見て素直に驚く叔父様。やはりあぁ言ったものは珍しいんですね。と、そこへクナイが。謎の人物に続いてどんどん謎の人々が出現。彼等はアイアンロックの秘密を守る一族、マキリ。で、コトナ姉さんと同期みたいですね。その首領がコトナ姉さんの妹さん、リンナさんでした。リンナってのも字(あざな)なのかな?「裏切り者」のコトナ姉さんをマキリの掟に従って殺す事に固執しているようです。
ということで鳥籠型の檻に閉じこめられると。何か鳥籠の中て…。さて、クルックーとの出会いも明かされましたね。旅芸人ことゾイドの仲買人から譲り受けたものだったんだね。
丸い氷とか…アイアンロックの技術力は凄い。で、秘密に必要に以上に近づいてしまった旅芸人はアイアンロックの呪いという名の暗殺によって殺されてしまいます。アイアンロックの呪いはマキリ一族の暗殺によるものでした。親方様からコトナ姉さんとリンナさんも修業を積むことに。ここら辺で過去の回想は取り敢えず終了。
拷問の後の「こういうのには慣れてるから…」て一体…。
コトナ姉さんのライバル、フェルミ姉さん。意地悪い笑みが。ウルフとレインボージャークとバイオプテラが並んでるところは何か違和感が。
「滅びの龍」なる単語が出てきた。ギルベイダーなのかギルドラゴンなのかバイオティラノなのか…
フェルミ姉さんのシャワーシーンが。屋外で。しかもかなり開放的ですな。士官に見られても全然気にしてない御様子。士官も見てもうろたえる様子などなく…何か違和感あり。
ということでラ・カン叔父様&コトナ姉さんクルックーの補助により脱出。クルックーはだいぶ頭がいいですね。
で、ディガルドの士官や兵士に追われつつ地下へ…アイアンロックの秘密へと。そして、叔父様は見た。銀色の液体、流体金属がバイオゾイドのパーツ(画面では爪)に精製されてるところを。秘密とは、古の技術のことでした。天空人との関わりもあるのかな?うぉ、何だあのクモの糸みたいなのは。縛られたぞ?
ということでリンナさんはアイアンロックの民を守るためにディガルドに古代の技術を売り渡した。そして、コトナ姉さんは自分が首領になったら妹は処分されてしまうので妹を守る為に故郷を捨てた、と。ついでに言うとレインボージャークは沈んでくるコトナ姉さんとクルックーを自分の意志で拾って脱出したと。この辺り、ゾイドらしい。意志があるからね。
事実が分かり和解モードか!?そこへ部下を連れたフェルミ姉さん登場。コトナ姉さんが制御盤に掌をかざして何やら呪文のような言葉を言うと生産施設が機能停止。スパークモ発生しちゃってる辺り、壊したのかな。で、壁のパイプが外れて蒸気がフェルミ姉さん達にズバー。士官、結構呪いとか信じてるのね。咄嗟に銃を撃つフェルミ姉さん。よっぽど腕が悪いのか、蒸気で狙いが定まらなかったのか、銃がアボーンだったのかは分からないけどリンナさんの腹部に命中。リンナさんは咄嗟にコトナ姉さんをかばうようなことをする隙がなかったかもしれないから多分誤射だ。「フェルミ姉さんには銃を持たせるべからず。」腹部から血が。大丈夫なのだろうか。喋ってるけど。何とか逃れたラ・カン叔父様とコトナ姉さん。コトナ姉さんが飛翔しようとしたときラプターのヘルファイアが命中して燃え上がる。命中率良いな…。叔父様はラプターを倒そうと突撃。ヘルファイアをかわすも横から突っ込んできたラプターをかわせず捕まる。で、ヘルファイア火炎放射バージョンで燃やされる。しかーし、装備していたバイオクラッシャーを上手く使って上のラプターを切り刻む。可動範囲広くて素敵だね。で、気合いと共にバイオクラッシャーを振り下ろす。謎の衝撃波が飛んで前方のラプターを一撃。すっぱりと綺麗に斬れました。拍手〜。ラプターは何が起こったのかあまりよく把握してないかもしれません。つかあれじゃ中の機械だか生身だかアンドロイドだか分からないパイロットも真っ二つじゃ。レインボージャークに拾ってもらって撤退する叔父様とコトナ姉さんだけどそこへバイオプテラが飛来。プテラのスピードが速いのか、ウルフをぶら下げてるから遅くなってるのか…プテラに煽られてグラグラ挙動が乱れてます。てかさ、プテラ…ソニックブレードとかヘブンズランデブーとか必殺技を使わないの?後ろから追いつかれるところでコトナ姉さんが「もっと速く!!」それに呼応するかのようにレインボージャークの新装備、ウインドダンサー起動。スラスターが開くところが良いね。スピードが格段に向上してドッカン。すぐそこまで迫ってきていたプテラはそのブーストの圧力だか何かにより挙動を乱されてついでに逃げられる。追撃断念。でもフェルミ姉さん何処か楽しそう。夕日の空をアイアンロックへの思いを馳せ飛んでいくレインボージャーク。コトナ姉さんの瞳にはうっすらと涙が…
で、次の瞬間。噂のED登場。「ありのままでloveinユU」。かなりノリノリな曲だなぁと。…電波か?
ぁ、フリ・テンの下縁眼鏡揃って掛けてる!?
取り敢えずね、ラ・カン叔父様のあの表情で踊ってるのとフェルミ姉さんがリングの貞子並なのと(しかもゆらゆら揺れてるw)ジーン大将の腕・足・顔と其の後ろで何だかウロウロしてるゲオルグが良いw
ジーン大将とゲオルグは一番最後のアップの画面の顔も良いw
2人共本編では見られない顔って感じ。もっとも、ゲオルグはもう本編では顔を見られませんが。
セイジュウロウ師匠はやはりクールですな。
ミィ様「私、負けないんだから!」
コトナ姉さん「君だけにね?」
コトナ姉さん「付いていっちゃおうかなぁ?」
ミィ様「居たいんだから!」
ミィ様「これくらい、気付きなさいよ!」
コトナ姉さん「こんなに気持ちを込めて言ってるんだから、気付く筈よ、ね?」
ミィ様「気付かないと丸焼きよ〜!!」
出たw てか丸焼きにしたら元も子もないよw
自分的にはこれもありかな、と。こういうのも中々好きですよ。何回も聞いてますし。CD欲しいけど金が…orz
同い年とは思えないよ、コトナ姉さん。

明日また聞けるぞw

次回第30話「魔物の森」
ガラガ&師匠の異色コンビ。師匠をキレさせないように…。ガラガ、豪快に肉を頬張る。丸焼きじゃなくてスライスされてあるね。
誰ですか、あのおばあさん。ガラガに対して赤くなってる。
波乱の予感。
量産型メガラプトル出撃!ホントだ、コアとかヘルアーマーの隙間の色が緑っぽい。
コング、宙を舞う。

ロン先生のゾイド講座。今回はウインドダンサー装備のレインボージャーク。
先生「それにしてもコトナ君にはびっくりしたなぁ」
助手@ミィ様「謎の女、コトナ・エレガンス。最高速度はマッハ2を誇る。体重は45トン…」
乱入@コトナ姉さん「何ぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!?」
先生「ぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」(逃走
ミィ様「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」(逃走
テラワロスw


メルヘヴン。
はい、ロランさん凄いね。自分でゾンビタトゥー入れてもらったんだと。マグマ噴火してるし。暴れるマグマスネーク。喰われたと思ってたらトーテムポールを食わせてて大丈夫だった。でも精神力の限界だったみたいだ。負けたくないとかなりプライドが高い様子。最後にハイスピード13トーテムポールを発動、ロランの頬に傷をつけた。更にロランの肩の飾りを散らせた。
持久力が足りないと悟ったみたいです。で、ギブアップ。
レギンレイヴ城に戻った一行、そこにファントム登場。ギンタは今まで騙されてたことに気付く。ぁ、ロランの肩の飾り直ってる。ゾディアックのナイト勢揃い。ペタも興味有りか?
自己中心的なんて単語が出るなんて。進歩したのか、ギンタ。
そしてマジックストーンを貰う…。次はどんなのが出来るのかな?
バッボもギンタもシリアスから回復するの速いね。そこが長所、か。
アリスを使ってアランとアルヴィスで試したいことがあるとか。で、バッボをおだてる。女好きな筈のバッボ、拒絶。ぁ、女好きとは別問題か。
ナナシとジャック、人助け云々言ってるけど結局はアリス目当て。ニヤニヤ笑いしてるからバレバレだね。お前等…。
ということで渋々了承したバッボでした。
ナナシとジャックの反応を見てドルシーが「阿呆」とw
聖なる守護者アリス。ガーディアンの力+ホーリーアームの力で強力な形態らしい。
ということでハロウィンにかけられたというエドワードとアランが合体してしまったダークネスアームの力を無効化、分離。エド…アランに殴られて痛そうだ。アランなりの表現の仕方は中々凄いぞ。でも、アルヴィスのゾンビタトゥーは流石に無理だったか。ファントムを殺さないと治らないようで。でもゾンビ状態のファントムは容易には…。
アルヴィスがギンタに礼を言った。認めて貰えてきたってことかな。

次回、修練の門3回目。ガイラさんの修練の門で。
……ナナシとドロシーは何やってんの?
自分の影が相手だそうで。アームも同じもの使うそうで。
最大の敵は己だとか聞くからねw
ガーゴイルVSブラックガーゴイル、かなり迫力のあるものになりそうだけど。
ふと疑問。アリスの影だったらはダークネスの力を持つのかな??


ポケモン。
バトルアリーナ!!コゴミん!!
声はお姉様というより男気のある声だ…。小林沙苗さんだって、声優さん。想像とは違った。キャプテンだって。紅一点。
シジマやトウキに憧れてるらしい。あれ、シバは?てかコゴミん…シジマやトウキより強そうだけど。
燃えてるなぁ。爆発とか起こってるし。サトシとの相性ばっちしだ。てかあんた何歳よ?
中華風。そしてギャラリー一杯だ。
ということでチャーレム&ハリテヤマ。
てかオオスバメ出したらタイプ的にかなり有利なのにね。
うわー、暑いね。スパークほどばしる。(あれ、「ほどばしる」って漢字でないの?)ジュプトルは防御が低い。でもスピードの速いこと速いこと。リーフブレードのあれは唯単にリーフブレードを出したシーンがカットされただけか。
でも、相手のスピードを利用してパワーを強めるコゴミんの方法は見事です。ハリテヤマ、オッスってやってるw
さて、カビゴンです。守るを使った。更に頭突き。
気合いパンチを華麗にかわす。ハリテヤマ、地面にパンチを当てて手を負傷?
そしてカビゴンの冷凍パンチ。特攻の数値は大丈夫かしら。
凍らせて撃破。
技がだいぶ変わったようです。
登場時がかなりかっこいいチャーレム。守るを破るわあのカビゴンを吹っ飛ばすわ破壊光線をかわすわで凄いね。俊敏なだけじゃない。
名乗りの時の背景が豪華なR団、邪魔だと言わんばかりに一撃と飛んでってしまいました。まぁ、大事なバトルチュウだからね。チャーレムも冷凍パンチ。氷漬けになるカビゴン。そこで眠る。ん、眠るて…
気合いパンチの連続攻撃という反則的な攻撃で氷を削られ、最後に飛び膝蹴り。これで叩き起こされる。つか、カビゴンが腕使って起き上がるところとか見てると、どれだけの筋力なんだ、と思う。かなり俊敏だし。
気合いパンチの連続を受けても耐えるカビゴンは流石だ。打数の多さに重点を置いてるから多少攻撃力が落ちるのかな?
破壊光線を地面に発射して飛び膝蹴りをかわしつつ上空に飛び上がり、その位置エネルギーを利用して伸し掛かりをするとは、なんと奇抜かつ斬新な作戦。カビゴンでそんなことやらねぇぞ、普通。しかも、位置エネルギー=運動エネルギーだから位置エネルギーのパワーがそのまま伸し掛かりのパワーになるし、カビゴン自体の体重と重力によって落下速度上昇、更にパワーが上がる訳です。そんなもん喰らったらチャーレムはひとたまりもありませんな。飛び膝蹴りを外して一時的に動けなかったのか、その落ちて迫ってくる迫力に圧倒されたのか、動けないチャーレムは潰されましたが。
これで勝利した訳ですな。ホント、タイプの相性なんか考えない凄いバトルだ…てかカビゴンは一体何個の技を持ってるんですか?
熱血コゴミですか…。確かに。
しかと見せてもらったと言う辺りかっこいいです、コゴミん。そしてガッツシンボルを取りだす仕草もかっこいい。
気迫とど根性ねw
ホント、コゴミんとサトシって波長が合うね。
次はバトルドームだそうで。んぁ、ヒースか!?奇抜なヴォイスを期待してるぜw
後、ハブネーク擬人化(似てるし)ことアザミさんはセクシーヴォイス希望。容姿的に合いそうだし。

次回、ビリリダマにハルカ感電。気を付けて下さい。(ぉ
育て屋だって。色とりどりなタマゴが。ブビィ?スリープかピチュー?サンド?ガーディ?レディバ?ヒメグマ?ムチュール?ウパー?ロコン?イトマル?ププリン?オタチかウリムー?チョンチー?エレキッド?のタマゴらしきものを発見。後3種類くらい分かんないや。上が 黄色で下が桃色のはゴニョニョかエネコ?もしくはベロリンガ(大きさ的に有り得ない)?黄色の輪みたいなのは…分かんない。薄い橙系のに白い模様のはイーブイ(希少杉だから有り得ない)?かラッキー(大きさ的に有り得ない)?
まぁ、色々推測してます。
……ゴンベ覚醒!?

|

« 3日目 | トップページ | 王狼 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4日目最終日@ゾイドジェネシスが激しいね:

« 3日目 | トップページ | 王狼 »